宙組『白鷺の城/異人たちのルネサンス』大劇場千秋楽!退団者たちの最後の勇姿!

スポンサーリンク

宝塚にまつわる速報ニュースを配信中

宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年9月のまとめ
2018年10月のまとめ

本日、宝塚大劇場にて宙組公演『白鷺の城/異人たちのルネサンス』が千秋楽を迎えました!

宙組初となる本格的な和モノショーと、ルネサンス文化を作り上げた人々の人間模様を描いた今作。

宙組を支え続けてくれた生徒さんの退団公演にもなっています。

風馬 翔(ふうまかける)さんをはじめとする退団者の皆さんの様子も含めて速報でお伝えしていきます!

『白鷺の城/異人たちのルネサンス』』退団者楽屋入りの様子

退団者がいる千秋楽は、楽屋入りの盛り上がりからいつもスタート。

今回は宙組の盛り上げ役、風馬 翔さんが本当に本当に残念ながら退団者ですので、楽屋入りはさすが!素晴らしく盛り上げてくださいました!

スポンサーリンク

白の紋付&袴で楽屋入りなんて!!すっごく素敵ですよね~。

もちろんファンは悲しくて寂しくて仕方ないんですが、こうしてご本人が盛り上げてくださること、本当に救われますし嬉しいですよね。

タンバリンを持って千秋楽の楽屋入りをしてくださった花組の天真みちる(てんまみちる)さんと通ずるものがありますね(笑)

このような、親しみを持てる感じの上級生タカラジェンヌがどんどん退団されていってしまうこと、寂しいですねえ。。

他の退団者の皆さんはこちら。

  • 花咲あいり(はなさきあいり)さん

スポンサーリンク

  • 朝日奈 蒼(あさひなあおい)さん

  • 舞華みりあ(まいはなみりあ)さん

退団者の皆さんってなんでこんなに透明で美しいんでしょうね~。

この美しさがまたこちらとしても「もう観られない…」と余計に寂しくなるのですが…

『白鷺の城/異人たちのルネサンス』千秋楽を観た人の感想まとめ

日本物のお化粧が初めてという宙組生も多く、公演前にはお稽古場で真風涼帆(まかぜすずほ)さん・芹香斗亜(せりかとあ)さん指導のお化粧レッスンが行われたほど、慣れないことが多かったであろう今公演。

千秋楽の今日は皆さんお化粧の手順もコツも覚えて、初日より大きく進化した内容だったに違いないですね。

皆さんのレポから見えてくる様子は…?

『白鷺の城』千秋楽の様子

『白鷺の城』はなかなかアドリブなども入れられない内容ですし、退団者の皆さんとも絡みにくいショーなのですが…

最後の場面でもう既に号泣ポイントがあったようです。。

スポンサーリンク

風馬翔さん、組子からもファンもからも愛されている様子がよく分かりますよね。

慣れない和モノショーというせいか、ノル香が観劇したときもいろいろと小道具の落とし物が見えて、そのたびに素晴らしい連携プレーでフォローし合う姿が見えました。

そして今日も少しアクシデント。

普段なかなか見られない様子なだけに、見られときはなんだか得した気分になる落とし物系アクシデント。ちょっと不謹慎かもですが…(;^ω^)

初日には星風さんが怪我をされていたり、エトワールの天彩峰里(あまいろみねり)さんの喉の調子がイマイチだったりと波乱で幕を開けた『白鷺の城/異人たちのルネサンス』。

