月組エリザベート2018観劇感想、愛希れいかの魅力満載!でもコメディ?

宝塚コラム

 

続いて、月城ルキーニ、暁ルドルフ、風間シュテファンについて感想を綴ります。

ルキーニ・月城かなと

ルキーニという役は舞台冒頭でいきなり登場し、客席の空気を動かす重要な役どころです。

そして、他の役柄と絡むことなく単独で色濃く存在する、異質の空気を醸し出さなければなりません。

しかし・・・

月城かなとルキーニ。

個人的にはどこか役としてピンと来るものがありませんでした。

(ファンの方、ごめんなさい)

もちろん月城さんは歌えるし演技力もあります。

それは十分に感じたのですが、どこかルキーニらしさを感じることができませんでした。

じゃ、ルキーニらしさって???

わかりません。強いていえば暗殺者としての狂気みたいなもの?

 

スポンサーリンク

 

↓↓確かに男前なルキーニ、月城かなとさん

 

雪組時代から黒い色を演じる機会も多く(『るろうに剣心』四乃森蒼紫は最高でした!)、月組に組み替え後も三番手スターとして、敵役も演じてきた・・・。

月城かなとさんはスターとして十分に成長中。

なのに今回のルキーニだけは、作品全体の中でなじまずにすっきりしないモノを感じてしまました。

 

↓↓【関連記事】

月城かなと・月組二番手の本名、成績から舞台略歴を徹底解説
※この記事は2016年11月に執筆した記事に2019年9月加筆修正をしました。 月組二番手スターとなった月城かなと(つきしろかなと)さん。 下級生時代を雪組ですごし、新人公演主演や宝塚バウホール主演も務めてた後に組替えで月組...

 

 

スポンサーリンク

 

暁千星のルドルフ&新人公演トートの評価の高さ

暁千星さん演じるルドルフは「元気がよすぎで、自殺に追い込まれる若者に見えない」と作品評で触れました。

もともと暁千星さんはダンサー?

しかし下級生の時代に『メリー・ウィドウ』で目を止めた時から芝居心のある生徒さんだと思っていました。

今回のルドルフは難易度の高い歌もあります。

しっかりとした音程と伸びる声で歌う暁千星さんに「すっごい!」と思いました。

しかし何度も書きますが、とても死神に身を委ねる青年とは思えずその点が残念でした。

下級生時代から新人公演で主演を演じる機会が多かった暁千星さん。

最近は脇で支える立場にまわっていましたが、研7年目で再び『エリザベート』新人公演で主役を演じる機会を得たわけですが、(残念ながらすみれ子は観ていません・・・ってか、新人公演も超チケット難で観られません)とても評価の高いトートでした。

もう、暁千星さんはいずれトップスターになる人と言っていいでしょう。

だからこそルドルフをもっと極めて成長していってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

↓↓【関連記事】

暁千星・月組若手スターの年齢、本名、実家は?これからに迫る
月組公演『グランドホテル』の幕があいて、3日目です。 公演は目にする、耳にすることからは好評の様子で 観劇する日が楽しみです。 トップスターさんに研9で、天海祐希(あまみゆうき)さん以来のスピード出世と言われる、 珠...
『エリザベート』新人公演!大絶賛の嵐…暁千星トート&風間柚乃ルキーニ!
宝塚にまつわる速報ニュースを配信中 宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。 ■2018年8月のまとめ ■2018年9月のまとめ 連日、満員御礼の...

