宝塚巴里祭2018・観劇感想から巴里祭を徹底解説

観劇レポ
スポンサーリンク

巴里祭2018感想・芹香斗亜の歌唱の魅力

巴里祭活躍のシンガー・純矢&星吹

今回の巴里祭キャストを見ると、純矢ちとせ(じゅんやちとせ)さん、星吹彩翔(ほしぶきあやと)さんという宙組を代表するシンガーお二人が。

主演の芹香斗亜さんはもちろんメインで歌いますが、あとは純矢さんと星吹さんが二分して歌っていた印象です。

 

純矢さんはさすがの貫禄、星吹さんは喋る声を聞くだけでも聴き惚れるような美声でした。

しかし、せっかく他にもたくさん出演者がいるので、せっかくの巴里祭、もう少し満遍なく歌わせてあげてほしかったな~なんて思いました。

路線スターさんやシンガー以外は本公演ではなかなか機会が与えられないので、こういうときに「あれっ、この生徒さん歌えるじゃん!」とかいう発見があったりますからね~。

 

 

 

 

巴里祭2018・遙羽ららヒロインポジション

今回の巴里祭で芹香斗亜さんの相手役のような立場を務めたのが遥羽らら(はるはらら)さん。

 

수빈さん(@su.bin.94)がシェアした投稿

 

「キキララ」コンビですね(^ω^)

爽やかな空気のあるこのカップルはなかなか相性が良く、次期宙組トップコンビはこの2人もいいな~なんて空想が広がりました。

特に、「ろくでなし」のナンバーでは、まさに「ろくでなし」男となった芹香斗亜さんが、彼女である遥羽さんに頬をひっぱたかれる、というシーンも!

あんなに可愛らしいららちゃんがぷりぷりして男役さんの顔をひっぱたくのは、「おおっ、いいぞいいぞ!」という変な爽快感がありました(笑)

そして情けない顔でうなだれるキキちゃんもとっても可愛かったです!

 

 

巴里祭2018作/演出家・生田大和の手腕

今回の巴里祭の担当演出家・生田大和(いくたひろかず)先生は、これまでは主にお芝居を担当されてきました。

今回、珍しくショーを担当されたということですが、なかなかの手腕をお持ちだと確信しました。

お芝居ではこれまで

  • 『ラスト・タイクーン』
  • 『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』
  • 『ひかりふる路』

などを発表し、どれも大好評。

人物の描写がとても繊細で、しかしマニアックになりすぎず、登場人物に語らせる言葉もシンプルな言葉なのに観客の心にストンと届きます。

お芝居の創作で培ってきたそんな生田先生の手腕を感じられる演出が巴里祭にも生きていて、シャンソンが多いナンバーながらも最後まで飽きずに観ることができました。

 

芹香斗亜の歌唱力開花を堪能@巴里祭2018

そして今回の巴里祭参加でいちばん強く思ったこと。

それは芹香斗亜さんの歌唱力です。

もともとそんなにシンガーではなかったはずで、つい最近の花組時代もそんなに歌の印象はありませんでした。

しかし、前公演の『シトラスの風-Sunrise-』のテーマソングを朗々と歌い上げたときに、

「うわ!すごく上手くなってる!」

と驚きました。

 

星吹さんのような、生まれながらにして美声の持ち主というわけでもないので、芹香斗亜さんの努力によるものなのでしょう。

今回の巴里祭シャンソンナンバーはかなり難しいものもたくさんあったはずですが、どれも非常に上手に歌いこなされていました。

「パダン・パダン」などは台詞と歌の中間のような、ものすごく難しい曲のはずです。

それをたどたどしさなく、情感たっぷりに歌い上げられていて、宙組に来てからの爆発力を本当に感じました。

 

 

 

 

宙組の前トップスター・朝夏まなと(あさかまなと)さんも、下級生時代はシンガーというイメージは全くありませんでした。

しかし、男役の発声を学んでいく中で「これだ!」という発見があるらしく、非常に魅力的な美声を披露できるまでになりました。

元花組トップスターの春野寿美礼さんもそうだったなぁ、とノル香は懐古します。

 

最近の芹香斗亜さんの発声にも似たようなものを感じていまして、それがとてもよく活きた素晴らしい巴里祭だったと感じました。

 

 

↓↓4. 巴里祭2018・こぼれ話満載の観劇に!

タイトルとURLをコピーしました