千秋楽までには星風さんも天彩さんも全回復されていたようで、ひと安心ですね。

スポンサーリンク

『異人たちのルネサンス』千秋楽の様子

『異人たちのルネサンス』では、酒場のダンサーとして活躍されていらっしゃる風馬翔さんと花咲あいりさん。

場面の始まりと終わりには盛大な拍手が送られたようです。

今回の『異人たちのルネサンス』では風馬さんのダンサーとしての魅力を活かした役でした。

これまでに演じてきたお芝居ではトップさんと2人きりのお芝居の場面が多く、役者としても非常に能力の高い生徒さんでした。

簡単には演じることのできない難しい役ばかりを引き受けてくれていたので、今後の宙組では一体どなたが風馬さんのような立ち位置に立ってくれるのでしょうね。。

そして、忘れてはいけない存在の方がもう一人。

この公演を最後に、宙組生としての大劇場公演は最後となる愛月ひかる(あいづきひかる)さんです。

正式な番手ではなかったものの、宙組で3番手相当の活躍を続けてきた愛月さんが専科に異動される衝撃はまだ記憶に新しいところ。

そんな愛月ひかるさんに向けて、同期の芹香斗亜さんから愛の投げキッスが!

スポンサーリンク

「人見知り」と公言する芹香さんが研11という学年で宙組にやってきて、心の支えだったのが同期生の存在だったでしょう。

特に愛月さんとは仲良しだったようで、「愛ちゃ~ん!愛ちゃ~ん!」とぴったりくっついていたそうな(笑)

そんな愛月さんへ感謝とエールを込めての投げキッス!だったのでしょう。

花組でこのまま次期トップになると思われていた芹香さんが宙組へ電撃組替え、宙組一筋で頑張ってきた愛月さんが専科へと電撃異動。

そして2人は仲良し同期。

宝塚の世界はシビアなものです。。

この東京公演が終われば2人はそれぞれ違う作品に出演しますので、宙組生として共演できるのは『白鷺の城/異人たちのルネサンス』が最後。

そういう感慨深さもあったのでしょうね。

『白鷺の城/異人たちのルネサンス』千秋楽・挨拶

お芝居のフィナーレが終わればいよいよ退団者の皆さんが最後の大階段を降りる時間です。

組長である寿つかさ(ことぶきつかさ)さんが退団者の紹介文を読み上げます。

スポンサーリンク

さっきまで美しいパレードを見てうっとりしていたのに、ここで急に客席の号泣スイッチが入ります。

10代から、青春のすべてを捧げてきた退団者の皆さんの宝塚への想いはあまりにも深すぎて…

退団者挨拶の言葉からも、風馬さんの宝塚愛が感じられました。

宝塚でなくとも、いつも別れがつらいのは旅立っていくほうよりも見送る側。

大好きな仲間と立つ最後の大劇場の舞台。

それを思うとつい涙が溢れてきてしまうようです。

スポンサーリンク

お互いがライバルというシビアな世界とはいえ、やっぱり戦友みたいな気持ちなんでしょうね。

特に同期とはつらかった音楽学校時代からのたくさんの思い出があるので、その寂しさはひとしおなのでしょう。

そんなしんみりムードから一転、真風涼帆さんの粋なカーテンコール挨拶が!

『異人たちのルネサンス』で、真風涼帆さん(レオナルド)が星風まどかさん(カテリーナ)をモデルに絵を描く場面の台詞です(笑)

この台詞、なんだかやけに落ち着いていて色っぽい声でして(笑)、客席中の頬を「はぁぁぁぁぁ!!」と赤く染めたことでしょう(*^^*)

お茶会などでもそのトークのうまさで会場を盛り上げる真風さん。

カーテンコール挨拶もさすが!ですね。

『白鷺の城/異人たちのルネサンス』千秋楽・退団パレードの様子

ついに千秋楽も最後のイベント。

退団者の皆さんの出待ちパレードです。

スポンサーリンク

皆さん、晴れやかなとっても素敵な表情をされていますね!

風馬さんは、好きな役だったという『WEST SIDE STORY』のJETSのジャンパーカラーのお花!可愛いですね~。

これにて宝塚大劇場を卒業されていった4名の宙組生。

しばらくのお休みがあり、11月23日から東京公演がスタートします。

いよいよそれでタカラジェンヌ人生と別れを告げる4名の退団者。

東京公演でもまだまだ進化するであろう4名と宙組生の皆さんの姿を目に焼き付けに行きましょう!


宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年9月のまとめ
2018年10月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする