英真なおきさんが理事就任、7人目の生徒からの就任

スポンサーリンク

昨日(6月1日付け)で専科の英真なおき(えまなおき)さんの理事就任が発表されました。

同時に松本悠里(まつもとゆり)さんが理事を退任、特別顧問に就任。

英真なおきさんの理事就任は、宝塚のトップ・オブ・トップとも称される轟悠(とどろきゆうさん)に次いで7人目なのだそうです。

ではそれまでにどんな生徒さんが理事になられたのだろう?

気になりますね。

・・・ということで調べてみました。


(出展:https://twitter.com/)



宝塚歌劇団・生徒が理事になったのは7人

宝塚歌劇団・理事及び理事経験者一覧

理事就任時期
1 天津乙女(あまつおとめ) 1948年9月 1980年5月30日没
2 春日野八千代(かすがのやちよ) 1949年11月 2012年8月29日没
3 神代 錦(かみよにしき) 1973年 1989年2月23日没
4 松本悠里(まつもとゆり) 1989年-2019年6月 退任→特別顧問
5 葉山三千子(はやまみちこ) 1979年-1996年(?) 退任→音楽学校校長→定年
→音楽学校顧問
6 轟悠 2003年-
7 英真なおき 2019年6月1日-

以上の生徒さんが、今までに理事に就任された方です。



宝塚の理事って何だろう?

宝塚のファンは例えば専科・轟悠さんのことを「理事だ!」みたいな呼び方をすることがありますね。

でも実際に理事って何をする人なのか、ご存知の人もいるだろうし、宝塚のローカルルール的には「理事=轟悠さん」的にインプットしている人もいる???

でも世間一般でも「理事職」というものもありますから、少し調べてみました。

簡単に言ってしまえば、株式会社で言うところの「取締役」にあたります。

そして理事のトップに立つのが「理事長」で、株式会社で言うところの「代表取締役」でしょう。

英真なおきさんの理事就任ってファンに関係ある?

英真なおきさんが理事に就任、そして松本悠里さんが退任して顧問に就任。

これがファンに関係あるかどうかといえば、ほぼ関係はないでしょうね。

これからも英真なおきさんは専科生として、芝居をもり立てるために舞台に立たれるでしょう。

あくまで宝塚歌劇団という組織の中で、経営陣に入られたということであり、何も変わらなないのではと思います。

一方の松本悠里さんは昨年は宙組公演『白鷺の城』に特別出演されていましたが、日本物の上演が減っていること、松本悠里さんの年齢的なこともあって、舞台へ立たれることが減っていく可能性はあるかもしれませんね。



英真なおきさんは星組組長の時代からハートのある芝居で作品を盛り上げ、また面倒見の良い組長さんという印象がありました。

記憶に新しいところでは星組公演『霧深きエルベのほとり』のベロニカ役が味のある人物であり、心に深く残っています。

理事としてだけでなく、現役選科生としても活躍を続けてほしい生徒さんです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする