菜々野あり・本名、年齢、成績は?エリザベート新公少年ルドルフのキュートな娘役!

スポンサーリンク

月組の若手娘役、菜々野あり(ななのあり)さん。

☺︎︎さん(@___arik07)がシェアした投稿

2018年現在で研3ということで、まだお名前をご存知ない方のほうが多いかもしれません。

大人気公演『エリザベート』の新人公演にて少年ルドルフを演じることが決まり、その実力のほどに注目が集まっています。

菜々野ありさんとはどんな娘役さんなのか、詳しくお伝えしていきましょう。

菜々野ありさんのプロフィール

菜々野あり(ななのあり)
宝塚音楽学校入学 2014年4月
宝塚歌劇入団 2016年3月
入団期 102期生
入団時席次 9番/39名中
初舞台 星組公演『こうもり/ THE ENTERTAINER!』
出身地 高知県高知市
出身校 土佐女子中学高等学校
身長 160㎝
誕生日 1995年5月9日
芸名の由来 家族で考えた
血液型
愛称 こあり、ななあり
家族
本名 河合夏子

スポンサーリンク

高知県ご出身の地方ジェンヌである菜々野ありさん。

中学卒業時から音楽学校を受験し続け、4度めのラストチャンスでついに合格を果たします。

中高一貫の女子校に通っていらっしゃることから、タカラジェンヌに多い、割と裕福なご家庭だと思われます。

3歳からクラシックバレエを習っていたそうですが、一般家庭ではなかなかそのような環境は多くないですよね(;^ω^)

高知では有名な老舗バレエ教室だそうです。

音楽学校の卒業式でモダンダンスの賞をもらっているそうなので、バレエ以外のダンスの才能もおありなんですね。

個人プロフィールをこうしてじっくり見るときにいつも感じることなんですが、受験に3度も不合格になっているのに成績は9番なんですよね。

決して能力が低かったわけではないのに3度も落ちてしまうなんて…

宝塚音楽学校の合格基準や、入団後の活躍と成績の関連というのは本当にわからないものです。

↓↓2.102期生といえばあの人!まるでデートのような入り写真…!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする