綾瀬あきな・本名、年齢、成績は?宙組が誇る名ダンサー!コンサート出演歴がすごい!

スポンサーリンク

綾瀬あきなさんの舞台略歴

2005年3月 花組公演『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』*初舞台公演
2006年7月 『宝塚巴里祭2006』
2007年3月 『ハロー!ダンシング』(バウ)
2007年4月 轟悠コンサート『LAVENDER MONOLOGUE』(バウ)
2009年8月 『大江山花伝』少年時代の茨木童子/『Apasionado(アパショナード)!! II』
2010年5月 『TRAFALGAR -ネルソン、その愛と奇跡-』マリーア・ヘンリエッタ、新人公演:ジゼラ(本役:藤咲えり)/『ファンキー・サンシャイン』
2010年9月 蘭寿とむコンサート『“R”ising!!』(バウ・東京特別)
2011年10月 『クラシコ・イタリアーノ』新人公演:ファビオ・ボナーニ(本役:愛月ひかる)/『NICE GUY!!』
2012年8月 『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』エリザベート
2013年9月 『風と共に去りぬ』プリシー
2014年8月 『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリーアントワネット編-』(全国ツアー)ソフィア
2015年4月 『New Wave! -宙-』
2015年6月 『王家に捧ぐ歌』タラータ
2016年7月 『エリザベート -愛と死の輪舞-』家庭教師
2017年6月 『A Motion(エース モーション)』(梅田芸術劇場・文京シビックホール)
2017年8月 『神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜』ヤナ/『クラシカル ビジュー』
2018年1月 『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)ヴェルマ
2018年3月 『天は赤い河のほとり』妃/『シトラスの風-Sunrise-』
2018年7月 『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場)

初舞台公演の『エンターザレビュー』は、宝塚のスタンダードレビュー。

正統派のロケットでした。

スポンサーリンク

その後は宙組に配属され、ダンサーぶりを評価されて下級生ながらいきなりコンサートづくしの経歴。

これまでにショー形式の公演にはなんと6回もご出演されています!

研2でいきなり巴里祭メンバーに入っているところも興味深いですね。

配役に関しては、キリッとした大人っぽい容姿からか、最近は強めの女性役が多いようです。

スポンサーリンク

綾瀬あきなさんの素顔

宙組でも上級生となった綾瀬あきなさん。

どこの組でも上級生同士の結びつきは強いらしく、宙組の上級生チームも仲良しのようです。

特に、同期生である澄輝さやとさんのお茶会で綾瀬あきなさんのお名前が挙がることがやはり多いようですよ。

スポンサーリンク

「同期萌え」という言葉がヅカファン内にはありますが、やっぱり同期の仲良しネタを聞くのは嬉しいですね。

宙組で別格スターとして輝く澄輝さやとさん、トップダンサーとして活躍する綾瀬あきなさん。

91期生、まだまだ頑張ってほしいです。

↓↓3.次回大劇場での綾瀬あきなさんは…?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする