Delight Holiday初日!舞浜アンフィシアターでのセットリスト、MCを速報レポ!

スポンサーリンク

宝塚にまつわる速報ニュースを配信中

宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年10月のまとめ
2018年11月のまとめ

11月30日、花組公演『Delight Holiday』が舞浜アンフィシアターにて初日を迎えました!

現在3チームに分かれている花組。

『蘭陵王』と『メランコリックジゴロ/EXCITER!!2018』はすでに初日を迎え、各地で盛り上がりを見せています。

その中で満を持して最後の初日となった『Delight Holiday』。

お芝居ではなく、『スペシャルステージ』と銘打たれたこの『Delight Holiday』、一体どんな公演内容なのか速報でお伝えしていきます!

『Delight Holiday』休憩なし?客席ダンスあり?!

明日海りお(あすみりお)さんを中心としたメンバーがJ-POPソングを歌い継ぐというこの『Delight Holiday』。

本公演やいつもの別箱公演とはまったく違う、かなり異色の作品のようです。

コンサート形式の公演はこれまでにもたくさん上演されていますが、基本的にはショースターであるトップさんのメイン公演であったり、バウホールで下級生たちみんなで作り上げるショーだったり。

スポンサーリンク

朝夏まなと(あさかまなと)さんコンサート『A Motion』

↓星組バウホール公演『New Wave!星』

『Delight Holiday』は明日海りおさんが主役ではありますが、出演生徒それぞれに持ち歌が振り分けられ、明日海りおさんのコンサートというものでもなさそう。

そして、過去に宝塚歌劇団では公演したことのない新しい劇場、舞浜アンフィシアター。

なんだかいろいろな新しい要素があり、ワクワク感はいつも以上ですよね。

披露する楽曲は、誰もが知っているような有名なJ-POPがメイン。

クリスマスもイメージした公演のようなので、いろんな意味でわくわくしますね。

別箱公演としては充実のグッズも特徴的。

ジャニーズのコンサートでは御用達のペンライトも!

これを持って『Delight Holiday』のオリジナルソングを一緒に歌って踊る演出も公式で発表されています。

スポンサーリンク

これまでにも、公演グッズを販売して一緒に踊って楽しみましょう!という演出はありましたが、基本的には本公演のショーでした。

別箱公演で10日間のみの別箱公演でこういうお楽しみが行われるのはなかなかレアですよね。

「え~1人で観に行くから踊るのは恥ずかしい…」

と思う方もいるかもしれませんが、結構皆さん踊っていらっしゃるので意外とノリノリで踊れちゃうんです(笑)

お稽古の様子を見てみると、男役さんたちが女役で出る場面もあるようです。

さらに、宝塚の公演というのは基本的に2時間以上なので、1幕と2幕に分けて、幕間があるのが普通なんですが…

この『Delight Holiday』はなんと休憩なしの1時間50分ぶっ通し!

出るほうも観るほうも体力要りますが、ただでさえショーは体感時間が短いので、1時間50分なんてあっ!という間なんでしょうね。

なんだかいろんな意味でイレギュラーな公演『Delight Holiday』、一体どのような内容なのでしょうか!

スポンサーリンク

『Delight Holiday』初日を観た人の感想まとめ

さきほどもご紹介したように、いろいろな要素で初めて尽くしの『Delight Holiday』。

まだまだあったようです、初めて尽くし!

会場入り口には、出演者からのクリスマスメッセージが書かれたクリスマスツリーが☆

グッズ売り場の近くには出演者の等身大パネルが置いてあり、インスタ映えスポットに!

特に下級生が等身大パネルになることは非常にレアなので、ご贔屓の生徒さんとぜひツーショットを!

会場のセットはこんな感じ。

どうやらソフト帽がこのステージのモチーフみたいですね。

男役さんを表す小道具と言えばソフト帽ですが、こんな風にセットにドーンとあるのは斬新です!オシャレなセットデザインですね~。

でもこれは、なんと映像のソフト帽だったんだそうです!

まるで大きなソフト帽の像があるみたいに見えますよね。

客席はすり鉢状の円形ステージのようで、オケピも無い分、全席からすごく見やすい作りになっているそう。

本当にコンサートのようですね。

さて、ステージ内容は…

スポンサーリンク

『Delight Holiday』初日の様子

宝塚歌劇団として新しい試みが随所に見られるこの『Delight Holiday』。

まずは、いちばん気になるセットリストのほうから。

事前に情報が公開されていたJ-POPナンバーの他に、ディズニーランドのお隣ということで、やっぱりディズニーソングが。

宝塚とディズニーの世界はどちらも夢いっぱいで親和性が高いため、タカラジェンヌさんが歌うにはぴったりですよね。

過去にはタカラジェンヌがディズニーソングを歌って収録したCDなんかも発売されましたね。

そして、明日海りおさんの過去作品の中からもいくつか歌ってくれました。

「あぁ~これでみりおさんに堕ちたな~」

「この公演大好きで何度も通ったな~」

なんて、ファンそれぞれの思い出とも重なるものがあったのではないでしょうか。

それはどうやら明日海さんも同じだったようで、ちょっとグッときてしまった場面も。

スポンサーリンク

先日、退団された愛希れいか(まなきれいか)さんとの思い出の作品『アリスの恋人』。

共に闘ってきた仲間がどんどん退団していって…

明日海さん自身も退団日はそう遠い話ではありません。いろいろと思うことがあったのでしょうね。

明日海さんのこれまでを振り返るようなこの楽曲の選出も、明日海さんの退団が遠くないことをファンに感じさせたようです。

そしてもうひとつ気になることと言えば、客席降り!

いつもの劇場とは違う初めての客席の形状でどのようなかたちになるのか…

スポンサーリンク

よくジャニーズのコンサートで見られる、下にスタッフがいて手動で動かすゴンドラに乗って客席に!

これはこれでヅカファンにとっては新しくて楽しいですよね~。

下級生たちもそれぞれの通路に降りてきて、かなり後方席まで来てくれるようです!

すり鉢状の客席ならではの楽しい体験は他にもいろいろ。

舞台上にいるタカラジェンヌさんの背中って実はあんまりじっくり見ることがないですよね。

この円形ステージではそんな姿も見ることができて、ファンにはすごく新鮮だったよう。

娘役さんの凝った素敵な髪飾りを見るのが好きなファンもいますから、これはこれで嬉しいですね。

他にも、明日海さんのお着換え中に映像にて、花組の他2チームが絶賛公演中の案内もしてくれたみたいですよ!

明日海さんと鳳月 杏(ほうづきあん)さんが、なかなか濃厚な絡みをする場面も。

スポンサーリンク

この夢の国でそんな色っぽいことをしていいのだろうか…(;^ω^)というほど、すごいことをしています!

このときの鳳月さんは背中が大きく開いたドレスを着ているそうで、長い長い脚と共にちなつ(愛称)さんの見事すぎるプロポーションも堪能できちゃいます。

そんな恰好でこんな濃厚な絡みを夢の国で…いやはや…。

幕間休憩なしのこの『Delight Holiday』では、主演である明日海さんが舞台袖に引っ込む時間もあまりないようで、ステージ上で水分補給する姿なんかも。

仙名彩世さんがお水を差し出すという、まるで仲良し夫婦のような様子が。

鳳月 杏さんはその隣でペンライトをうちわのように仰いで明日海さんに風を送ったりしていたようです。

ペンライトで風が送れるのでしょうか(笑)

この水分補給に引き続いて、お楽しみのMCコーナーへ。

スポンサーリンク

やっぱりディズニーネタが来ましたね。

タカラジェンヌさんはよくディズニーリゾートの大きなバッグをお稽古バッグとして持っていることが多いので、ディズニー大好き!な人が多いようです。

やっぱりこの舞浜公演ではさっそくディズニーランドに行ったんですね。

こんな人たちがディズニーランドを闊歩していたら目立って目立って仕方ないですね。

しかも「りおちゃ~ん!」って…(笑)

アンフィシアターが入っているショッピングモール、イクスピアリでも目撃情報が寄せられていて、ファンではない一般の人が「あの美しすぎる軍団は?!」と驚いたそうですよ。

MCコーナーは他にもいろいろ。

娘役さんたちによるほっこりトーク。

ちゃんちゃんこ着て日本酒かかえてこたつでみかんトークって!!(笑)

それでもすっごく可愛いんでしょうね~娘役さんたち。

このコーナーはアドリブなのか、ある程度台本が決まっているのか…素のタカラジェンヌさんのトークはなかなか舞台上で目にする機会はありませんから、明日の公演からが気になりますね。

公演のラストには、こちらもジャニーズのコンサートでよくある、金のテープが客席に降ってくるという演出が。

しかも普通の金テープではなく、ちゃんとお土産になるようにオリジナルのものだったようです。

スポンサーリンク

アンコールではこれを娘役さんは髪に結び、男役さんはハチマキにして、タカラジェンヌ独特の使い方を見せていたみたいです(#^^#)

公演で金テープが舞うなんてこときっと初めての経験の生徒さんばかりだったでしょうから、出演者も嬉しかったんでしょうね。

大盛り上がりの公演もついにこれで終わりに。

いろいろな新しい試みがあったり、思わずテンションが上がってしまう仕掛けがあったりして客席からはアンコールが鳴りやまず。

すると、声のみで明日海さんから終わりの挨拶が。

相変わらずゆるふわですね(笑)

さっきまであんんんなにかっこよかったのに、このギャップがまた明日海さんの魅力ですね。

いろいろと考えさせられたり奥が深いお芝居もいいですが、一緒に歌って踊って「いえーーい!」と盛り上がれるコンサートはやっぱり楽しい!

日替わりのMCや、回を重ねるごとにどんどん熟成されていくダンスなどもとっても楽しみです。

平成最後のクリスマスに花組の皆さんと平成を振り返って楽しんだこの公演、一生の思い出になりそうです。


宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年10月のまとめ
2018年11月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする