瑠風輝バウ初主演作決定!フィッツジェラルド作『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』

2019年3月
スポンサーリンク

宙組・宝塚バウホール公演『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』の発表がありました。

主演は瑠風輝(るかぜひかる)さん!

バウ初主演です。

この記事では宝塚バウ初主演を射止めた瑠風輝さん、そして上演作品『リッツ・ホテルくらいに・・・』をご紹介します。

 

●ここがポイント
瑠風輝さんとは?
『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』とは?
瑠風輝バウ初主演で見える今後の宙組事情
全国ツアーも気になる宙組

 

 

瑠風輝さんとは?

瑠風輝さんは2012年初舞台の98期生。

今年、研8。

これまでに

  • 『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』
  • 『エリザベート』
  • 『神々の土地』
  • 『異人たちのルネサンス』3度の新人公演主演を経験。

4度の新人公演主演を経験、宙組の若手ホープですね。

宝塚バウホール主演は同期生(男役)の中では、月組・暁千星(あかつきちせい)さんに次いで2番目です。

 

↓↓【関連記事】瑠風輝のプロフィールや舞台略歴はコチラ

瑠風 輝・バウ主演決定!本名、年齢、成績、新公主演4回の98期スターは?
※ この記事は2018年4月に執筆した記事を、2019年3月26日に加筆・修正しました。 その点をご了承の上、お読みください。 宙組で今や主要な男役のひとりとなった瑠風 輝(るかぜ ひかる)さん。 ...

 

 

スポンサーリンク

 

 

瑠風輝バウ初主演作『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』とは?

原作 「The Diamond as Big as the Ritz」
原作者 F・スコット・フィッツジェラルド
作・演出 木村 信司
公演日程 2019年9月5日(木)~9月16日(月)

宝塚でフィッツジェラルドの小説を舞台化した作品とえいば『華麗なるギャツビー』が一番に頭に浮かびます。

フィッツジェラルドは自分の経験をもとに小説を書くタイプと言われていますが、この『The Diamond as Big as the Ritz(リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド)』はフィクション。

主人公・ジョンが進学した学校はお金持ちばかり集まる学校。

そこで出会ったパーシーの家に遊びに行くと彼の家は大金持ちで、リッツ・カールトンホテルぐらい大きなダイヤモンド原石でできている・・・とびっくり仰天な設定です。

ジョンはパーシーの妹・キスミンと恋に落ちるのですが・・・。

と大まかなあらすじだけでも、

・パーシー役は誰?

・キスミンがヒロインなのだろう?

いろいろ想像してしまうのが、宝塚ファンですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

瑠風輝・バウ主演で見える宙組事情の今後

宙組は宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演『オーシャンズ11』で

  • 純矢ちとせ(じゅんやちとせ)さん
  • 澄輝さやと(すみきさやと)さん
  • 蒼羽りく(そらはねりく)さん

といった上級生のスターを含む、7名の退団が発表されています。

発表当日はファンにとっては激震に近いものがありましたが、時にそれは世代交代にはいったことを感じさせられたものです。

宙組では

  • 桜木みなと(さくらぎみなと)さん  95期生
  • 和希そら(かずきそら)さん  96期生

などに続く、若手主演が瑠風輝さん。

長身で伸びやかな歌声、これまでの新人公演主演で発揮してきた実力から考えると、順当にバウ主演を射止めた印象です。

ここからいわゆる「番手をあげていくスター」と成長していくのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

 

全国ツアーも気になる宙組

瑠風輝さん主演の宝塚バウホール公演。

これとは別に予定されているのは全国ツアー公演ですね。

もちろんこちらのチームはトップスター・真風涼帆(まかぜすずほ)さん&トップ娘役・星風まどか(ほしかぜまどか)さん主演が有力です。

(まぁ、『オーシャンズ11』が大劇場作品3作目であり、若いトップコンビなのでここで二番手が全ツ主演 ⇒ えっ?次期トップスターは◯◯さん?騒動にはならないでしょうから)

前作『異人たちのルネサンス』で新人公演を卒業。

もう「若手」という枠からも中堅スターとしての活躍を求められる学年となった瑠風輝さん。

男役8年目の活躍も目が離せませんね。

↓↓【関連記事】瑠風輝さんの98期生に関する記事もどうぞ!

98期路線スター達はだれ?トップになるのは首席入団のあの人?
昨年、今年と新人公演の主演、二番手スター役を射止める機会の多い98期生。 宝塚音楽学校に2010年に入学。 宝塚歌劇団に2012年宙組公演『華やかなりし日々』『クライマックス-Cry‐Max-』で初舞台を踏みました。 この...

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019年3月宙組
スポンサーリンク
すみれ子をフォローする
スポンサーリンク
すみれ子の宝塚百科辞典
タイトルとURLをコピーしました