檀れい、及川光博と離婚!プロフィールと宝塚時代からあのCMまでを解明!

スポンサーリンク

美人女優としてテレビドラマ、映画で活躍中の檀れい(だんれい)さん。

宝塚歌劇団出身ということは、有名ですね。

管理人・すみれ子の感覚では、今の日本を代表する女優さんで宝塚出身の代表者って黒木瞳(くろきひとみ)さん、それに続くのが檀れいさんかな・・・という気がしています。

そんな檀れいさんはプライベートでは、2011年7月27日に歌手の及川光博と結婚されましたが、2018年11月28日に離婚されましたね。

みっちーこと及川光博さんは、東京宝塚劇場で観劇されている・・・という目撃情報も多く、ご自身でも宝塚ファンを名乗っていらっしゃいました。

だから檀れいさんとのご結婚は「なんだか素敵なカップル誕生」と嬉しかったのですが。

うーーーん、残念。

まぁ、これはあくまでプライベートなお話でお二人が決めたことですので、お二人が選んだ道をそれぞれ歩むことで良い人生、良いお仕事につながればいい・・・としか申しようがありませんが。

スポンサーリンク

さて・・・この記事では、そんなOG女優の檀れいさんのプロフィールと共に、宝塚在団中の舞台略歴などを中心にご紹介していきます。

↓↓檀れいさん、いくつになっても美しい・・・

View this post on Instagram

わたしたちのあいどるです。 美しさですが。 #檀れい

檀れいさん(@danrei_fanclub)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

檀れいさんは宝塚時代から「美貌の娘役」として注目され、元月組トップスター・真琴つばさ(まことつばさ)さんの相手役として、月組トップ娘役をつとめた後、元星組トップスター・湖月わたる(こづきわたる)さんの相手役として星組トップ娘役に。

宝塚の中国公演に参加した折には「楊貴妃の再来」という賛辞が送られたほど、宝塚屈指の美貌の娘役さんでした。

でも以外なことに・・・

宝塚で重要視される成績!

これに関しては宝塚入団時には、40番。

檀れいさんは78期生として1992年に初舞台を踏んでいますが、入団者40人中最下位。

昨今、宝塚は入団時の成績を重視する方向にあるようですが、成績が下位でも紅ゆずる(くれないゆずる)さんのように、星組トップスターになった人もいたり、過去に遡ると日本のミュージカル界を牽引した鳳蘭(おおとりらん)さんも、入団時の成績は・・・といえば、決して優秀ではありませんでした。

檀れいさんもまた成績というより、天性の美貌とスターらしい華をもったジェンヌさんだったのでしょう。

宝塚でトップ娘役として活躍した後は、芸能界でも美しさのみならず、演技力も兼ね備えた女優として花開かせています。

↓↓【関連記事】檀れいさんの相手役・真琴つばささんのプロフィール

真琴つばさ・本名、年齢、成績は?型破りなスタイルは入団時から…でも超イケメンな男役時代
現在、女優業にバラエティーに大活躍している真琴つばさ(まことつばさ)さん。 岡本 隆史/Takashi Oka...

↓↓2. 檀れいのプロフィール、宝塚時代ってどんな生徒だった?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする