カラオケバトルで活躍する6人の宝塚OGの略歴とカラオケの成績

スポンサーリンク

彩星 りおん

彩星りおんの略歴

2002年、宝塚音楽学校に入学。2004年、宝塚歌劇団入団、90期生。月組へ配属。男役として活躍していたが、2008年7月7日付けで、男役から娘役へ転向

2010年『THE SCARLET PIMPERNEL』の新人公演で、初ヒロインに抜擢され、同年9月からの大劇場公演『ジプシー男爵』では2番手娘役格を務めていました。

『THE SCARLET PIMPERNEL』で新人公演とはいえ、歌の難易度の高い作品でヒロインを演じたことは当時から歌唱力に優れていたことがわかります。

2012年『エドワード8世/Misty Station』の東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。
↓↓『スカーレット・ピンパーネル』新人公演(右は珠城りょう)

/ %a%G%#%"MQ!"JuDM7nAH?7?M8x1i!"k$j$g$&!J1&!K$H:L@1$j$*$s!J5-<T%+%a!K/
(出典:http://www.sponichi.co.jp/)




彩星 りおんのエピソード

当初は男役、そして娘役に転向することは、宝塚では稀にあることです。逆に娘役から男役への転向は・・・皆無でしょう。

娘役に転向した最近の有名な生徒さんといえば、現・月組トップ娘役の愛希れいか(まなきれいか)さんが研3で娘役に転向していますね。

元・雪組の娘役、大湖せしる(だいこせしる)さんも男役として新人公演の主演を務めながら、娘役に転向されました。

これは本人が希望する場合もあれば、劇団側から宝塚、組のバランスを考えて、その人が持つ実力を伸ばすために転向を促す場合もあるようです。どの人がどのケースに当たるのかは正確にはわかりませんが、彩星 りおんさんのように歌唱力がある人なら本来のその実力を伸ばすためにも結果的には良かったのではないかと管理人・すみれ子は考えます。

彩星りおんさんのTHE カラオケバトル出演

カラオケバトルへは2016年9月28日放映の分に出演されています。

日本に一時帰国して頑張ってまいりました
上の先輩RiRiKAさんとも初共演です

(出典:http://ameblo.jp/ayahoshirion/)
 

彩星 りおんのプライベート

彩星りおんさんは2015年1月

昨年末、かねてからお付き合いしておりました方と結婚、入籍いたしました。
心から尊敬できる大切な人です。
これからは主人とふたり、明るく楽しく生きていきたいと思います。
今後とも温かくお見守りいただけますと嬉しいですハート
よろしくお願いいたします

(出典:http://ameblo.jp/ayahoshirion/)

と自身のブログの中で結婚を発表されています。

現在はニューヨーク在住、ブログにニューヨークの生活などを報告されています。

彩星 りおんさんおオフィシャルブログもチェックしてくださいね。

↓↓ 3.百千糸 / 七瀬りりこ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする