星組『GOD OF STARS-食聖-』観劇感想、紅ゆずる集大成

星組

GOD OF STARS-食聖-』の星組生の活躍

ここからはこの公演で退団する

  • 如月 蓮(きさらぎれん)さん
  • 麻央 侑希(まおゆうき)さん

という二人のスターと次期トップスターが決定している二番手スター・礼真琴(れいまこと)
さんを中心に星組生の活躍を綴ります。

GOD OF STARS-食聖-』の礼真琴の魅力

ホン・シンシンのライバルのロンロンを演じる礼真琴さん。

下級生時代から歌、ダンスに秀でスターとしてのおおらを感じた礼真琴さん。

どちらかといえば少年っぽい役どころが似合う男役でしたが、この2〜3年はキリッとした男役の佇まいを醸し出すようになりました。

GOD OF STARS-食聖-』では、ダメダメ男子でありながら、好きな女性の前では超はりきってしまう役どころ。

ダメダメ男子と超張り切り男のギャップがとてもおもしろかったです。

スポンサーリンク

GOD OF STARS-食聖-』の如月蓮&麻央侑希

レン(如月蓮)、マオ(麻央侑希)というお二人の愛称がそのまんま役名になっていること。

小柳先生の愛なんでしょうね。

二人ともアイリーンが所有する『愛麗飯店』の店員です。

如月蓮さんは下級生時代は紅ゆずるさんのプライベートユニット(?)「紅5(くれないファイブ)」のメンバーであり、宝塚専門チャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」内の「紅5」の番組では人気を博したスターでした。

麻央侑希さんも175cmの長身は舞台でひときわ目をひき、2011年『ノバ・ボサ・ノバ』新人公演で主演の経験もあるスター。

いわば紅さんが下級生時代から星組で苦楽をともにしたスター達。

紅さんと一緒の退団の道を選んだ理由は、一ファンには計り知れませんが、星組にはなくてはならない存在だったので残念に思っています。


↓↓【関連記事】如月蓮さん、麻央侑希さんについてはこちらの記事をどうぞ!

スポンサーリンク

GOD OF STARS-食聖-』出演の汝鳥伶&華形ひかる

専科から出演の汝鳥伶さん、華形ひかる(はながたひかる)さんも忘れられませんね。

まず汝鳥伶さんと星組といえば、最近では2018年4月の『ANOTHER WORLD』がまず頭に浮かびます。

閻魔大王役でした。

今回の『GOD OF STARS-食聖-』でも役どころ的には似ているのですが、「牛魔王」という魔界の王。

(奥さんの星組組長の万里柚美さん、この方も愛情が感じられてよかったなぁ・・・)

舞台に汝鳥伶さんが立つだけで、もうそこには役としての存在が成り立ってしまう。

この風格は汝鳥伶さん以外には醸し出せない。

GOD OF STARS-食聖-』でもそんなものがありました。


一方、華形ひかるさんは専科生の中ではまだ若いですが、やはりこの方が演じると場面が引き締まります。

上海のレストランオーナーでビジネスマン的にとてもクールなのですが、ほろっと人としての愛をみせるあたりは、やはり「華形ひかる、ここにあり!」というものを見せてくれました。

GOD OF STARS-食聖-』のまとめ

賛否両論あるのはどの作品でもあるあるです。

でも私は『GOD OF STARS-食聖-』は、紅ゆずる&綺咲愛里というトップコンビの退団作品としてとても良い作品だったと思います。

専科生を含めて星組組子達みなが、今の星組を楽しみながらも演じている姿に、ずっと星組に受け継がれている「星組魂」みたいな空気を感じ、過去のトップスター時代からの星組が脳裏をよぎりました。

こうやって星組に受け継がれている伝統みたいなもの、空気感?

受け継がれていくのでしょう。

次期トップ娘役の舞空瞳(まいそらひとみ)さん、ベテラン娘役でいつも私がきになっている夢妃杏瑠(ゆめきあんる)さんなど、娘役さんもたくさん書きたいことはありましが、ここで終わりにしたいと思います。

星組宝塚大劇場公演 ミュージカル・フルコース『GOD OF STARS-食聖ー』/スペース・レビュー・ファンタジア『Eclair Brillant 』【Blu-ray】 [ 紅ゆずる ]

価格:10,800円
(2019/9/20 14:06時点)
感想(0件)

↓↓【関連記事】併演の『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』の観劇感想はコチラ

↓↓【関連記事】礼真琴&舞空瞳トップ就任ニュースもあわせてご覧ください。





最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました