元宝塚トップスター柚希礼音・本名、年齢、成績から退団後の活躍を解説!

OG

この記事は2016年12月に執筆した記事をもとに2019年9月に加筆修正しました。

2015年5月10日に宝塚を退団した柚希礼音(ゆずきれおん)さん

宝塚105年の歴史の中のレジェンドとも言われ、6年間星組トップスターとして宝塚を牽引してきたスターにはたくさんの伝説や秘話がありました。

この記事では元星組トップスター・柚希礼音さんのプロフィールや舞台略歴などをご紹介していきます。

 

\この記事の主な内容は!/

  • 柚希礼音のプロフィール
  • 柚希礼音の舞台略歴
  • 柚希礼音の在団中の武道館ライブ
  • 柚希礼音の宝塚卒業に12,000人のファンが集結
  • 柚希礼音はキスの名人
  • 柚希礼音の退団理由

 

↓↓宝塚現役時代の柚希礼音さん

星組 初日映像 『ロミオとジュリエット』 (2013)

 

ミュージカル『ロミオとジュリエット』でロミオ役を演じているのが柚希礼音さん。(ジュリエットは夢咲ねねさん)

 

フランスで初演されたミュージカル『ロミオとジュリエット』の日本上演は宝塚歌劇団星組でした。その時の主役のロミオを演じたのが柚希礼音さん。
宝塚ではその後も再演されるヒット作品となりましたが、その後当方ミュージカルでもヒット!城田優さんをはじめとする日本ミュージカル界のスター達がロミオを演じています。

 

スポンサーリンク

柚希礼音のプロフィール

柚希 礼音(ゆずき れおん)
生年月日 1979年6月11日(大阪市福島区で誕生)
出身校高校 四天王寺高等学校
宝塚音楽学校入学 1997年宝塚音楽学校入学
宝塚歌劇入団 1999年宝塚音楽学校卒業→宝塚歌劇団入団
入団期  85期生
入団時席次  2/40人中
初舞台  雪組公演『ノバ・ボサ・ノバ』
身長  172cm
血液型  B 型
芸名の由来  「れおん」は上級生にない名前から響きで決めた
愛称  ちえ
本名  金山千恵(かなやまちえ)
家族 両親、4歳上の兄

 

柚希礼音さんはバレリーナを目指し、海外留学を考えたていたところバレリーナとしては身長が伸びすぎたそうです。

バレエ教室の先生から宝塚を進められ、宝塚音楽学校受験に至ったというエピソードはファンの間では有名です。

初観劇は1997年2月、真矢 みき(まや みき)さんトップ時代の、花組大劇場公演『失われた楽園/サザンクロス・レビュー』。

 

宝塚歌劇団入団時は40人中、2番という成績で、ダンスの上手さから早くから注目される人でした。

 

スポンサーリンク

 

柚希礼音の宝塚歌劇団在籍中の略歴

1999年 雪組『ノバ・ボサ・ノバ』で初舞台
2000年 最下級生でドイツ・ベルリン公演『宝塚 雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ』に選抜メンバーとして参加
2001年 『ベルサイユのばら2001』の新人公演アンドレ役に抜擢
2003年 『王家に捧ぐ歌』で新人公演初主演、以降連続5回新人公演主演。
2007年 安蘭けい時代の星組2番手スターに昇格
2009年4月 星組トップスターに就任。お披露目公演は『大王四神記ver.Ⅱ』
2013年 宝塚歌劇団の台湾公演に参加
2014年 宝塚歌劇100周年の幕開けとなった『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』主演
2014年11月 日本武道館にて『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』
2015年5月10日 『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団※。

 

記載以外にも『THE SCARLET PIMPERNEL』『ロミオとジュリエット』雪組公演『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』など多数の作品に出演。

 

通常はトップ就任期間は2〜3年ですが、ちえさん(柚希)は6年の長きにわたってトップスターを務
めました。

 

↓↓ 2.日本武道館ライブ / 退団に12,000人殺到 / キスの名人?

タイトルとURLをコピーしました