カラオケバトルで活躍する6人の宝塚OGの略歴とカラオケの成績

広告 自由サイズ
     

宝塚出身のOGの方は舞台女優に転身したり、映画やTVドラマなどに活躍の場を広げる方もいますが、歌がとても上手い! 歌がとても好き! そんな理由で歌手活動をされる方も少なくありません。

歌の巧さを競うTV番組THE カラオケバトルにも歌の上手い元・タカラジェンヌが登場し、その活躍が目に止まっています。

そんな歌うまなOGジェンヌさんを紹介していきます。

THE カラオケ★バトルとは

堺正章がオーナー務める日本一ゴージャスなカラオケボックスに、各界一流の歌のプロたちや、全国の歌うまシンガーたちが集結。カラオケマシンの採点で自慢の歌声を競い合う、まさに『歌の格闘技』ともいえる番組です。

(出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/)

カラオケバトルは、2006年にスタートした元祖カラオケ採点番組ですが、歌に合わせてモニターに表示された正しい音程と実際歌った音程の誤差までビジュアルに表示されたり、見ていてもヒヤヒヤドキドキ。ビブラートなども拾う高機能の採点マシンにも驚きです。

そして出場者の特典も90点以上は当たり前? ほとんど0.1ポイント差、時には0.01ポイントぐらいで競っているハイレベルな内容です。




AKANE LIV(神月茜)

AKANE LIV (神月茜)略歴

宝塚在団中の芸名は、神月茜(かみづき あかね)

1997年に宝塚音楽学校に入学。1999年に宝塚歌劇団入団、85期生。首席入団。雪組に配属。2004年に「スサノオ -創国の魁-/タカラヅカ・グローリー!」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

同期生に柚希礼音。

退団後の2004年にイギリスに留学。

2005年にポーランドでソロリサイタルを開催。

2009年、シンフォニックメタルプロジェクト・LIV MOONを結成、ロック歌手として活動。抜群の容姿を活かしてモデルとしても活躍、ミュージカルにも出演。

akane-liv_141022_artist
(出典:http://diskunion.net/)




管理人・すみれ子も2012年の「CHESS in concert」を聴きに行きましたが、素晴らしい、またダイナミックな歌声に惚れ惚れとしたことを覚えています。

AKANE LIV (神月茜)のエピソード

もともと高音域を得意としたそうですが、宝塚在団中に男役をするう地に低音まで音域が広がり、「4オクターブの美神と言われたそうです。

宝塚退団の理由は宝塚音楽学校卒業公演の稽古中に膝を負傷し、そのまま活動していたが、手術を受けて療養中に海外ミュージカルを観劇、それに衝撃を受けたことが引き金となったそうです。

AKANE LIVのカラオケバトル出演歴

カラオケバトルへは、2016年8月31日 【SP最強女子ボーカリストNo.1決定戦4】に出演されています。

↓↓50分頃にAKANE LIVさん登場!

ギャラリー参加の真琴つばさ(まことつばさ)さんとのトーク、競争相手の下級生であるRiRiKAの対決が面白いですが、どちらも素晴らしい歌唱力の持ち主でした。




AKANE LIV (神月茜)のブライベート

ポーランド系スウェーデン人の父と、韓国系日本人の母の元、スウェーデン イェーテボリで誕生。

↓↓LIV MOON/BLACK RUBY (LIVE)

↓↓ 2.羽咲 まな / RiRiKA

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする