祝、紅ゆずる&綺咲 愛里、星組トップお披露目公演初日・宝塚ニュース2017/3/10

広告 自由サイズ
     

ほぼ日刊!
宝塚にまつわる日々のニュースを配信中
 2017年3月のまとめ
■ 2017年2月のまとめ

紅ゆずる&綺咲愛里、トップお披露目公演初日

星組『スカーレットピンパーネル』初日

今日、3月10日は星組新トップコンビ、紅ゆずる(くれないゆずる)さんと綺咲愛里(きさきあいり)さんの宝塚大劇場トップお披露目公演の初日でした。

紅ゆずるさん、星組の皆さん、おめでとうございます!

紅ゆずるさんは今年(4月より)研16。

今か、今か・・・とトップ就任まで長い時間を要しましたが、晴れて大きな羽を背負って大劇場の大階段を降りることができました。

↓↓【関連記事】2017/5/5追記


(出典:https://twitter.com




今までの道のりを思うと、感無量なことだったでしょう。

↓↓初日映像 【追記 2017/3/】

数日前から、風邪のような症状で発熱とノドの不調を訴え、初日の午前中に行われた最終の舞台稽古まで、歌をややセーブしていた紅。だが本番の幕が開けると、それまでの不調を吹き飛ばす、熱い舞台を繰り広げた。

(出典:http://headlines.yahoo.co.jp/)

↑こんなことがあったのですね。でも、初日を前にした喉の不調も吹き飛ばして満員の客席を魅了したそうです。

↑これは結婚式の場面で、『スカピン』の名曲の一つ「あなたこそ我が家」をデュエットで歌っているところですね。

さて・・・

スカーレット・ピンパーネル』ではいくつかアドリブの場面があるのをご存知でしょうか?

初演で主役・パーシ−を演じた元・星組トップスター安蘭けい(あらんけい)さんは、頭の回転が早く、日々機知に飛んだアドリブをショーブラン役の柚希礼音(ゆずきれおん)さんにふり、まだ当時は若かった柚希さんはアドリブを返すのに戦々恐々としているようでした。

今回の主演の紅ゆずるといえば、安蘭けいさん顔負けのアドリブの達人。

英国皇太子の舞踏会へ出席する前に、パーシー(紅)を訪ねて来たショーブラン、礼真琴(れいまこと)さんに・・・

ヒョウ柄の上着にヒョウ柄のパンツ…。ピコ太郎スタイルで(舞踏会に)行ったらどうだ

というアドリブを振っていたそうです。

実はパーシー自身が舞踏会に全身シマウマ柄(ゼブラ柄)のド派手な衣装で出かけるので、それに対抗して、ショーブランに「ヒョウ柄」を勧めたのでしょう。

ピコ太郎が出てくるあたりはさすがに紅ゆずるさんです。
↓↓全身シマウマ柄の衣装のパーシーがアドリプを言う場面

これから作品が紅ゆずる体制の今の星組で、どのように成長していくのか楽しみ。

それと合わせて、紅ゆずるさんの日々のアドリブも何が飛び出してくるのかワクワクです。

1本立て大作ですが、フィナーレもあります。

↓↓フィナーレ、男役の群舞

(出典:https://twitter.com




初演で大好きだった、剣を手に踊る男役さん達の群舞は今回も健在。

もちろんトップ娘役の綺咲愛里さんとのデュエットダンスもあるようですね。

この感動を客席で共有できなかったのは残念ですが、来月、すみれ子も観劇に行きます。

ともあれ初日、お疲れ様でした。

今日がスタート!

まずは体調を整えて、宝塚大劇場公演の千秋楽まで紅さんはじめ星組生一体となった、新しい『スカーレットピンパーネル』を見せてほしいものです。

2008年の『スカーレットピンパーネル』新人公演

↓↓2008年初演『スカーレットピンパーネル』新人公演

約9年前・・・。

ラストチャンスで新人公演主演を射止めた紅ゆずるさんが、お披露目でパーシーを演じる日が来たーーーーー!!と感無量の映像です。

↓↓【関連記事】




紅ゆずる監修グッズ

すでにキャトルレーブには紅ゆずる監修グッズが並んでいます。


(出典:https://twitter.com/)

紅さんのグッズカラーは「パープル」みたいですね。

監修グッズ
各組のトップスターがデザインを監修した、キャトルレーブオリジナルの商品はTシャツ、タオル、ポーチ、クリアファイル、メモ帳など様々なグッズが用意されています。

紅ゆずるさん、初日お疲れ様でした!

↑初日の出の紅ゆずるさん。

ファンの皆さんが歌っているのは「ひとかけらの勇気」のかえ歌ですね。

紅さんへの愛がぎっしり詰まった歌。

今まで応援して来た紅さんへの愛に、涙が出そうでした。

『スカーレットピンパーネル』公演ドリンク

【追記 2017/3/13】

毎公演恒例になっている公演特別メニュー!

スカーレットピンパーネル』では「ストーンズ ジンジャーワイン」。

公演との関係は?といえば・・・

1740年ロンドンで誕生。ラベルにロンドン市の紋章をつけることを許された由緒正しい、甘く飲みやすいお酒。

(出典:http://www.suntory.co.jp/

主役のパーシー(紅)がイギリス人ということからでしょう。

毎公演、幕間に召し上がっているファンの方を多数お見かけして、アルコールに弱い管理人・すみれ子は羨ましく遠目で眺めていますが、今回は「ジンジャー」に惹かれて飲んで見たいと思っています。

ジンジャー大好きなので。


宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに

時々OGさんの話題も交えながら

ほぼ日刊最新情報を更新中です。
■ 2017年3月のまとめ
■ 2017年2月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする