宝塚ファン初心者の入り待ちと出待ち、ルールや掟があるのか?

広告 自由サイズ
     

宝塚のファンになったら、素顔の生徒さん(出演者)に会いたい!と思われる方も多いですね。

楽屋口での入り待ち、出待ちは公に「ご遠慮ください」と禁止している興行も数多くある中、宝塚は昔から伝統的に入り待ちや出待ちに対して寛大でした。

「会いに行けるアイドル」の元祖が宝塚と言えるぐらいです。

それについての詳細は・・・

に記載していますので、併せてご覧ください。

入り待ちと出待ちのギャラリーをする方法

入り待ち=入り待ち は劇場楽屋に入られる出演者を楽屋口で待つ事、出待ち=でまち は逆にに楽屋から出てこられる出演者を待つ事。

宝塚の生徒さんの私設ファンクラブ(通称FC)に入会して、ご贔屓の生徒さんを応援するのも、一つのファンのあり方です。

でもファンクラブに入会するには、入会金、年会費が必要です。

観劇するチケット代もよいお値段ですから、ファンクラブに入会するほどでもないけれど、やっぱり入り待ちや出待ちもしてみたいというファンもいらっしゃることでしょう。

ルールや掟・・・なんていうとちょっと怖いですね。

でも何の世界にも周囲に迷惑をかけずにいるために、ちょっとした気遣いは必要なものです。そういう物と捉えれば「怖い」などと考えずに入り待ち、出待ちに参加することはできます。

最低限の決まりごとを覚えられたら、ぜひ入り待ちや出待ちにギャラリー(入り待ちや出待ちを眺めているファン)として参加しましょう。

ギャラリーとは?

宝塚大劇場、東京宝塚劇場共に、私設ファンクラブ(FC)会員ではなく、入り待ちや出待ちをしている宝塚ファンをギャラリーと呼んでいます。

私設ファンクラブ(FC)入会していても、公演中、お稽古中の組以外で入り待ち、出待ちをする時は同様にギャラリーとなります。




※他の組のギャラリーをするFC会員
管理人・すみれ子の個人的な意見ですが・・・
生徒さんの私設ファンクラブFCの入会は、重複はNG、つまり複数の生徒さんのファンクラブに掛け持ちで入ることは公には認められていません。
では、花組の生徒さんのFC会員が、雪組でギャラリーをするのはどうか? と言うと、やはり基本的にはやめておかれることを勧めます。ばれないからいい・・・という考えもありますが、やはり見つかるものです。それから困るのはご自分だと承知の上でなさるのなら、それはそれでアリかもしれません。また、会の年度途中で別のご贔屓さんができたので・・・という時は、きちんと前の会を退会してから、別の生徒さんの会へ入会されるようにされると良いと思います。

入り待ちと出待ちのギャラリーの決まり事

入り待ちと出待ちのギャラリーのファンは以下の事は厳禁です。

  • 生徒さんに入り待ち、出待ちで直接お手紙を渡す事は出来ません。
    (直接お渡ししているのを見かけますが、それは全てファンクラブの会員さんです)
  • 生徒さんに近づく事、声をかける、話しかける事も厳禁です。

↑ 逆に以上の事を守ってさえよければいいとも言えます。

  • 写真撮影や動画の撮影も特に制約はありません。でもフラッシュ使用はやめましょう。
    (逆にファンクラブの会員さんは写真撮影、動画撮影がNG)

こういうルールが出来上がったの事にも、初演ベルばら上演の頃から、生徒さんを殺到するファンから守りたいというファンの自主的な行動から生まれたものであり、それなりの理由があってのこと。ファンの中でも伝統的に受けつがれ、時代と共に変遷したと考えるとニーズにあった掟(決まり事)だとも言えます。

宝塚の私設ファンククラブFCと昔のファンクラブと違う点

↓↓2. 宝塚大劇場の楽屋口で入り待ち、出待ち、お稽古待ち

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする