月組『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』日本初演はどんな作品?

スポンサーリンク

月組公演のラインアップが発表されました。

『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』
宝塚大劇場:2019年10月4日(金)~11月11日(月)

東京宝塚劇場:2019年11月29日(金)~12月28日(土)

2017年9月にオーストリアを題材として制作されたミュージカル「I AM FROM AUSTRIA」。

オーストリアでは今もなおロングランで上演中の作品です。

そして日本では、この月組公演が初上演となります。

この記事では「I AM FROM AUSTRIA」とは、どんな作品なのかを紹介していきます。

速報宝塚ニュース

宝塚の情報をメインに、時々OGさんの話題を交えながら最新情報をお届けしています。

2019年1月のまとめ
2019年2月のまとめ

「I AM FROM AUSTRIA」とはどんな作品?

「I AM FROM AUSTRIA」のあらすじ

ウィーンの老舗を舞台に、跡継ぎのジョージは、伝統を重んじる両親に対し若者らしい革新的な改革を掲げ、悲願である“五つ星”獲得を目指し積極的に経営に参加していた。

そこへオーストリア出身の人気ハリウッド女優がやってきたこをと従業員がtwitterにのせてしまうところから大混乱に・・・。

twitterで騒動が起きる辺りは良くも悪くも今っぽい作品です。

そしてやっぱり御曹司ジョージと女優エマの間には、あるあるな恋が展開していきます。

スポンサーリンク

「I AM FROM AUSTRIA」の作曲家や演出家は?

タイトルになっている「I AM FROM AUSTRIA」は、オーストリア人なら誰もが知っている歌。

2017年にウィーンのライムント劇場で初演。

以後2019年もロングランを続けている作品です。

  • 作曲・作詞/ラインハルト・フェンドリッヒ
  • 潤色・演出/齋藤 吉正

ラインハルト・フェンドリッヒ

作曲・作詞を手がけているラインハルト・フェンドリッヒ氏は、オーストリアでは国民的人気を誇るシンガーソングライター。

30年に渡り芸能活動をしているそうなので、日本で言えば谷村新司さんみたいなイメージでしょうか?

シンガーソングライターであるのみならず、ミュージカル作家、司会者、俳優としての活動もあり、オーストリアのエンターテイナーと言える人のようです。

齋藤 吉正

潤色・演出は月組にとっては『夢現無双 ‐吉川英治原作「宮本武蔵」より‐』に続いて、斉藤先生。

海外ミュージカルの潤色といえば、宝塚では小池修一郎先生というのがほぼ定番でありましたが、この作品では斉藤先生初の海外ミュージカル潤色・演出という点も気になります。

「サイトーの犯行」と言われる型にとらわれない斉藤先生が新作・海外ミュージカルでどんな力量を発揮するのか楽しみです。

スポンサーリンク

「I AM FROM AUSTRIA」の音楽は・・・

オーストリアで誕生したミュージカルといえば、宝塚ファンが頭に思い浮かべるのは『エリザベート』。

荘厳でクラシカルな歌は難しくて・・・というイメージがあります。

・・・が、『I AM FROM AUSTRIA』は軽やかでポップ、今の月組トップコンビ・珠城りょう(たまきりょう)さんと美園さくら(みそのさくら)さんのイメージとぴったりはまりそうな楽器ょ行くが多いです。

↓↓『I AM FROM AUSTRIA』の映像

スポンサーリンク

宝塚『I AM FROM AUSTRIA』日本初上演の狙いは?

『I AM FROM AUSTRIA』はこれまでに宝塚で上演されてきたウィーンミュージカルとはうってかわったものがあります。

どちらかといえば(まだ観た訳でないからわかりませんが)、ブロードウェイ作品に近い感じでしょうか?

これまでに『雨に唄えば』『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』で珠城&美園コンビが見せてくれた爽やかなイメージから想像すると、このトップコンビにぴったりの作品に思えます。

今年、105周年を迎える宝塚は宝塚大劇場の一作目となった星組公演『霧深きエルベのほとり』のサブタイトルを「Once upon a time in Takarazuka」とつけて、古き良き宝塚作品を今という時代にあわせた演出で再び息吹を吹き込んでいます。

それとは真逆に「新しいモノをどんどん取り入れる」ことを、理事長の小川氏はメディアなどで明言されていました。

そういう点では『I AM FROM AUSTRIA』の日本初の上演は、105周年のポリシーに沿ったものだと言えます。

スポンサーリンク

いや・・・2017年の秋にウィーン初演の作品を約1年数ヶ月後に上演決定してしまう、今の宝塚のパワーというのもすごい。(いろんな面で・・・)

月組公演『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』の上演発表をもって、2019年の宝塚大劇場、東京宝塚劇場の上演作品は宙組公演一作を残して出揃ってきましたね。

しかし・・・

そして宝塚での上演が成功した暁には東宝でも上演される可能性もあるでしょうね〜。

宝塚の情報をメインに、時々OGさんの話題を交えながら最新情報をお届けしています。

2019年1月のまとめ
2019年2月のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする