星組『霧深きエルベのほとり』再演、歴代スターの退団作の上演って退団フラグなの?【速報】

宝塚にまつわる速報ニュースを配信中

宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年5月のまとめ
2018年6月のまとめ

星組で『霧深きエルベのほとり』の上演が発表されました!

何度も再演を重ねてきた、菊田一夫氏作の宝塚の名作です。

そして・・・

潤色・演出が上田 久美子氏。

公演日程は・・・

■宝塚大劇場:2019年1月1日(火)~2月4日(月)
■東京宝塚劇場:2019年2月15日(金)~3月24日(日)

この記事では名作『霧深きエルベのほとり』の星組での再演についてまとめていきます。

スポンサーリンク

『霧深きエルベのほとり』の初演っていつなの?

『霧深きエルベのほとり』と菊田一夫

『霧深き(きりふかき)エルベのほとり』は1963年に宝塚大劇場で初演されました。

何と今から半世紀以上前の作品です。

作・演出家の菊田一夫氏は、劇作家・作詞家として数々の素晴らしい舞台や映画の脚本を残した人物です。

その菊田一夫が宝塚のために書き下ろした作品の一つが『霧深きエルベのほとり』

菊田一夫演劇賞

そんな名前の賞があること、宝塚ファンの方は耳にされたことはあるかもしれません。

最近では宝塚に限定すると

2008年 「スカーレット・ピンパーネル」スタッフ・出演者一同 高い舞台成果
2009年 小池修一郎「エリザベート-愛と死の輪舞-」「太王四神記 Ver.II」「カサブランカ」
2014年 宝塚歌劇団宝塚歌劇100周年の一連の舞台の成果

以上が、菊田一夫演劇賞を受賞しています。

この演劇賞は東宝が設けていますが、劇作家・菊田一夫の名前を掲げているのは、彼の功績を記念してのこと。

そんな高名な劇作家さんの作品です。

スポンサーリンク

『霧深きエルベのほとり』のあらすじと主な役

『霧深きエルベのほとり』の主な登場人物とあらすじ

「エルベのほとり」からわかるように、ドイツにあるエルベ川添いの街が舞台となっています。

船乗りのカール

自由になりたくて家出してきた令嬢マルギット

そしてマルギットの婚約者フロリアン

マルギットの妹で、フロリアンを慕っているシュザンヌ

以上が主な登場人物です。

まぁ、三角関係(四角関係?)、身分違いの恋という、宝塚作品としてセオリーが成り立っている名作と言えるでしょう。

『霧深きエルベのほとり』の初演からの配役

カール マルギット フロリアン シュザンヌ
1963年月組 内重のぼる 淀かほる
1967年月組 内重のぼる 八汐路まり 古城都 日夏悠理
1973年月組 古城都 初風諄 大滝子/榛名由梨 麗美花
1983年花組 順みつき 若葉ひろみ

空白部分は不明)

初演と初の再演で主役を演じた内重のぼる(うちのえのぼる)さんは、マル・サチ・オソノと呼ばれ当時宝塚では絶大な人気を誇った3人のスターの一人「サチ」。

「マル」こと那智わたる(なちわたる)さん、「オソノ」こと藤里美保(ふじさと みほ)さんとともに一時代を築いたといえますね。

スポンサーリンク

↓↓内重のぼるさん

(出典:http://www.soundfinder.jp/

上の内重のぼるさんのレコードジャケットです。

今は舞台楽曲をデータで販売したり、映像としてDVD、ブルーレイなどで販売している宝塚。

その当時はスターのレコードが販売されていました。

時代を感じてしまいますね。

スポンサーリンク

『霧深きエルベのほとり』の演出家の変遷

初演は菊田一夫氏が脚本だけでなく演出もされていました。

1967年の再演では菊田氏に加えて、宝塚にショーの名作『ノバ・ボサ・ノバ』の生みの親である鴨川清作氏も演出に加わっています。

しかし菊田先生は1973年4月に他界。

1973年5月からの月組公演は菊田先生を追悼するサブタイトル「菊田一夫先生に捧げるミュージカル・ロマンス」が付いての上演。

演出は鴨川先生でした。

次の再演となった1983年花組公演は、これもまた今でも上演される名作を生んでいる、柴田侑宏氏による潤色・演出でした。

2019年版となる星組公演『霧深きエルベのほとり』も上田久美子氏の潤色・演出が発表されています。

いかに名作といえども、半世紀以上前の作品をそのまま今上演すると、時代背景も含めてただの古いだけの作品となってしまうでよう。

そういう点を今の観客の心に訴えかけることができるように、作り上げるのが潤色する作家さんの腕の見せ所。

心に染み入るような世界感を繰り広げてきた作・演出家の上田久美子先生ならば、そういう機体に応えてくれる作品作りをしてくださるような予感がしています。

スポンサーリンク

『霧深きエルベのほとり』って紅ゆずるの退団フラグ?

星組公演のラインアップとして『霧深きエルベのほとり』が発表されて、管理人・すみれ子の頭に浮かんだのは、これって退団作品か

ということでした。

1967年月組公演は、初演に続き二度目の主演を務めた、内重のぼるさんの退団公演でした。

そして、1983年花組公演もまた「『霧深きエルベのほとり』のカールを演じたい」と言っていた順みつきさんの初の単独トップ公演であり、また退団公演でした。

紅ゆずるさんは、今年、台湾公演を控えていらっしゃいます。

それまでに退団されることがない。

つまりその次は・・・?

そう考えたことがありましたが、まさにその次が『霧深きエルベのほとり』なのです。

↓↓1983年花組『霧深きエルベのほとり』 順みつき

↑↑20年前でも古さを感じますね。上田先生による「今っぽさ」に期待!!

スポンサーリンク

紅ゆずるさんの退団作品だとすると・・・

現在、星組さんは東京宝塚劇場公演『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge(キラー ルージュ)』を控えてお稽古中でしょうか?

もし『霧深きエルベのほとり』が星組トップスター・紅ゆずるさんの退団公演だとすると、最近の例から考えて、東京公演の前に退団発表があるような???

うーん・・・

前宙組トップスター・朝夏まなと(あさかまなと)さんの場合は、宝塚大劇場公演の千秋楽の翌日でしたね。(『王妃の館』『VIVA FESTA!!の)

前雪組トップスター・早霧せいな(さぎりせいな)さんは・・・、退団作前の『ケイレブハント』大劇場千秋楽から東京公演の間。

すみれ子と同じことを考えている方達もいらっしゃるようですが、気になりますよね。

退団公演の一作品前の、大劇場千秋楽から東京公演初日までの間に退団発表!

そんな例が増えていますから、このパターン通りになるとすると、東京での舞台稽古が始まる来週中に退団発表???

うーん、すみれ子は紅さんに早く退団して欲しいとは思っていません。

たとえ音楽学校時代に劣等生でもユーモアセンスにかけてはピカイチの紅ゆずるの作る舞台は、好きですから。

しかし、年齢、体力的なことを考えるとそろそろか?

そして『霧深きエルベのほとり』だものね・・・

などと考えてしまうのでした。

↓↓【関連記事】

紅ゆずる、星組トップの成績、人気、実家は?
星組東京宝塚劇場公演『桜花に舞え』千秋楽が明けて、いよいよ2016年11月21日から紅ゆずるトップの時代が始まります。 新トップ・紅 ...

紅ゆずる・星組宝塚歌劇台湾公演決定発表の意味?&上演作品、出演者、台湾観劇の方法!【追記】
紅ゆずる(くれないゆずる)さん率いる、星組40名の台湾公演が発表されました。 台湾公演予定は 【台北公演】 2018年10月20...


宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年5月のまとめ
2018年6月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする