宝塚月組の次期トップスターはあのCMに出演中! そして二番手スターは誰になる?

広告 自由サイズ
     

2015年12月16日に現月組トップスター・龍 真咲(りゅうまさき)さんの退団が発表されてしばらくの間、ファンの中では「次のトップスターに就任するのは一体誰だろう?」という噂で持ちきりでした。その後2016年3月15日に、珠城 りょうさんの月組トップスター就任が発表されます。

龍さんの退団発表から月組・次期トップスターの決定までを検証していきます。

月組次期トップスターについて

宝塚ではトップスター退団後、次期トップが決まる時に二つのパターンがあります。

・その組の二番手スターが順当に繰り上がってトップになる場合

・ファンの間では通称「落下傘」と言われる、専科や他の組からスターさんがポンとやって来てトップスターになる場合。

現・月組トップの龍 真咲さん、雪組・早霧生せいなさん、宙組・朝夏まなとさん等は前者。

星組トップの北翔 海莉(ほくしょう かいり)さんは専科からトップスターとして星組へ来られたので後者になる訳です。

月組・二番手男役 珠城 りょうさんが次期トップに決まるまで

2015年11月-2016年2月の宝塚大劇場、東京宝塚劇場で上演された『舞音-MANON-』/『GOLDEN JAZZ』で珠城 りょう(たまき りょう)さんが月組の二番手男役であることが明確に作品の中で示されていました。

しかし、月組には珠城さんよりも上級生でかつスターの凪七 瑠海(なぎなるうみ)さん、美弥 るりか(みやるりか)さんの二人の生徒さんがいらっしゃること、珠城 りょうさんはトップ就任時にまだ研9(入団して9年目)と現在のトップスター就任の学年よりはるかに若いことを考えると、珠城 りょうさんがトップに就任することはないと考えていました。

しかし結果的には・・・

2016年3月15日に、珠城 りょうさんの月組トップスター就任、龍 真咲さん時代の娘役トップ・愛希 れいか(まなきれいか)さんが引き続き相手役を務めることが発表されました。

それは・・・

2016年3月の全国ツアー公演『激情-ホセとカルメン-』/『Apasionado!!(アパショナード)!!III』の主演が珠城 りょうさんと愛希 れいかさん、と発表された時に可能性を感じたのですが、まさか???という思いもありました。

歌劇団は何かとファンの心を揺さぶるのが好きなのね、と時々思いますが、衝撃のトップ就任ニュースでした。

 珠城は2008年3月「ME AND MY GIRL」で初舞台を踏んだ94期生。9年目でのトップ就任は、近年では鳳蘭(星組)、汀夏子(雪組)、天海祐希(月組)の7年目には及ばないものの、安奈淳(花組)、大地真央(月組)の10年目を抜く異例のスピード出世となった。

(http://www.hochi.co.jp/ より)

もう何十年もこれほど若いトップスター就任はありえなかったのですから。

次期トップスター・珠城 りょうさんって?

珠城 りょうさんは2006年宝塚音楽学校入学、2008年月組公演『ME AND MY GIRL』で初舞台を踏んだ94期生。その後月組に配属された生粋の月組っ子です。

宝塚ファンなら勿論名前は知っているはずですが、ヅカファンでなくとも珠城さんを知っている人は案外多いのですよ。

何故って?

実は珠城さんはダイキン工業、うるるとさららのテレビCMに2014年から出演しています。キャリアウーマ「できる女」っぽくいいですね。

これが珠城さん出演のCMです。

あぁ、この人なら知ってる! CM見たことある! って思われるでしょう?

宝塚の生徒さんが特定の企業のCMキャラクターを務めるのは珍しいことではなく、現在、花組トップスター・明日海りおさんは三井住友VISAカード、星組トップスター・北翔 海莉さんは株式会社 加美乃素本舗さんのキャラクターを務めています。

上級生スターさんは?

上述のように、新生月組のトップスターは珠城 りょうさんに決定しました。

そこでファンがまたまた気になるのが・・・

凪七 瑠海さんと美弥 るりかさん、二人の上級生スターさんの去就でした。

凪七 瑠海さん

凪七 瑠海さんは9月5日付で月組から専科へ 組替えが決まっています。

専科というと、学年の上の方の脇役さんのポジションというイメージがありましたが、2012年に現星組トップスター・北翔 海莉さんが宙組から専科への異動が決まった頃から、その位置付けが少し変化しています。

秀でた実力を持ちつつも、組の構成やバランス的にトップとしてその時に活躍できる場がなさそうな場合、一時的に専科で研鑽を積んで、タイミングを見計らってトップ就任もあり得ることを北翔 海莉さんのケースから想像できます。

そんな理由から凪七 瑠海さんも専科の立場でどの組にも出演可能となり、時期を見てのトップへの道がないわけではありません。

専科異動後には宝塚ホテル、第一東京ホテルでのディナーショーが決定しています。

美弥 るりかさん

さんはそのまま月組に残留。その後のことはわからない為にファンはやきもきしています。

・・・が、来年、2018年の「宝塚スターカレンダー」の発売を機にファンの間で囁かれていることがあります。

「宝塚スターカレンダー」はトップと2番手だけが掲載を許されるスターの証とも言われているもので、序列や退団時期が囁かれる元になっていることがあります。その月組ページに載るのは新トップコンビとなる珠城 りょうさんと愛希 れいかさん、そして美弥 るりかさんでした。

これでおそらく美弥 るりかさんの二番手が決定したものと推測できます。

過去に自分より学年が若いトップスターさんの元で活躍した二番手として大空祐飛さんがいらっしゃいます。真飛聖さんの元で活躍後に宙組でトップになられました。

だから美弥 るりかさんにもトップの可能性がないわけではありません。

凪七 瑠海さんと美弥 るりかさんはそれぞれ宙組、星組から組み替えで月組に来られてから、ペアで使われることが多い同期生でした。

凪七 瑠海さんは少し童顔なところが、また美弥 るりかさんはこぼれ落ちそうなぐらい大きな目が魅力的でどちらも芝居心あり、歌えて踊れる生徒さんです。

今後もそれぞれの立場で頑張ってほしいものです。


スターさんの退団、特にトップスターさんの退団はそろそろかな・・・とヅカファンは予測したり、ドキドキハラハラするのが常です。そして同時に「次のトップは?」とこれもまたハラハラドキドキなのです。

龍 真咲さんの時も退団発表に涙する人、逆に珠城 りょうさんを初舞台の頃から応援されてこられたファンの方達はトップ就任を我が事のように喜んだり・・・だったことでしょう。

宝塚歌劇団での退団は入団した時からいつかやってくる定めのようなものと理解しながらも、ファンの悲喜交々がありますね。

今は龍 真咲さん率いる月組が無事に千秋楽を迎えること、そして9月5日に誕生する新生月組の検討を祈るのみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする