一之瀬航季の本名、年齢、成績は?新公二番手役、本公演では代役もこなす100期花男!

スポンサーリンク

一之瀬航季(いちのせこうき)さんは、100期生の花組の男役です。

芝居に歌に、容姿に…と注目されていた男役さんです。

その一之瀬航季さん!

花組公演「MESSIAH(メサイア)ー異聞・天草四郎ー』新人公演で、花組二番手スター・柚香光(ゆずかれい)さんの役・山田右衛門作を演じることが決まりました。

「一ノ瀬航季さんってどんな生徒さん?」とさらなる脚光を浴びています。

はなこちゃん💝 お誕生日おめでとうございます🎉🎁🎊🎂 #一之瀬航季 様 #花組 #100期生

enjoy mayuさん(@enjoy5mayu)がシェアした投稿 –

この記事ではそんな一ノ瀬航季さんのプロフィールや舞台略歴をご紹介していきます。

スポンサーリンク

一ノ瀬 航季のプロフィール

一之瀬 航季(いちのせこうき)
宝塚音楽学校入学 2012年4月
宝塚歌劇入団 2014年3月
入団期 100期生
入団時席次 39人中25番
初舞台 月組「宝塚をどり」
出身地 千葉県松戸市
出身校 県立柏中央高校
身長 173㎝
誕生日 3月15日
芸名の由来 多くの人物からの知恵より名付けた
血液型 B型
愛称 はなこ、ぶっちゃん
家族
本名 石川花子

※ 一之瀬 航季さんは高校へ進学され、1年2修了、2年修了、高校卒業はわかりませんので、1993年から1995年生まれと推測されます。

一之瀬航季さんは幼少時代は寄り道が大好きで、学校に遅刻したり家に帰ってこなかったりする自由奔放な子どもだったそうです。

子供の頃から楽しいことが好きで、舞台人になるためにのびのびと育ったのでしょうね…

高校生の時に宝塚歌劇にハマり、宝塚音楽学校を受験。

音楽学校受験の3次試験の合格発表の日には、花のみちの桜の木に激突したエピソードがあるそうです。

一之瀬航季さんは、少しおっちょこちょいでお茶目なところがあるのかもしれません。

スポンサーリンク

一之瀬航季さんは、2014年3月、第100期生として宝塚歌劇団に成績25番で入団。

月組「宝塚をどり」で初舞台を踏みました。

同期生には

  • 宙組トップ娘役・星風まどか(ほしかぜまどか)さん
  • 花組男役・聖乃あすか(せいのあすか)さん
  • 月組男役・風間柚乃(かざまゆの)さん
  • 星組男役・極美慎(きわみしん)さん
  • 花組娘役・音くり寿(おとくりす)さん
  • 花組娘役・華優希(はなゆうき)さん
  • 宙組娘役・天彩峰里(あまいろみねり)さん

などがいらっしゃいます。

このトップ娘役になった星風まどかさんも含めて、上記6人の皆さんは研究科5年目にして新人公演の主演を飾っています。

星風まどかさんが研究科4年目にしてトップ娘役に就任。

また花組では音くり寿さんと華優希さんが次期トップ娘役の候補だと噂されています。

100期生は宝塚歌劇創立100周年記念の際の初舞台生なので、宝塚歌劇団からも入団当初から期待されていたのではないでしょうか。

美形が多いだけでなく、実力の高い方も多く揃っていて人材豊富な期ですね。

中卒の同期が多い中、高校に進学している一之瀬航季さんは同期の中ではお兄さん的な存在なのではないかと思います。

一之瀬航季さんは、ご家族には妹さんもいらっしゃるそうです。面倒見がいいムードメーカーなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

一之瀬航季さんは、初舞台後に組回りで星組後、花組に配属されます。

同期が美形揃いでライバルが多い中、一之瀬航季さんは入団1年目から173㎝の高身長で端正な容姿で注目を集めました。

入待ちでファンが一之瀬 航季さんに一目ぼれしてかっこいいと思うのは、すごいことですよね!

スポンサーリンク

一之瀬航季さんは、昔から綺麗ですね!

これまでの新人公演でも芝居に欠かせない貫禄のある役を任されてきた一之瀬航季さん。

全国ツアーでは上級生の娘役と夫婦の役を演じたりなど、着々とキャリアを積んできました。

そして現在、一之瀬航季さんは将来のスター候補のような存在として活躍されています。

↓↓2.これまでどんな作品に出演したの???

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする