95期生のすごさは加速、躍進中!これからどうなる?95期生!

宝塚コラム

柚香光の花組でのポジション

花組は2番手スターの芹香斗亜(せりかとあ)さんが2017年10月30日付で宙組へ異動が発表された時に、これから花組はどうなる? 宙組もどうなる? と話題になりました。

まず花組のこれからを考えると、芹香斗亜さんの異動後は、柚香光(ゆずかれい)さんがそのまま順当に2番手スターに昇格は手堅いです。

理由は2018年新春公演『ポーの一族』のポスター画像が未発表ながら、柚香光さんが掲載されているそうですから。

 

↓↓初めての梅田芸術劇場シアタードラマシティ、日本青年館公演『ハイカラさんが通る』主演も話題ですね。
伊集院忍がそのまま劇画から抜け出たような・・・

そうか、 昨日見た柚香光さんはこれか… (いろいろ後追い) #柚香光 #ハイカラさんが通る #宝塚歌劇団

上條美由紀 Miyuki kamijyoさん(@salontea3610)がシェアした投稿 –

 




 

そして・・・

花組では少し遅咲きながら、水美舞斗(みなみまいと)さんの活躍も非常に目に止まるようになり、目が離せない存在となりました。

水美舞斗さんは新人公演主演経験が1回。

バウ主演の経験も今はまだありません。

しかし今後どのように活躍の幅を広げていくのかは未知数。

楽しみな生徒さんだと思います。

 

↓↓【関連記事】

 

月城かなとの月組組替え後

月城かなと(つきしろかなと)さんと朝美絢(あさみじゅん)さんのトレード的な組替えも、昨年話題になりました。

月城かなとさんは、雪組でもメキメキとスター度を上げていた最中だったし、日本物芝居の似合う生徒さんだったので、「日本物芝居の雪組」を継承する一人だっただけに意外な組替えと思ったものです。

しかし月組へ異動後の『All for One』を観劇すると、すんなりと月組へ溶け込み、1学年上の若いトップスター珠城りょう(たまきりょう)さんを支えています。

現状は2番手スター美弥るりか(みやるりか)さんに次いで、3番手格。

 

月組も若手で暁千星(あかつきちせい)さんという若いスターもいますが、月城かなとさんが入ることによってバランスのとれた組構成に思えました。

 

↓↓【関連記事】

 




朝美絢さんバウ単独主演決定で雪組でのポジションは?

トレード的に雪組へ組替えした、朝美絢(あさみじゅん)さん。

タイミング的に望海風斗(のぞみふうと)さんのトップお披露目公演に照準を合わせたような形となりました。

(最初の出演作は『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』2017年8月~9月公演となりましたが)

雪組は望海風斗さんに次ぐ2番手が彩風 咲奈(あやかぜ さきな)さん。

おそらく3番手が彩凪 翔(あやなぎ しょう)さん?

そう予測していましたが、望海風斗さんのお披露目公演『ひかりふる路』では彩凪さんは女役に挑戦されるので、ちょっと不明ですね。

そんなことを考えている時に、朝美絢さんの宝塚バウホール単独初主演作が発表になりました。

作品は『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』。

過去に『A-EN(エイエン)』での主演もありますが、こちらはWキャスト的要素が強いと考えられるので、この初主演にファンは非常に喜んでいます。

下級生には永久輝せあ(とわきせあ)さんという、際立つ生徒さんもいらっしゃいますが、朝美絢さんが雪組でステップアップしていくのが楽しみです。

 

↓↓【関連記事】

 

↓↓3. 礼真琴は星組次期トップ確実? / 桜木みなとはどうなるのか? / まとめ

 

タイトルとURLをコピーしました