星組『GOD OF STARS-食聖-』観劇感想、紅ゆずる集大成

星組

『GOD OF STARS-食聖-』の紅ゆずる&綺咲愛里

GOD OF STARS-食聖-』の紅ゆずるの魅力

GOD OF STARS-食聖-』の紅ゆずるの魅力はもうずでにここまでに書いてきた通り。

こんなコメディー作品で男役の魅力を発揮できるのは、紅さんだけでしょう。

私の周りには紅さんが星組トップスターに決まった時に「もう星組は観ない」と言った人がいます。

まぁ、トップスター交代の時にこんなふうに考えるファンはふつーにいるようだし、宝塚ファンも一人ひとり思いは違います。

ただその理由は「紅さんは歌えない、あんな歌は聞けない」と聞いた時に、これまた人それぞれながら、確かに歌が特別うまいとは思わないでも「この人のトップとしての成長を観たい」と考えていた私は非常に残念に思いました。

・・・で、何が言いたいかと申しますと「紅さんって歌えるトップスターに成長した」ということです。

彼女の歌には「愛」がある。

紅ゆずるの宝塚愛の深さを思い知らされるモノがあると思いました。

宝塚が好き! 

ただ一途にその思いを貫いてきたことは、歌が云々・・・ということなんてどうでもいいぐらい、ダンディーでかっこよく、コメディーを演じれば宝塚でピカイチであり、いつも120%の愛をもって舞台に挑んできた人でした。

だからこそ大御所・汝鳥伶(なとりれい)さんのような方にも愛され、組子達からも慕われ、ファンからも応援されたと思っています。

それはGOD OF STARS-食聖-』の舞台にも深く感じたことです。

↓↓宝塚大劇場千秋楽は入りイベントに参加の汝鳥伶さん

汝鳥伶さんは宝塚大劇場での「紅ゆずるさよならショー」に出演されていたようですね。
お芝居だけにご出演の汝鳥伶さん、しかも専科の大御所といえる方がサヨナラショーに出演されることは、かなりレアなことでしょう。

スポンサーリンク

『GOD OF STARS-食聖-』の綺咲愛里の魅力

綺咲愛里さんは本当にお人形のようにかわいらしく、トップ娘役を務めるのにふさわしいビジュアルの持ち主です。

そのことはトップ娘役就任時からわかっていました。

しかし、舌足らず(失礼 ^^;)で甘えたの女の子を演じているようにさえ思える(実は違いますけど)台詞回しが私には耳障りでした。

娘役として歌にも難がありましたし・・・(失礼)。

そして96期生であることも、心のどこかでひっかかっていました。

なぜ綺咲愛里という娘役さんが紅ゆずるさんの相手役なのか???

謎のようにも思っていました。

でも千秋楽の日に紅さんに「私の相手役が綺咲で本当に良かった」と言わしめた意味を、『GOD OF STARS-食聖-』で知ることができました。

綺咲愛里の魅力は、ビジュアルは実に娘役らしく可愛らしい。

上述のように甘ったれたようなセリフまわしも、ベタベタしたようなイメージにつながる。

でも実際は、芯が強く、おそらくアイリーンのように頑固でありながらも、男性(男役)を手のひらで転がすぐらいの肝っ玉のあるモノを持っているのではないか?

そんな本来の綺咲愛里さんの持つモノがしっかりと現れた作品が『GOD OF STARS-食聖-』であったと思います。

男役・紅ゆずるさんの良い女房役的な娘役であったのだろう・・・とこの退団公演で気づきました。

星組宝塚大劇場公演 ミュージカル・フルコース『GOD OF STARS-食聖ー』/スペース・レビュー・ファンタジア『Eclair Brillant 』【Blu-ray】 [ 紅ゆずる ]

価格:10,800円
(2019/9/20 14:06時点)
感想(0件)



↓↓【関連記事】96期娘役についての記事はこちらをご覧ください。

↓↓3. 『GOD OF STARS-食聖』の星組生の活躍

タイトルとURLをコピーしました