月組・新トップ珠城りょう『グランドホテル』観劇感想@大劇場

月組

美弥るりかのオットー

初演ではオットーをメインにした作品でした。

涼風真世(すずかぜまよ)さんの大ファンだった美弥 るりか(みやるりか)さんは、

この配役に嬉しい半面、尊敬する先輩・涼風さんの退団公演の役を自分が演じることに

非常に戸惑いもあったそうです。

 

↓↓オットーの美弥 るりかさん

(出典:https://twitter.com/

 

美しく、独特の魅力を放つ美弥 るりかさんが、

病んで死を目前にし、

「死ぬこと」を思い悩んでグランドホテルを訪れるのですが、

そこには本当にヨレヨレにくたびれた病んだ人が立っていました。
未来へ期待など持てず、

マイナー思考の渦の中で何の希望も見出せずにいたオットーは

フェリックスの出会いによって、人生の希望を見出し、

明るい未来へと向かってグランドホテルをチェックアウトします。

 

オットーの存在は

今、悲劇的な心情にある人にとって

「人にはどんな時も明るい未来を描ける」かもしれない

希望を与えてくれるようでした。

 




 

↓↓【関連記事】

 

海乃 美月のフラムシェン

フラムシェンは早乙女わかば(さおとめわかば)さんと海乃 美月(うみの みつき)さんの役替わり。

私の観劇時は海乃 美月ヴァージョンでした。

 

タイピストという仕事をしていますが、

できれば簡単にたくさん稼ぎたい願望があるのでしょう。

プライジングの誘いに乗って、タイピストとしてアメリカに同行する話に乗ってしまいます。

 

いや・・・

そんなタイピストとしてだけでそんなうまい話はあるまい、と思っていたら

案の定のプライジングの下心に逃げようとするのですが

少々、頭の軽いギャル風な女の子でした。

 

わかばちゃん(早乙女)のバージョンを観ていないので比較はできませんが、

大人っぽい雰囲気がある人だから、

ほどほど大人がそんな馬鹿な話に乗ってしまう?と

疑問を感じてしまうところがありました。

 

↓↓4. 暁 千星ラファエラ / 朝美絢のエリック/ 華形ひかるのプライジング

夏美ようのオッテルンシュラーグ / 夏月 都のマダム・ピーピー

タイトルとURLをコピーしました