如月蓮の本名、年齢、成績は? 星組、紅5メンバーの略歴

広告 自由サイズ
     

如月蓮の舞台略歴

2004年  雪組『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!!』 初舞台*初舞台
星組に配属
 2005年5月 『長崎しぐれ坂』新人公演 あんぺ(本役:柚希礼音)/『ソウル・オブ・シバ!!』
 2005年11月 『ベルサイユのばら』/『ソウル・オブ・シバ!!』(韓国公演)
 2006年1月 『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』ルイ・シャルル
 2006年8月 『愛するには短すぎる』マイケル、新人公演:ルイス(本役:天霧真世)/『ネオ・ダンディズム! -男の美学-』
 2007年3月 『さくら』/『シークレット・ハンター』新人公演 アルバート(本役:麻尋しゅん)
 2007年11月 『エル・アルコン-鷹-』ベッカム、新人公演 ニコラス・ジェイド(本役;綺華れい)/『レビュー・オルキス』
 2008年6月 『THE SCARLET PIMPERNEL』新人公演:オージー(本役:彩海早矢)
 2009年8月 『太王四神記 Ver.Ⅱ』ヒョンミョン、新人公演:ヨン・ガリョ(本役:磯野千尋)
 2010年1月 『ハプスブルクの宝剣』ズィーゲル、新人公演 ラディック・ジリンスキ(本役:彩海早矢)/『BOLERO』
 2011年1月 『メイちゃんの執事 -私の命に代えてお守りします-』(バウ・東京特別)木場
 2011年4月 『ノバ・ボサ・ノバ』ピエロ/『めぐり会いは再び -My only shinin’star-』シリウス
 2012年5月 『ダンサ セレナータ』アルベルト/『Cerebrity』
 2014年1月 『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』リュシアン
 2014年11月 『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ルネ
 2016年1月  紅ゆずるディナーショー『STELLA ROSSA』
 2016年3月 『こうもり …こうもり博士の愉快な復讐劇…』ネッケル子爵/『THE ENTERTAINER!』
 2016年8月 『桜華に舞え』高木兼寛/『ロマンス!!(Romance)』
 2017年3月 『THE SCARLET PIMPERNEL』シモン
 2017年9月  『ベルリン、わが愛』/ヨハネス・マイヤーホフ【UFA重役】『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』




如月蓮さんは、新人公演では研2(2005年)ですでにスターの頭角を現していた、元星組トップスター柚希礼音さんの役を射止めたり、その後は『太王四神記 Ver.Ⅱ』で専科の大御所・磯野千尋(いそのちひろ)さんの役を演じたり、幅広い経験を積んでいきました。

そのほかでは・・・

紅ゆずるさん主演の『メイちゃんの執事 -私の命に代えてお守りします-』。

コミックの舞台化であり、チケット難の大人気公演でした。

その作品での執事の木場役もとても印象に残っています。

また最近では・・・

現星組トップスターである紅ゆずるさんのトップお披露目公演となった『THE SCARLET PIMPERNEL』。

↓↓如月蓮の靴屋のシモン

物語のキーパーソンとなるルイ・シャルルを監視する、靴屋のシモンという渋めの役を見事に演じていたことが、鮮明に記憶に残っています。

もはや星組を支える重要な位置にいる生徒さんと言えます。

↓↓3. 如月蓮の素顔 / 如月蓮のこれから・・・ / まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    紅5のDVDを持ってます!

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      素晴らしいですね!
      多分、安蘭けいさんがトップ時代ですよね、紅5が活動していたのは。
      メンバー一人一人の個性が輝いていながら、紅さんをリーダーにチームワークの良さは抜群でしたね。
      やんちゃな下級生がもう大人な上級生さんになったもんだと感慨深いものを感じます。