宙組『白鷺の城/異人たちのルネサンス』初日速報レポ!星風まどか休演の影響は?!

スポンサーリンク

宝塚にまつわる速報ニュースを配信中

宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年9月のまとめ
2018年10月のまとめ

宝塚大劇場でまた新たな作品が初日を開けました!

ショー・お芝居ともに書き下ろしの新作ということもあり、「どんな作品なの?!」という期待感が高まっていました。

特に、宙組誕生後、初となる和モノショー。

宙組生たちの、見慣れない和化粧や日舞などのお点前が非常に気になります!

そしてこの作品を最後に退団されてゆく生徒さんたちの様子…。

さらに、星風まどか(ほしかぜまどか)さんの部分休演という大きなニュースも飛び込んできました。

代役を務める夢白あや(ゆめしろあや)さんの様子も非常に気になります。。

初日の様子をご覧になった皆さんの声と共に、詳しくレポートしていきたいと思います!

『白鷺の城/異人たちのルネサンス』お稽古場の様子

まずは、お稽古場の様子から見てみましょう。

View this post on Instagram

acc__ぐらむ.さん(@acc__682)がシェアした投稿

スポンサーリンク

View this post on Instagram

acc__ぐらむ.さん(@acc__682)がシェアした投稿

View this post on Instagram

acc__ぐらむ.さん(@acc__682)がシェアした投稿

View this post on Instagram

acc__ぐらむ.さん(@acc__682)がシェアした投稿

スポンサーリンク

真風涼帆(まかぜすずほ)さんの着物姿はなぜこんなに色っぽいのでしょうね…。

過去にご自身の写真集でも着物姿の写真が収められていましたが…

とんでもない色気があります(+o+)

しかし、本番用のお化粧をして衣装を着るとまたまったく違うものになりますので、それがどう出るか…。

とはいえ、真風さんと芹香斗亜(せりかとあ)さんは他の宙組生よりはずっと和モノの経験がおありですので、安心安心。

純矢ちさと(じゅんやちさと)さんも日舞の名取ですし、純矢さんも凛城きら(りんじょうきら)さんも雪組出身ですから、その4名が中心となって和モノ化粧を特訓したのかもしれませんね。

寿組長は…雪組時代はもうだいぶ昔なので…どうでしょうね(;^ω^)

この『白鷺の城』、なにやら台詞もあって、少し物語風になっている様子。

和モノショーは最初の「うわあ!綺麗!」という驚きはありますが、どうしても中だるみがありますので、その辺の対策なのかもしれないですね。

そして、お芝居『異人たちのルネサンス』。

和モノ化粧からのお化粧替えタイムがあるので、いつもより幕間休憩が5分長め。

それでもきっとギリギリなんでしょうね~

休憩とはいえ生徒さんたちは全然休憩じゃないですよね。お疲れ様です。

それぞれの役どころがとても気になりますね。

どうやら芹香さんは黒っぽい役…?

花組時代の『カリスタの海に抱かれて』のときも、国家体制に呑み込まれていく黒寄りのお役でしたが、ノル香はこのお役が結構好きでした。

てゆーか、黒寄りのお役自体が大好きです(*^^*)

妙な危うい色気がありますよね。

前作までは星風さんは10代の少女の役ばかりでしたが、どうやら今回はグッと大人っぽい役のよう。

今回のお稽古時の入り出の私服の様子もとても大人っぽくて、役を意識したものだったのでしょうね。

演出家や劇団としては、星風さんはアイドルフェイスなので可愛らしい役をやらせたいと思っているのかもしれません。

しかし、ノル香は大人っぽい役のほうが真風さんとも相性が良くてなかなかお似合いの雰囲気が出るのではないかな~と思っています。

スポンサーリンク

『白鷺の城/異人たちのルネサンス』初日を観た人の感想まとめ

『白鷺の城/異人たちのルネサンス』大劇場初日 報道各社からの報告

スポンサーリンク

画像、有難いですよね~。

星風さんの部分休演は主にデュエットダンスのみだったようで、少し安心しました。

どうやら腰を痛めてしまわれたようで…

初日が明けてしまったので公演をこなしながらの治癒は難しいと思いますが、乗り越えてほしいです!

『白鷺の城』初日の感想

まずは、和モノショー『白鷺の城』の感想から見てみましょう。

緞帳はこんな感じ。

壮大で素敵ですね~!

開演直前にスーッと出てくる緞帳を見ると一気にテンションアップ!ですよね~(^^♪

公演プログラムの写真も、すごく素敵!!

切れ長で涼しいお顔立ちの真風さん・芹香さんは平安時代の扮装がとっても良くお似合い。

相変わらず色気が…(〃▽〃)

スポンサーリンク

内容への皆さんの感想はこんな感じ。

スポンサーリンク

かなり物語仕立てになっているようです。

その中に上手にショー要素を盛り込んでいる演出のようですね。

和モノショーお決まりのチョンパは今回は無し。

その辺も、普通の和モノショーとは少し毛色の違う感じを出そうという目論見なのでしょう。

もう今や専科の生き字引(失敬)となっている専科の松本悠里先生は…台詞がすべて録音だったようで…

「生涯現役」の背中を見せ続けなければならないお立場なのだと思いますが、ちょっと観てるほうはそろそろ苦しいかな~…と(;^ω^)