 

風間柚乃の革命家シュテファン

風間柚乃さんは光ってますね。

革命家がエルマー、シュテファン、ジェラと三人並ぶと必ずシュテファン(風間)に目がとまっていました。

少し甘いマスクが魅力ですね。

風間ルドルフにも興味があるので、映像でもいいので観てみたいものです。

 

↓↓役替り・風間柚乃のルドルフ

 

↓↓【関連記事】

月組・風間柚乃とは?・新人公演二番手は故夏目雅子の姪!100期注目男役
※ この記事は2016年11月に書いた記事にです。 その後の風間柚乃さんにまつわることは【追記】として加筆してありますので、それを合わせてご覧ください。 また別記事は【追加記事一覧】からもご覧いただけます。 ...
『エリザベート』新人公演!大絶賛の嵐…暁千星トート&風間柚乃ルキーニ!
宝塚にまつわる速報ニュースを配信中 宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。 ■2018年8月のまとめ ■2018年9月のまとめ 連日、満員御礼の...
風間柚乃、初主演の新人公演『カンパニー 』&美園さくらのヒロイン【速報】
宝塚にまつわる速報ニュースを配信中 ■2018年2月のまとめ ■2018年1月のまとめ 昨日は宝塚大劇場で公演中の『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー) -』の新人公...

 

スポンサーリンク

 

ルドルフの子供時代の蘭世惠翔

ルドルフの子供時代を演じた蘭世惠翔(らんぜけいと)さんは、有名人の子女として注目されている生徒さんですが、今回の抜擢は話題になりましたね。

しかし・・・

その抜擢の話題をすっかり失念して観劇していたすみれ子は「ルドルフの子供時代を演じている娘役さんって誰だっけ?」

と思ってしまいました。

ルドルフの子供時代(ファンは子ドルフっていいますね)を演じるのは、娘役さんという例が過去に多いから(^^;)

2年前の宙組公演では現在の宙組トップ娘役・星風まどか(ほしかぜまどか)さんが演じていましたしね。

 

母・エリザベートに会えなくて寂しい想いをしていることが、伝わり、愛らしい子ドルフ。

でももともと楽曲の音域が高いせいで娘役?と思ってしまったこともありますが、可愛らしいお顔や容姿からして娘役になってもいいのでは・・・と思いました。

でも、身長は170cmおありなので、これはもう男役を磨いていくべきでしょう。

これからの成長が楽しみな生徒さんです。

 

↓↓【関連記事】

蘭世惠翔、娘役転向!本名、年齢、成績は?有名人子女ジェンヌの今後は?
※この記事は2018年3月に執筆した記事に加筆修正を加えました。 月組102期生の蘭世惠翔(らんぜ けいと)さん。 2019年8月22日に「男役」から「娘役」へ転向が発表されました。 うーーーん、これにはちょっと驚きでした。 ...

 

↓↓6. 海乃ヴィンディッシュ嬢・憧花ゾフィーはじめ、月組生の活躍は?

コメント

  1. うみひこ より:

    すみれ子さん
    月組エリザベートを観られたんですか。羨ましい。私は昨日日曜の朝10時からの東京の一般前売にトライしようと15分前にサイトにアクセスしたら、アクセス集中で行き着かずそのまま。結局オール売り切れ。東京は激戦すぎです。もう今回は諦めてライブビューイングにします。(それも取れるかどうか)
    幸運にも、新人公演だけはチケットあるんですけどね。

    私は実際の舞台のエリザベートを観たのは前回の宙組だけです。あら筋も知らず予習ゼロで朝5時並びの当日券観劇だったのですが、なんとも魅せられました。特にシシィ=実咲さんのお歌と演技に。体に電気が走ったような感覚でした。その後、早朝5時並びを2回してライブビューイングも観ました。登場人物の感情が伝わる芝居だったと思います。また純矢さんゾフィー、伶美さんマダム・ヴォルフがキャラ立ちしていたのが印象的。(ゾフィーはマジ怖いし、マダム・ヴォルフはエロい。)真風さんフランツのちょっと頼りない感じや、星風さん子ルドルフの不安定な感じも良かったです。

    その後、明日海さん主演の花組公演を映像で観ましたが、部分的にはいいね!と思うところはあったものの(シュヴァルツェンベルクやヴィンデッシュ嬢)、全体でいうと私も宙組公演の方が好みです。
    自分の中での比較・納得感のためにも、月組エリザベートは観たかったんですけどね。
    ああ、ムラに近い人はいいなー!

    • すみれ子 より:

      うみひこさん

      いつもコメントをありがとうございました。
      東京はムラ以上に、毎回の公演がチケット難なことを耳にしていますので、大劇場でもこの状況では通常より数倍のチケット
      難なのでしょうね。
      その中でもとーーーーっても競争率が高い新人公演チケットをお持ちというのは、すごいことだと思います。
      東京宝塚劇場は約2,000席。2,000人しか観られないのですから。
      なかには本公演よりレベルが高い、という声も聞かれた新人公演。お楽しみくださいね。

      さて・・・
      宙組『エリザベート』に電気が走った感覚をお持ちになられたのですね。
      私も宙組の『エリザ』は一人ひとりの生徒さんももちろんながら、トータルで調和のとれた質の高い作品になっていた
      と思います。
      実咲凜音さんは知性と教養あるエリザ像、しかも歌えて芝居もできて素晴らしかったです。もちろん、まぁ様トートも
      新鮮でした!

      同じ役でも持ち味の違う、愛希れいかさんが演じたら?ということは月組版では興味津津でしたが、明らかに違います。
      良い意味で!
      それを観られたことは嬉しいのですが、個人的には宙組版が全員で作り上げたバランスの良さを感じて好きでした(好みの問題?)

      ムラも10年ぐらい前はトップさんの退団公演でもフラッと当日券で観られました(汗)。
      今は大作でなくても難しいです。ってことは、劇団稼働率がいいのだから喜ぶべきことなのでしょうが、ファンは大変になってますよ(^^)

      新人公演をご覧になったら、またうみひこさんの感想も教えてくださいね(^^)
      お待ちしております。

  2. ちはるCLUB より:

    『エリザベート』まだチケットが取れてません。ファンクラブにお願いしてありますが、心細いものです。一般発売で買えたライブビューイングのチケットが何とか買えました。なぜ、売れ残ってるんだ?と思ったら月曜だったんですね。

    今回のキャスティングの違和感は紛れもなく「大人の事情」だと思います。
    ルキーニとフランツが逆ならばと美弥ファン以外の方も思っている筈。

    『歌劇』の対談で「ファンの方は美弥のルキーニが観たかった方も多いと思いますが、それについてどう思いますか?」と小池先生に訊かれ「フランツは私のイメージではないが〜挑戦」と「ルキーニじゃないこと」では無く「フランツを演じること」におきかえて美弥さんは答えています。

    『信長』の時の秀吉のようなものルキーニが観たかったと思います。2番手だし。

    風間さん、容姿は特に〜ですが演技に華があり、存在感がありますね。
    蘭世さん…、新人公演ではマダムヴォルフですよね?

    私は明日海、朝夏、東宝で井上芳雄、テレビで瀬名トートを観ました。
    この中では明日海トートが好きです。ルキーニは望海さん、フランツは北翔さんが好き。
    エリザベートは花総まりさんも観ましたが、誰もピンと来ません。今回、観劇出来て「ちゃぴが1番」になるでしょうか。

    ヴォルフの白雪さん、誰もが想定内ですね。妹さん、娘役かと思ったら男役の様ですね。途中で転向しそうなお姉さん似ですね。

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      いつもコメントをありがとうございます。
      キャスティングはもう大人の事情というのは、宝塚だけでなくつきものか・・・と思っていますが、逆に宝塚にはピラミッドシステムがある限り、
      キャスティングに制約もでるのだろうと思っています。

      星組で再演された「スカーレット・ピンパーネル」もそうですね、三番手さんに活躍の場がないのは????ってことで、ロベスピエールが格上げ
      とか。

      私は月組エリザはキャスティングの問題というより、トータルに観た時の作品の調和に違和感がありました。
      抜粋すると良い場面もあったのですが・・・、自分でもなぜかはわかりません。
      でも、一つ言えることは愛希れいかさんの魅力が光っていた、それだけですね。

      ちはるCLUBさんも観劇の機会がありますように!
      またご感想をお待ちしております。

      ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました