『王妃の館』新人公演、首席活躍の宙組 ・2017/2/22

広告 自由サイズ
     

2017/2/22 ■2017年2月の宝塚ニュース■

ほぼ日刊!
宝塚にまつわる日々のニュースを配信中
■ 2017年2月のまとめ
■ 2017年1月のまとめ

宙組『王妃の館』新人公演@宝塚大劇場

宙組『王妃の館』新人公演では、留依 蒔世(るい まきせ)さんが初主演で北白川右京役を射止めましたが、宝塚大劇場では無事にその幕が下りました。
新人公演終了後に以下のように「もっと高見を目指したい」と発言している留依 蒔世さん。

すでに東京宝塚劇場での新人公演へ心を向けていらっしゃるようですね。

「点数は付けられない。判定不能です。まだまだできると思う。もっと高みを目指したい」と、東京宝塚劇場での新人公演(4月13日)に目を向けた。

(出典:スポーツ報知2017年2月21日




留依 蒔世さんは97期生で現在は研6。まもなく研7で新人公演ラスト学年をむかえます。

首席で宝塚音楽学校を卒業して、宝塚歌劇団に入団しながら、なぜこんなに主演を射止めるまでに時間がかかったのか?

これは2014年のケガでの休演期間が影響しているのかもしれません

それでも無事に舞台復帰、そして今回の新人公演主演を手にし、これからの活躍が楽しみな宙組男役さんですね。

とにかく歌唱力には定評があり、『エリザベート』新人公演では歌唱力が問われるフランツを演じた経験もあり、本公演でも活躍の場を広げています。

「役作りをもっと深く掘り下げないと、コメディーは難しい。主演の重さも感じました」。

(出典:スポーツ報知2017年2月21日

コメディー作品だからこその難しさ(これは本役の朝夏まなとさんも語ってうますね)があったかもしれませんが、本役さんとは違うギャグで拍手を受けるとは、なかなか大物です。

↓↓【関連記事】




一方、ヒロインを演じた遙羽 らら(はるは らら)さんは、留依蒔世さんの1期下の98期生。

新人公演のヒロイン経験は昨年(2016年)の「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~」以来の2度目。

「緊張に勝てるぐらいの自信が足らなかった」と反省をふまえながら、東京公演を見据えていらっしゃいます。

↓↓【関連記事】




最近、新人公演を観劇できる機会が減っている管理人・すみれ子ですが(新人公演はやっぱりチケット難傾向が強いので)、新人公演ならではの独特の緊張感が舞台にも客席にもありますが、観劇されたファンの皆さんに『王妃の館』新人公演が好評だった様子が伝わってきますね。

101期生で現在まだ研2でありながら、二番手男役スター・真風 涼帆(まか すずほ)さん演じるルイ14世役に抜擢された鷹翔 千空(たかと ちあき)さん。

若さ故にどんな舞台だったのだろう?と思いきや、鷹翔千空さんもさすが宝塚音楽学校首席卒業で歌劇団首席入団だけあって落ち着きのある舞台だったそうです。

つい10年ぐらい前まで宝塚のジンクスのひとつとしてささやかれていた

「首席入団者はトップになれない」

これはもはや過去の出来事?

新人公演講評の中に鷹翔千空さんの歌唱力を「見事」と評した記事もありました。

堂々とした立ち居振る舞いで、歌唱も見事にこなした。

(出典:日刊スポーツ 2017年2月21日

楽しみな若手スターがまた誕生する宙組新人公演だったようです。




↓↓【関連記事】

現代のパリに現れるルイ14世は、従者と共に異種類の空気感をまとい難役ですが、観劇したファンからも好演だった様子が伝わってきます。

↓↓【関連記事】本公演感想


宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに

時々OGさんの話題も交えながら

ほぼ日刊最新情報を更新中です。
■ 2017年2月のまとめ
■ 2017年1月まとめ 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする