蒼羽りく・本名、年齢、成績は?新公主演3回路線落ち?退団の噂はある?

スポンサーリンク

蒼羽りくさんの素顔

蒼羽りくさんの趣味は読書やDVD鑑賞などということですが、特に気分転換には関ジャニ∞のライブDVDを観るのがお好きとか。

私たちが見る男役さんは舞台上ではもちろんバリバリのキザな男役さんで、舞台を降りてもそのイメージを守ってくださいます。

しかし、こういうプライベートの部分はやっぱりアラサー女子なんだな~という感じがしますね(*^^*)

他に、タカラジェンヌさんの素顔が垣間見れるのはやっぱりお茶会。

蒼羽りくさんのお茶会はなんだかすごく楽しそうです!

お茶会でフォークダンスって!!

舞台上からでも蒼羽さんの「釣り」はいつも笑ってしまうほどで、映像などでもトップさんの脇で客席にアピールしまくっている姿は「お~やっとるやっとる!」とつい笑ってしまいます。

それほど、サービス精神旺盛な方ということですね。

ファンの皆さんに楽しんでもらいたい!というお気持ちを強く感じます。

スポンサーリンク

例のオカマちゃん役・クレヨンちゃんを演じていた時の出待ちでも、相手役の澄輝さんとファンクラブの皆さんに大サービス。

View this post on Instagram

モモ✨🎋🌌さん(@mmktj47)がシェアした投稿

皆さんから悲鳴が出ています!(笑)

このときは、まこちゃんのことが好きで好きでたまらないというクレヨンちゃんを、皆さん本当に「可愛い~」と楽しんでいらっしゃいました。

公演後にお疲れのところでもこうしてファンへのサービスを忘れないところがとても素敵ですね。

蒼羽りくさんのこれから

新人公演主演3回という華やかなスタートを切った蒼羽りくさん。

しかし、そこからまた次のステップに進むのは簡単なことではありません。

宝塚においてトップ路線に乗り続けるには、実力の他にも華やかさやファンの数、いわゆる「タニマチ」のような存在の方がどれだけいるか…

などのたくさんの条件が必要になります。

今のところどうやら蒼羽さんはトップ路線を外れ、別格スターとしての活躍の道に進んだようです。

成績優秀で入団して、チャンスがたくさん与えられたからといって路線に乗り続けられるわけではない…本当にシビアな世界です。

今後の蒼羽さんは、まずは大劇場公演『白鷺の城/異人たちのルネサンス』に出演、ボッティチェリ役を演じます。

ボッティチェリといえば、有名な宗教画家。

真風涼帆(まかぜすずほ)さん演じるダヴィンチとも大きく絡んでくる重要な役となるでしょう。

そして宙組では宙組発足以来となる本格的な和モノショー『白鷺の城』で日舞を披露することになります。

洋モノのダンスはお手のものの蒼羽さん。

日舞がどんなものなのか、非常に楽しみです。

スポンサーリンク

蒼羽りくさんまとめ

この記事では蒼羽りくさんのことを紹介しました。

研12となった今では、宙組で別格スターとして輝いている蒼羽りくさん。

澄輝さやとさんや凛城きら(りんじょうきら)さんなど、別格スターさんも宝塚では非常に重要なポジションです。

これからも宙組のトップコンビをよろしくお願いします!という気持ちで宙組ファンは蒼羽さんを見ていることでしょう。

蒼羽さんは、お顔立ちやアピールの仕方が独特なので、一発で覚えるほどの個性をお持ちです。

他のスターさんを見ていたのに、気付いたら蒼羽さんを目で追っていた…という「オペラ泥棒」の資質があります(;^ω^)

作品や場面の真ん中に立っていないのにそこまでの存在感を発揮できるのはかなりの武器ですよね。

クレヨンちゃんを演じたときはさすがのスタイルは圧巻でしたし、思ったよりもオカマ感はなく、普通に綺麗なお姉サマでした。

View this post on Instagram

ふうかさん(@sumikiki_t_z)がシェアした投稿

スポンサーリンク

しかし作品的には、綺麗なお姉サマというよりは図々しいオカマちゃんとしてもっともっと暴れてしまっても良かったように思います。

その中にも垣間見れる乙女心が観客の気持ちを動かすのでしょうし、作品の笑いを担当する中枢人物だったはず。

下品にならないギリギリのところをもっと攻めてほしかったな~という感想をノル香は抱きました。

別格スターさんは、作品の出来を左右するような非常に重要なポジションを任されます。

「宙組のバイプレイヤーたちのレベルがすごい!」と言われるほどの実力で、長い手足が映える見事なダンスや、蒼羽さんの個性が爆発しているお役を楽しませてほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする