観劇レポ

観劇レポ

雪組『Music Revolution!』観劇感想レポ

今回の雪組公演。 お芝居の『壬生義士伝』が切なく、哀しく、胸にずーーんと来る作品だけに、これで帰路につくのは心が重すぎる・・・なのですが、ここで宝塚のエンタメ力最強のショーがあって「観劇楽しかった!」と思えるの実に良い! 『壬生...
観劇レポ

宝塚雪組『壬生義士伝』観劇感想、作品の魅力は?

雪組大劇場公演『壬生義士伝(みぶぎしでん)』を観劇しました。 原作は浅田次郎氏による歴史小説。 前回、宝塚で上演された浅田次郎氏の作品『王妃の館』がコメディー作品だったのとは真逆に人間の息吹を感じる小説です。 2002年に...
月組

月組『夢現無双/クルンテープ 天使の都』観劇感想レポと美弥るりか

月組公演『夢現無双 / クルンテープ』を観劇してきました。 この公演は月組トップスター・珠城りょう(たまきりょう)さんが、新たな相手役として美園さくら(みそのさくら)さんを迎えた本拠地での新コンビお披露目公演。 これはおめでたい...
宝塚コラム

愛月ひかる出演!宝塚巴里祭2019、巴里祭って何?歴代出演&魅力と詳細に迫る!

※ この記事は2018年5月に公開した「宝塚巴里祭2018、ポスター画像解禁!宝塚巴里祭って…?歴代出演、魅力と詳細に迫る!」を加筆修正、2019年3月25日に公開しました。 なお、巴里祭2018の観劇感想 は「>>宝...
宝塚コラム

花組『CASANOVA』観劇感想、明日海&仙名トップコンビラスト作

2019年3月11日、宝塚大劇場を卒業する仙名彩世(せんなあやせ)さん。 新人公演ヒロインの経験なく、研9という学年で花組トップ娘役に就任が決まった時、歌に芝居に秀で、努力を重ねてきた娘役が花を咲かせた!と大いに沸き立ちました...
観劇レポ

105期生宝塚音楽学校文化祭、松岡恵さん、観劇感想そして内容は?

今年、宙組公演『オーシャンズ11』(2019年4月19日- 5月27日)で初舞台を踏む宝塚音楽学校105期生。 その105期生にとっては卒業公演にあたる宝塚音楽学校の文化祭が今日から3日間、宝塚バウホールで開催されています。 歌...
星組

星組・霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS観劇感想レポ!

2018年の幕開きを飾る作品となった『霧深きエルベのほとり』。 菊田一夫先生という昭和の大御所の脚本で大ヒット作の再々演です。 演出は、現在の新進気鋭・上田久美子先生が担当することになり、『霧深きエルベのほとり』再演発表...
宝塚コラム

上田久美子・宝塚演出家の講演感想、年歴、経歴も探る!天才と呼ばれる所以を見た!

10月23日、宙組の新人公演と同じ日・同じ時間に、宝塚歌劇団の天才若手演出家・上田久美子先生の講演会が京都大学で行われました。 京都大学未来フォーラム(第72回)パンとサーカスの危ない時代に ↓見...
宙組

宙組『白鷺の城/異人たちのルネサンス』観劇感想レポ!by路線ノル香

現在、宝塚大劇場にて公演中の宙組『白鷺の城/異人たちのルネサンス』。 宙組という組が誕生してからは初めての本格的な和モノショー。 白塗りの宙組生…?と、ちょっと想像しづらい部分もありましたし、どうやら普通の和モノショーと...
星組

星組『Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge』観劇感想、ビジュアル最高の台湾公演作品

星組・梅田芸術劇場メインホール公演『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)』『Killer Rouge/星秀☆煌紅』(アメイジングスター☆キラールージュ)。 ...
タイトルとURLをコピーしました