鳳月杏の本名、年齢、成績&月組ポジションは?

月組

この記事は2016年12月に執筆。2019年9月に加筆修正を加えました。

月組で下級生時代をすごし花組へ組み替え。

2019年4月に再び古巣・月組へ組み替えになった鳳月杏(ほうづきあん)さん。

2013年『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』で新人公演ラストイヤーで主演を射止め、その後すぐに花組への組み替えだったので、花組では路線スターとして大活躍?

そう思ったものの、意外にも(良い意味で)実に芝居のうまい存在感のあるスターとして成長されました。

毎回「ちなつ(鳳月)はどんな芝居をみせてくれるのか?」と個人的には期待をしたものです。

二枚目バリバリ路線スターというよりは組を支えるポジションで、時には専科さんが演じるような役さえも、重厚にみせてくれた花組時代の鳳月杏さん。
月組へ戻ったのちは・・・

  • 三番手なのか?
  • それとも別格スター?
  • どんな活躍が期待できるの?

そんな点が注目されていますね。

この記事では鳳月杏さんのプロフィールから、下級生月組時代や花組時代の舞台略歴をご紹介しながら、今後の鳳月杏に期待することをまとめてお届けしていきます。

↓↓鳳月杏さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

#月組 #宝塚 #鳳月杏

🥀sakiriさん(@takarazuka.love_1914)がシェアした投稿 –

 

 

スポンサーリンク

 

鳳月杏のプロフィール

鳳月 杏(ほうづき あん)
宝塚音楽学校入学 2004年
宝塚歌劇入団 2006年
入団期 92期生
入団時席次 26/48人中
初舞台 宙組公演『NEVER SAY GOODBYE』
出身地 国府台女子学院中学部
出身校 千葉県船橋市
身長 172㎝
生年月日 1989年6月20日
血液型  A型
芸名の由来 母親が好きな映画「ローマの休日」の「アン王女」から「杏」
愛称 ちなつ
本名 前田千夏(まえだちなつ)
家族 一人っ子

 

芸名は母と一緒に考えたそうですが、「鳳」という文字を使いたかったこと、母が映画『ローマの休日』が好きだったので、ヒロインのアン王女から『杏(あん)』とつけたそうです。

◼︎3歳からクラシックバレエを習う。

◼︎小学校2年生でテレビで観て宝塚が好きになり、中学2年の頃にバレエをするには背が伸びすぎて悩んでいた時に、一人で宝塚観劇に行き「ここへ入りたい」と思ったそうです。

幼い頃からバレエをやっていて、背が伸びすぎて宝塚受験を決意される方は意外に多いようですね。

◼︎歌は受験を決意してから、1年ほど学び、1度の受験で合格。

 

スポンサーリンク

 

 

鳳月杏の同期生・92期生たち

鳳月杏さんが宝塚音楽学校に入学した2004年。

受験者数1066人、合格者数50人で、倍率21.32倍という競争率でした。

音楽学校入学時は5o名だった92期生はのうち実際に宝塚歌劇団に入団したのは48名。

(音楽学校中退か、歌劇団への入団辞退者かは不明です)

2019年9月現在の現役生は・・・

  • 真風涼帆(まかぜすずほ) 宙組トップスター
  • 鳳月杏(ほうづきあん) 月組男役
  • 彩凪翔(あやなぎしょう) 雪組男役

以上の3名。

他には

  • 蘭乃はな(らんのはな) 元花組トップ娘役
  • すみれ乃麗(すみれのれい) 元宙組娘役
  • 天真みちる(てんまみちる) 元花組男役
  • 百千糸(ももちいと) 元宙組娘役

などがいらっしゃいます。

 

初舞台作品の宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」は、宙組を牽引してきたトップコンビ、和央ようか(わおようか)さん&花總まり(はなふさまり)さんの退団公演でもありました。

 

スポンサーリンク

 

↓↓鳳月杏の同期生、92期達
original
(出典:http://okmusic.jp/)

 

↓↓初舞台のロケット稽古場披露
13linedance_main
(出典:www.sankei.co.jp)

 

1番手前は退団された百千糸(ももちいと)さんですね。ちなつさん(鳳月)は身長が高いので真ん中あたりでしょうね。

 

↓↓初舞台公演『NEVER SAY GOODBYE』
b5yimruciaapij5
(出典:https://laughy.jp/)

 

↓↓2. 鳳月杏の舞台略歴

タイトルとURLをコピーしました