華形ひかる・本名、年齢、成績は?新専科枠を脱し、本当の意味での専科生に?

スポンサーリンク

華形ひかるさんの舞台略歴

1999年4月 雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』*初舞台公演
1999年5月 月組『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』*組廻り
1999年7月 雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(TAKARAZUKA1000days劇場)*組廻り
―花組に配属―
2000年4月 『源氏物語 あさきゆめみし』役代わり公演:夕霧の子供時代、新人公演:夕霧(本役:瀬奈じゅん)/『ザ・ビューティーズ!』
2001年7月 『ミケランジェロ』新人公演:ニッコロ(本役:蘭寿とむ)/『VIVA!』
2002年10月 『エリザベート』本公演:黒天使、新人公演:エルマー・バチャニー(本役:蘭寿とむ)
2003年5月 『野風の笛』新人公演:花井主水正義雄(本役:春野寿美礼)/『レヴュー誕生』
2004年1月 『天使の季節』新人公演:アッサーラ(本役:瀬奈じゅん)
2005年1月 『くらわんか』(宝塚バウホール)貧乏神、徳兵衛
2005年11月 『落陽のパレルモ』本公演:ルチアーノ、新人公演:ヴィットリオ・ロッシ(本役:春野寿美礼) /『Asian Winds』*新人公演初主演
2006年11月 『うたかたの恋』ブラッドフィッシュ/『エンター・ザ・レビュー』(全国ツアー)
2009年7月 『フィフティ・フィフティ』ジョナサン *バウW主演
2011年6月 『ファントム』アラン・ショレ/若き日のキャリエール(役替わり)
2013年2月 『オーシャンズ11』イエン *初エトワール
2014年7月 『宝塚巴里祭』(パレスホテル東京・宝塚ホテル)
―専科に異動―
2014年11月 『風と共に去りぬ』(星組全国ツアー)アシュレ・ウィルクス
2015年2月 『風と共に去りぬ』(月組中日劇場)アシュレ・ウィルクス
2015年5月 『星影の人』土方歳三/『ファンシー・ガイ!』(雪組博多座) *エトワール
2015年8月 『オイディプス王』クレオン(専科バウホール公演)
2015年10月 『SUPER GIFT!~from Takarazuka stars~』(梅田芸術劇場/外部出演)
2017年1月 月組『グランドホテル』ヘルマン・プライジング/『カルーセル輪舞曲』
2017年8月 『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』ジョイス博士(雪組日本青年館・ドラマシティ) *エトワール
2017年11月 『神家の七人』ウィリアム・ターナー(専科バウホール公演)
2018年4月 星組『ANOTHER WORLD』貧乏神/『Killer Rouge』

スポンサーリンク

華形ひかるさん属する85期生は、まだ「組廻り」という研修期間が設けられている時代でした。

現在では初舞台を踏んだあとすぐに組配属が発表されますが、この時代は初舞台後に数チームに分かれて、各組に「出張研修」をします。

85期の組廻りは少しイレギュラーのようで、組廻りに出ている生徒も出ていない生徒もいるよう。

しかも、組廻りに出ている生徒さんの中でも、東京公演に行った人も行かなかった人もいるようです。

華形ひかるさんは東京公演まで帯同していった派。

雪組はアットホームな組なので、たいそう可愛がられたのでしょうね(*^^*)

花組配属後、新人公演では路線スターさんの役に数多く抜擢。

一躍花組ファンの中では「この子は間違いなく新公主演するだろう」という印象に。

正式には2005年の『落陽のパレルモ』にて新人公演初主演という記録ですが、そのふたつ前の公演『野風の笛』ではトップスターの春野寿美礼(はるのすみれ)さんの役でした。

この公演は専科の轟悠(とどろきゆう)さんが特別出演していた公演なので、主演は一応轟悠さんの役ということなのでしょう。

只野オタクさん(@dukaotamemo)がシェアした投稿

スポンサーリンク

つまり、実質的には新人公演では2作品の主演に。

しかし、華形ひかるさんをはじめこの時代の花組新人公演メンバーはちょっとブレイクしきれなかった印象があります。

未涼亜希(みすずあき)さん、望月理世(もちづきりせ)さん、桐生園加(きりゅうそのか)さんなど、活躍は見せますがいま一歩…というところ。

華形ひかるさんも単独主演作に恵まれないまま、専科生になります。

真ん中に立つ存在というより、脇で輝く存在へとシフトチェンジしたのでしょうか。

歌が苦手という印象でしたが、専科になってからなんとエトワールを3回も経験。

パレードの最初を飾ってもらうには、元気で華やかなオーラを持つ華形ひかるさんという存在は「アリ」なのでしょうね。

芝居のほうでも、学年を重ねてきたからこそ表現できる役に挑戦、好評を得ます。

月組の『グランドホテル』では、いけすかない社長、ヘルマン・プライジングを演じ、悪役ながら宝塚らしいにくめない絶妙なラインを表現。

Takarazuka_0928さん(@takarazuka_0928)がシェアした投稿

スポンサーリンク

芝居が上手ではないと難しい、シリアスな日本物の演技もかなりの実力の高さを見せます。

↓難しい長台詞も見事!2015年雪組バウホール公演『銀二貫』。聴き取りやすい発声もいいですね。

Takarazuka_0928さん(@takarazuka_0928)がシェアした投稿

そして、近年のいちばん人気は星組大劇場公演『ANOTHER WORLD』での貧乏神。

ペリドットさん(@tkrzk___p.dt)がシェアした投稿

この役は2005年にバウホールで公演された花組公演『くらわんか』のときと全く同じ役。

作品が違うのに同じ役というのは、なかなか珍しいことです。

他の例で言えば、『エリザベート』と『うたかたの恋』でのルドルフ、というところでしょうか。

ビジュアルからしてタカラジェンヌらしからぬいでたちですが(笑)、人を不幸に貶める貧乏神なのに気弱でお人よし、というキャラ設定が抜群。

おどおどして主人公にこき使われてしまう様子がとてもキュートでした。

『くらわんか』を観ていた世代には、「ああ!あのびんちゃんがついに大劇場デビュー!おめでとう!」と非常に感慨深いものがありました(*^^*)

↓↓3.華形ひかるさんと言えば「世界の彼氏」!その理由は…?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする