大楠てらは宝塚イチ高身長!本名、成績、舞台略歴を徹底解説!

月組

大楠てらの舞台略歴

2016年3〜4月 星組『こうもり/THE ENTERTAINER!』初舞台公演
月組に配属
2016年6〜9月 『NOBUNAGA/Forever LOVE!!』
2017年1〜3月 『グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)』
2017年5月 『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲』(博多座公演)
2017年7〜10月 『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』
2017年12月 『Arkadia -アルカディア-』(宝塚バウホール)
2018年2〜5月 『カンパニー/BADDY(バッディ)』
2018年6月〜7月 『雨に唄えば』(TBS赤坂ACTシアター)
2018年8〜11月 『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』新人公演:シュヴァルツェンベルク(本役:颯希 有翔)
2019年1月 『ON THE TOWN』(東京国際フォーラム)
2019年3〜6月 『夢現無双/クルンテープ 天使の都』新人公演:植田良平(本役:蓮 つかさ)
2019年7月〜8月 『ON THE TOWN』(梅田芸術劇場)
2019年10〜12月 『I AM FROM AUSTRIA』新人公演:ヴォルフガング・エードラー(本役:鳳月杏)

 

スポンサーリンク

 

大楠てらさんは2016年星組公演『こうもり/THE ENTERTAINER!』で初舞台。

その後、月組へ配属。

その翌年には最下級生として博多座公演『長崎しぐれ坂』に参加していますが、この公演では専科スター・轟悠(とどろきゆう)さんが主演。

タカラジェンヌの夢の一つといわれている「在団中に轟悠さんと同じ舞台に立ちたい!」を叶えている点はすごく恵まれていますね。

新人公演でも役がついたのは、2018年『エリザベート』からです。

そして2019年『夢現無双』新人公演で月組若手スター・蓮つかさ(れんつかさ)さんの役を演じました。

そして今作『I AM FROM AUSTRIA』新人公演で鳳月杏さんの役に挑戦です。

 

同期生の中には既に新人公演主演がいるなかで、これは一見地味に感じられますが、着実に一歩ずつ歩んでいる男役さんという印象があります。

 

↓↓3. 大楠てらの素顔

月組
スポンサーリンク
すみれ子をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
すみれ子の宝塚百科辞典
タイトルとURLをコピーしました