新人公演学年別主演ヒロイン一覧・81期生から90期生、ラストチャンス主演からヒロイン7回!

スポンサーリンク

86期生新人公演主演&ヒロイン経験者

  • 2000年初舞台/花組『あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ』
  • 首席入団:彩海早矢

↓↓星条海斗さん、『暁のローマ』新人公演

生徒名 入団成績 上演年・作品名 その後
和涼華(かずりょうか) 2
  • 2005年『炎に口づけを』(宙組)
  • 2006年『愛するには短すぎる』(星組)
元男役スター(2009年退団)
望月理世(もちづきりせ) 6 2006年『ファントム』 元男役スター(2009年退団)
陽月 華(ひづきはな) 9
  • 2003年『王家に捧ぐ歌』
  • 2004年『1914/愛』
  • 2004年『花舞う長安』
  • 2006年『ベルサイユのばら』
  • 2006年『愛するには短すぎる』

※すべて星組公演

元宙組トップ娘役(2009年退団)
城咲あい(しろさきあい) 11
  • 2002年『ガイズ&ドールズ』
  • 2003年『薔薇の封印』
  • 2004年『飛鳥夕映え』
  • 2005年『JAZZYな妖精たち』
元娘役スター(2009年退団)
星条海斗(せいじょうかいと) 17 2006年『暁のローマ』(月組) 男役スター(2018年退団予定)
凰稀かなめ(おうきかなめ) 20
  • 2005年『霧のミラノ』(雪組)
  • 2006年『堕天使の涙』(雪組)
元宙組トップスター(2015年退団)

組名は男役(主演)、組名は娘役(ヒロイン)

合計6名

86期生は4名の男役、2名の娘役がそれぞれ新人公演の主演、ヒロインを務めています。

スポンサーリンク

娘役さんでは陽月 華(ひづきはな)さんが5回、そして宙組でトップ娘役に!

↓↓宝塚時代の陽月華さん


(出典:https://www.suruga-ya.jp/

城咲あい(しろさきあい)さんも4回、ヒロインを務めてながらも退団。

芸能活動をされた後にバレエダンサーの伊坂文月氏とご結婚されています。

男役さんでは凰稀かなめさんが雪組、星組と組み替えの後に、宙組でトップスターになられました。

スポンサーリンク

↓↓宝塚時代『ベルサイユのばら』オスカルの凰稀かなめさん


小顔でスタイル抜群の男役さんでしたね。

退団後は女優として舞台に出演。『1789』ではマリー・アントワネットを演じ好評を博しています。

↓↓ 7. 87期生新人公演主演&ヒロイン経験者

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    博多なう。

    昨日は観光をして、今日は観劇して帰るだけです。

    美弥さんのトップはどうでしょう。

    すみれ子さんは美弥さんより、凪七押し?

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      博多座楽しんできてくださいね。

      えーーっと

      >美弥さんのトップはどうでしょう。

      これね、私は悲しくて仕方ないですが、美弥さんも凪七さんにもないかも?なんて思う昨今です。
      どうなるかなぁ? いつか記事を書こうかしら?