【動画追加】朝夏まなと誕生日ハプニングとNHK収録&新緞帳のお披露目・宝塚ニュース2017/9/17

広告 自由サイズ
     

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年8月のまとめ
2017年7月のまとめ

9月15日は宙組トップスター・朝夏まなと(あさかまなと)さんの誕生日でした。
そして偶然にも宝塚大劇場では新しい緞帳がお披露目され、NHKさんの『神々の土地』『クラシカル ビジュー』の収録がありました。

今日はこの朝夏まなとさんの誕生日にまつわるニュースをお届けします。

朝夏まなと誕生日の公演ハプニング!

9月15日は朝夏まなとさんの誕生日でした。




きっと楽屋では宙組の組子達が、まぁ様(朝夏)の誕生日を盛大にお祝いしたのでは?と想像できます。

・・・が、実は劇場内でもハプニングが起こりました。

公演はいつも通りに終わり、緞帳が降りた後のことです。

どこからともなく拍手が起こり始めました。

管理人・すみれ子もこの日は偶然観劇していましたが、最初は「えっ? 何?」と思いましたが、次の瞬間に「あっ、そうか」と、その日がまぁ様のお誕生日だったことを思い出しました。

公演中にお誕生日を迎えることもそうそうあることではないかもしれません。

しかも、現在の公演は朝夏まなとさんにとっては、宝塚大劇場サヨナラ公演です。

そう思うと気持ちだけでもお祝いしたくなるものですね。

きっと劇場内の多くの人が同じように考えられたのでしょう。

「公演は終了しました」のアナウンスは通常通りにテープで流れていますが、拍手にかき消されてほとんど聞こえない状態。

最初は座席に座ったまま拍手していましたが、次第に立ち上がり始めて、いつしかスタンディングオベーションとなりました。

誰も動かない状況がしばらく続いている間、きっと緞帳の向こう側ではどう対応するのか検討されたのかもしれません。

鳴り止まない拍手の意味は、緞帳の向こうの生徒さんやスタッフさんも十分理解していたはずです。

・・・で、ひょっとして緞帳が再び上がるのでは?という期待もありましたが、それは予定外の前例を作ることになるので、実現しませんでした。

そして、まぁ様が

「本日はご観劇ありがとうございました、朝夏まなとです。 温かいご声援、ありがとうございました。明日からも 頑張ります。お気を付けて、お帰りください」
・・と生アナウンスしてくださいました。

多分、もっと何かをおっしゃったかもしれませんが、記憶が飛んでいてこれしか覚えていません。

それでもまぁ様には、客席がスタンディングで「お誕生日おめでとう」の気持ちを届けたいと思ったことは伝わっていることでしょう。

少し嬉しいハプニングの瞬間に立ち会えました。




宝塚大劇場の緞帳新調

同じく9月15日から宝塚大劇場の緞帳が新しくなりました。




↓↓9月14日までの緞帳

↓↓新しい緞帳




新調された緞帳はアール・デコ調で以前よりモダンなイメージです。

緞帳がどのぐらいのペースで新しくされているのかはわかりませんが、以前に使われていた神戸出身の画家・故小磯良平氏の絵を元に作られた緞帳(昭和51年1月から昭和56年5月使用)は、現在宝塚ホテルのロビーの壁を飾っているので、機会があればご覧になってみてください。

↓↓故小磯良平氏の絵を用いた緞帳

(出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

NHKの収録『神々の土地』、放映日はいつ?

9月14日15時公演にカメラリハーサル、そして翌日15日に本番撮りがあったNHKの収録。

まだまだ放映は先のことだと思いますが、収録があった段階で嬉しい出来事です。

何しろ機材のクオリテイーが良く、またBS放映時も宝塚歌劇団から販売されるDVDやブルーレイをしのぐ質ですから。

しかも・・・まぁ様が宝塚で迎える最後のお誕生日に収録されたという、ファンにとってはちょっとプレミアな映像です。

もうすぎてしまいましたが・・・

朝夏まなとさんに「お誕生日おめでとうございます」の気持ちを込めて、今日お届けするニュースを締めたいと思います。


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2017年8月のまとめ
2017年7月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする