宝塚100期生は大豊作期!新公主演&ヒロインから注目スターをご紹介、トップ候補はだれ?

スポンサーリンク

以前、「すみれ子の宝塚百科事典」では、「宝塚95期生はすごい!首席は?初舞台、人気、トップになるのは?」という記事を書きました。

宝塚95期生はすごい!首席は?初舞台、人気、トップになるのは?
※この記事は、2016年11月に書いて記事にしました。 その後加筆修正を加えていますので、【追記関連記事】や【追記】を...

タカラジェンヌさんというのは、昔から「大豊作の期」というのが数年ごとに出現します。

逆に「谷間の期」と言われてしまう、あまりスターさんが輩出されなかった期というのもあります。

毎年同じ基準で、もしかしたら同じ試験官で入学試験を行っているのに、面白い現象ですよね。

新人公演で新たな主演者やヒロインが出てくるとファンは「ダレこの子??」と公式サイトや「すみれ子の宝塚百科事典」のようなファンサイトに調べに行きます。

すると「この子も〇〇期なの?!」なんてことに。

それが「大豊作の期」ということです。

近年では、3名ものトップ娘役を輩出し、2番手スターも2人、路線に乗っている男役さんもまだまだたくさんいる95期が大豊作期として有名なところ。

そして100期生にも同じ現象が見られ、95期に続く大豊作期と言っていいでしょう。

今回は、その100期生に一体どんな生徒さんがいるのか、徹底的に解説してみようと思います!

スポンサーリンク

宝塚歌劇団100期生の詳細データ

音楽学校入学 2012年
歌劇団入団 2014年
人数 39名
受験倍率 23.1倍(924名が受験)
初舞台 2014年 月組公演『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』

@yassysbbsjがシェアした投稿

↑初舞台ロケットの様子。

記念すべき100期ということでなかなか独特な衣装!

このときは100周年の記念ショーだったので、このロケットの他に「100人ロケット」の場面にも出演、2種類のロケットを踊りました。

↓↓2. 100期生・生徒一覧&入団時成績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うみひこ より:

    ノル香さん
    小生の家内がこの記事を読んで、極美さんについて趣味が一緒だ!とノル香さんに伝えておいて!!とのことです。この記事にある極美さんのお写真と同じものがわが家のリビングに貼ってあります。彼女は横浜市出身であり、拙宅から近いとこにある高校のご出身なので特に応援しているようです。

    私自身はマンガ「空手バカ一代」を愛読していたこともあり、あのフルコンタクトの極真空手をやってたのに宝塚を目指したのかーという意外性から彼女にとても注目しております。しかもヅカネームも「極」だし。歌番組「うたごころ」ではGReeeeN「キセキ」を歌っていたのですが、映像で空手の稽古姿が映ってました。凛としてとてもカッコイイです。

    • すみれ子 より:

      うみひこさん

      いつもコメントをありがとうございます。
      奥様にも拙ブログを読んでいただいているとのこと、ありがたいことです。

      極美さんは極真空手をやっていらっしゃった、これはタカラジェンヌとしては珍しい存在かなぁと思いますが、そのせいか下級生ながらも立ち姿が非常に目に止まる存在ですね。
      うみひこさんが「凛としてカッコイイ」と思われることにも同感です。
      『New Wave! -星-』に続き、『デビュタント』での活躍も楽しみです。

    • 路線 ノル香 より:

      @うみひこさま

      なんと、奥様からも有難いメッセージを!!
      いや~ノル香のまわりには宙組ファンが多いのですが、その宙組ファンですら「極美の慎くんの華はとんでもない!」ともちきりです。(宙組にくれないかな~なんて話も…)
      ノル香はまだ彼女の実力のほどは詳しく知らないんですが、あれだけの華の持ち主、この数年で久しぶりに見ました!
      最初に芸名を見たときは「え…きょ…きょく…み?!ごくみ??」と驚いたものです。

      周囲がみんなバレエだモダンダンスだという中、極真空手というところがまたいい!
      星組で大切に育っていってほしいですね~。

      ノル香