『異人たちのルネサンス』初日の感想

2幕目からお芝居が始まるのはなかなか新鮮ですよね。

生徒さんたちは緞帳が下りた瞬間に衣装を脱いで楽屋に走ってお化粧を落として…戦争のようなのでしょうね(笑)

スポンサーリンク

ヒロイン的にはなかなかつらいお話のようです。

パトロンであるメディチ家の兄弟を演じる芹香さんと桜木みなと(さくらぎみなと)さんも、愛月ひかる(あいづきひかる)さんも凛城きら(りんじょうきら)さんも…

多くの登場人物が各々の野心に邁進する、なかなか癖の強い役どころのよう。

ハッピーエンドではなさそうですね。

お芝居というのは本当に観た人によって全然評価が違うので、まだこれから皆さんの好き嫌いが分かれてくるように思います。

一方、みんなが嬉しいのはなんといってもフィナーレ付きであること。

たった15分の短いフィナーレのようですが、その内容の素晴らしさに皆さん大喝采。

これまでの宙組にないほど男くさい雰囲気で、目が足りなーーい!!!という事態確定です。

素晴らしい場面は「うわー!これめちゃめちゃ好き!」って気付いたとたん、もうどこを見たらいいかわからなくてパニックになって結局全然覚えてない…みたいになりがちです(;^ω^)

そして気になる風馬 翔(ふうまかける)さんの活躍は…

スポンサーリンク

素晴らしい活躍を見せているようです!!

ここ最近、組のムードメーカーであり実力もあるベテラン勢がどんどん辞めてしまっていて…

風馬さんも宙組に、お芝居になくてはならない存在の人でしたので…

今後の宙組が少し心配になるほどです(´;ω;`)

でも、風馬さんの最後の男役姿、がっつりと目に焼き付けましょう!

今回のエトワールは天彩峰里(あまいろみねり)さん。

安定の歌うまさんである上に、路線娘役さんなので妥当の人選とは思いますが…

どうやら様子が少し違ったみたいです。

公演が続く中で喉を傷めてしまうのはあるとしても、初日から本調子ではないのは…一体どうしたのでしょうか。

エトワールを担当することはだいぶ前にわかっていたはずなんですが、なにかアクシデントが…?

いよいよフィナーレ!というときに苦しい歌声で始められてしまうと…ちょっと勢いに欠けてしまいます。

天彩さんはエトワール経験も初めてではありませんし、早く本調子の素晴らしい歌声を聴きたいですね。

今回の階段降りはこちら。

スポンサーリンク

幕間休憩も5分延長ですし、今回はいろいろと詰め込んだ構成になっているので、階段降りはかなり短縮バージョンとか。

やっぱり公演でいちばん華やかな部分なので「えーもう終わっちゃった!」っていうのも寂しいですね。

でも、ここでも嬉しい構成が。

複数人口とはいえ、階段降りで真ん中を降りられるのはやっぱりファンとしては嬉しいし、宙組ファンも「おめでとう~!」という大拍手で風馬さんを迎えたようですよ。

『白鷺の城/異人たちのルネサンス』初日挨拶

最後の挨拶では、ちょっと様子が違ったらしい真風さん。

フィナーレのパレードのときに、「あれ?真風さん、泣いていらっしゃる?」と思うような瞬間もあったようで、和モノに慣れない宙組子たちや星風さんの怪我などがあったりして、この日を迎えるために大変な思いをされたのかもしれませんね。

一転、カーテンコールでは可愛らしいところも。

スポンサーリンク

ご本人は笑わせるつもりはまったくなくて、いたって真面目な挨拶をしてるのに客席から「ふふふ…」と声が出て、「へ?!」とピヨっとした顔もまた可愛いんですよね(*^^*)

さっきまであんなにかっこいい「男」だったのに。

波乱で初日を迎えた宙組『白鷺の城/異人たちのルネサンス』でしたが、千秋楽までにもっともっと進化していけるといいですね。

まだ和モノ化粧がおぼつかない生徒さんも、どんどん綺麗になっていくはずです。

ノル香は再来週に観劇予定です!

またオリジナルレポを書いてみたいと思っていますので、お楽しみに!


宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年9月のまとめ
2018年10月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. りりこ より:

    はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。今回の星風まどかちゃんの怪我、心配ですね。以前カフェブレイクにまどかちゃんが出演されたとき、ウォーミングアップを最低でも1時間はされると聞いたのですが、それでも怪我をされるなんて、どれだけハードなお稽古だったんだろうとびっくりしてしまいました。宝塚の舞台は大変華やかで有名ですが、それを常に創り出し、途切れることなく進化させていくご苦労は並大抵ではないのだな、と。私には何もできませんが、まどかちゃんと亜音有星さんの全快を祈りたいと思っております。

    • すみれ子 より:

      りりこさん

      ご訪問とコメントをありがとうございました。
      管理人のすみれ子は昨日の初日を観劇していました。
      デュエットダンスがはじまって「えっ、これまどかちゃんではないよね?」と気づきました。
      つまりショーもお芝居も全く怪我の不調を感じさせるものではなかったということです。

      りりこさんのおっしゃる通り、今の生徒さんは入念にウォーミングアップされたり、日々のコンディションをキープ
      するようにされているようですが、それでもケガをされたり体調を崩されたりすることもあるのですね。
      観劇が楽しい、嬉しいですが、ジェンヌさんの舞台にかけるエネルギーにはいつも頭が下がる思いです。

      無理しないでと思うと同時にお二人が早く全快され、復帰してほしいとも思いますね。