夢白 あや、鷹翔 千空、宙組新人公演『神々の土地』の驚きの配役を探る・宝塚ニュース2017/7/31

広告 自由サイズ
     

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年7月のまとめ
2017年6月のまとめ

宙組新人公演のその他の配役

宙組公演『神々の土地』新人公演のその他の配役が発表になりました。

主演・瑠風 輝(るかぜ ひかる)さんは既に発表済みでしたが、通常はヒロイン、二番手男役さんぐらいまでは同時に発表になりますが、今回は少し時間がかかったので気にされていたファンも多いのではないでしょうか?

鷹翔 千空(たかと ちあき)さんが前作『王妃の館』に続く抜擢で、宙組期待の若手なのかしら?と思っています。

以下が主な配役です。

新人公演 本 役
ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ 瑠風 輝 朝夏 まなと
フェリックス・ユスポフ 鷹翔 千空 真風 涼帆
大公妃イリナ(イレーネ) 夢白 あや 伶美 うらら
皇女オリガ 天瀬 はつひ 星風 まどか

【追記】2017/9/5 新人公演観劇感想

↓↓【関連記事】




瑠風 輝さんは、『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉』『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』に続き三度目の新人公演主演。

歌に定評がありますが、長身でスタイリッシュな点でもスター性が高い男役さんですね。

そして・・・

鷹翔 千空さんは101期生。

上演時には研2の若さで『エリザベート』新人公演でルドルフ、『王妃の館』でルイ14世(本役:真風涼帆)に抜擢されて話題となりました。

現在は研3となり、再び二番手・真風涼帆(まかぜすずほ)さんが演じる、フェリックス・ユスポフ役を射止めたということは快挙と言っていいでしょう。

またヒロインの一人である大公妃イリナ役(本役:伶美 うらら)を射止めた夢白 あや(ゆめしろ あや)さんは・・・

なんと今年、雪組公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』で初舞台を踏んだばかりの103期生。

宙組へ組配属されたばかりの研1さんです。

皇女オリガ役(本役:星風 まどか)は天瀬 はつひ(あませ はつひ)さん。99期生。

おそらく新人公演で大きな役を演じるのは初めてではないでしょうか。

↓↓【関連記事】




夢白 あやさんとは?

管理人・すみれ子は「夢白あやさん? そんな娘役さん宙組にいたかしら?」と思い、調べてみて初めて研1さんだと知りました。

神々の土地』は朝夏まなと(あさかまなと)さんの退団公演であり、まぁ様(朝夏)の相手役を務めた実咲凜音(みさきりおん)さんが、前作『王妃の館』を以って退団後、「特定の相手役を設けず」とされている作品です。

しかしながら・・・

公演のポスターから想像しても、伶美 うらら(れいみうらら)さん、星風まどか(ほしかぜまどか)さんがの二人がヒロイン的に、まぁ様に絡むであろうと推測される作品。

事実上は夢白あやさんは研1にして新人公演初ヒロインを射止めたと言っても過言ではないでしょう。

近年の宝塚歌劇団では・・・

2010年6~9月雪組公演『ロジェ』で、研1にして新人公演初ヒロインを演じた夢華 あみ(ゆめかあみ)さん以来の快挙です。

入団時の成績は103期生40人中、4番。

成績も優秀で可愛らしい娘役さん。

プレッシャーも大きいかもしれませんが、頑張ってほしいものですね。

↓↓夢白あやさん




すでにファンからの応援の声もありますが・・・

おめでとうございます!

新人公演に星風まどかさんも!

星風まどかさんは次期トップ娘役が決まっているので、新人公演は?

そう気になっていましたが、やはり出演されますね。

ジプシー酒場の歌手・ラッダ役(本役:瀬音 リサ)です。

実咲凜音さんもトップ娘役になって以降も新人公演に出演されていましたが、若いトップ娘役さんは経験を積む意味でも、こういう形での出演はよくありますね。

その他にも期になる配役がありますので、↓↓以下にピックアップしました。

皇后アレクサンドラ 小春乃 さよ 凛城 きら
ラスプーチン 留依 蒔世 愛月 ひかる
ジプシー酒場の歌手・ラッダ 星風 まどか 瀬音 リサ
フェリックスの婚約者・公女アリーナ 遥羽 らら 彩花 まり

男役・凛城 きら(りんじょうきら)さんが初挑戦する女役、皇后アレクサンドラに小春乃 さよ(こはるのさよ)さん。

非常に歌の上手い娘役さんなので、どういう役作りをするのか注目です。

そして・・・

宙組三番手男役・愛月 ひかる(あいづきひかる)さん演じるラスプーチンには、留依 蒔世(るいまきせ)さん。

前作『王妃の館』で新人公演初主演を果たした留依 蒔世さんですが、完全に敵役で、しかも難役なのでは?と想像されるラスプーチンは、きっと一皮むけるチャンスになるように思います。




宙組新人公演に期待

最近の宙組新人公演は、ヒロインは星風まどかさんにチャンスが多く、その間に遥羽 らら(はるは らら)さんが入ることがパターン化していました。

それが一転して、研1の夢白あやさんの抜擢で舞台の印象が大きく変わる予感がします。

また男役さんも鷹翔 千空さんは、前回の抜擢に十分応える力を発揮していたことが、二度目の二番手役決定の鍵だったことでしょう。

全く管理人・すみれ子の私的な想いですが、他組では比較的若くして新人公演などで抜擢されて、メキメキと頭角を現している若手スターがいますが、宙組では驚くような抜擢はあまりなかったように記憶しています。

今回の新人公演の配役が、真風涼帆さん時代、そしてさらに未来を示しているように感じられました。

【追記】2017/9/5 新人公演観劇感想

↓↓【関連記事】


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2017年7月のまとめ
2017年6月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする