久城あすの本名、年齢、成績は?お茶会が楽しい?歌にダンス、オールマイティーの男役の魅力

久城あす(くじょうあす)さんは宝塚歌劇団雪組に所属する男役です。

多彩な才能の持ち主で、役やその時の感情によって変わる歌声で多くの人に感動を与え魅了すします。

2015年には、宝塚の専門放送チャンネル、タカラヅカ・スカイ・ステージで「第3期スカイ・ナビゲーター」を務め、舞台以外でもエネルギッシュな愛されキャラとして人気を集めました。

そして、本公演では雪組を代表する男役として作品のキーパーソンとなる役を数多く演じ、めざましい活躍を見せてくれています。

この記事では、そんな雪組男役・久城あすさんのプロフィールや経歴、その魅力に迫ります。

久城あすのプロフィール

久城あす(くじょうあす)
宝塚音楽学校入学 2006年4月
宝塚歌劇入団 2008年3月
入団期 94期生
入団席時 44人中13番
初舞台 月組「ME AND MY GIRL」
出身地 兵庫県芦屋市
出身校 甲南女子高等学校
身長 168㎝
誕生日 6月27日
血液型 AB型
芸名の由来 家族で考えた
愛称 あす
家族 姉は元宙組娘役・藤咲えりさん
本名 浅川真唯

スポンサーリンク

雪組男役・久城あすさんの姉は元宙組娘役・藤咲えり(ふじさきえり)さんです。

宝塚では母娘ジェンヌさんもいれば、姉妹ジェンヌさんもいらっしゃいます。

そして双子でジェンヌさんという例もあるので、決して珍しいケースではありません。

久城あすさんが宝塚音楽学校を受験したきっかけなどの詳細はわかりませんが、お姉さんの影響だったことが想像できますね。

宝塚初観劇は中学2年生。

それからバレエを習い始め音楽学校をを目指します。

幼少時からバレエやダンスに取り組んでいる受験生が多い中、中学からバレエを始めて宝塚音楽学校に合格したということは、もともと身体能力が高い?

ダンスの素養があったのかもしれません。

↓こちらが藤咲えりさんです。
現在は多方面で活躍されているようで、詳しくはInstagramを覗いてみてください!

スポンサーリンク

また、タカラヅカ・スカイ・ステージで放送された番組「ときめきの原点#8」では雪組男役・朝美絢(あさみじゅん)さんと共に憧れの元花組トップスター・春野寿美礼(はるのすみれ)さんと共演を果たしました。

「ときめきの原点」の番組タイトルの通り、久城あすさんの憧れの先輩は春野寿美礼さん。

自身の演じてみたい役も、春野寿美礼さんの代表作である「不滅の棘」をあげていらっしゃいます。

・・・ということは、久城あすさんが宝塚を受験した動機は定かでないものの、ひょっとすると春野寿美礼さんに憧れて宝塚を目指した可能性もありますね。

↓左から久城あすさん、春野寿美礼さん、朝美絢さん、緊張感が伝わってきます!

. かっ、かっこいい✨ . . . #春野寿美礼 #久城あす #朝美絢

maiさん(@takarazuka_love_m)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

そんな久城あすさんの気になる年齢は…。

高校へ進学されていることから、1987~1989年生まれかと推測できます。

2006年4月、宝塚音楽学校に入学。

この時の受験者数963人。

合格者47人で、倍率20.48倍でした。

そして2年間の音楽学校での日々を終えて2008年3月、第94期生として宝塚歌劇団に成績13番で入団。

初舞台は月組ミュージカル「ME AND MY GIRL」でした。

同期生には

  • 現在月組トップ男役・球城りょう(たまきりょう)さん
  • 現在花組トップ娘役・仙名彩世(せんなあやせ)さん
  • 花組娘役・華雅りりか(かがりりか)さん
  • 雪組男役・煌羽レオ(きらはれお)さん
  • 星組男役・麻央侑希(まおゆうき)さん

などがいらっしゃいます。

↓こちらは94期初舞台『ME AND MY GIRL』ラインダンスのお稽古の様子です

スポンサーリンク

初舞台後は雪組へ配属。

下級生時代の新人公演では貫禄ある難しい役を中心に演じ、男役としてのキャリアを積んで行きました。

その後は、「第3期スカイ・ナビゲーター」に抜擢。

またタカラヅカ・スカイ・ステージから発売された「日本のうたVol.5」では

  • われは海の子
  • いつまでも変わらぬ愛を

を歌われています。

多方面でも幅広い活躍をされているということですね。

今年で研11と学年を重ねて男役としてのさらなる成長が期待されています。

さて・・・次は久城あすさんがこれまでに演じてこられた舞台についてご紹介していきましょう。

↓↓2.久城あすの舞台略歴は?演じた役が凄すぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    久城さんの歌をきいて「うまっ!」と驚きました。
    『銀ニ貫』も良かった〜。

    花組の公演が決まって大騒ぎですね。

    私は舞浜シアターを何とか取りたいものです。

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      舞浜シアターは劇場の存在自体を知らなかったので「どこ???」と思いました。
      ちょっと面白い箱なので、出演者さん意外にもこの箱にあった作品を稲葉先生がどう作るかということも興味があります。