鳳月杏の本名、年齢、成績&月組ポジションは?

月組

 

再び月組の鳳月杏はどうなる?

月組組み替え後はディナーショー開催、花組生にまじって『恋するARENA』出演に続き、久々の月組生としての舞台『ON THE TOWN』に出演。

もう本当に超多忙なちなつさん!

大丈夫かなあ・・・なんて思ったこともありましたが、

 

↓↓花組時代2018年11月 – 12月『Delight Holiday』(懐かし〜!)

この投稿をInstagramで見る

 

みりちな おこげちゃんとモアナちゃん #明日海りお #鳳月杏

mari_s_anさん(@mari_s_an)がシェアした投稿 –

 

スポンサーリンク

 

初の東上作品での主演も決定!

2020年2月 – 3月『出島小宇宙戦争』(ドラマシティ・東京建物 Brillia HALL) 

ここで今度は主演としての鳳月杏がどんな世界を魅せてくれるのか?

鳳月杏さんご自身にも非常に期待してしまいますが、なによりも月組にとって欠かせない存在が主演としてどんな作品を作ってくれるのかを観たい!

・・・って話が前後しましたが、月組に戻っての初の出演作『ON TEH TOWN』では下級生時代をともにしてきた、トップスター珠城りょう(たまきりょう)さんと息もぴったり。

 

↓↓月組『ON THE TOWN』は水平役

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 2019 ON THE TOWN . ちなつさんカッコイイ♥️ 色気があって最高でした✨ . #鳳月杏 #onthetown #宝塚歌劇団 #宝塚歌劇団月組 #月組

ai_chan_soraさん(@ai_chan_sora)がシェアした投稿 –

 

トップスターが学年下ってどうなのかな・・・なんてことを感じさせず、二人で・・・いえいえ、出演者全員で良い舞台を観せてくれました。

そして・・・

鳳月杏さんが古巣にもどって初となる大劇場公演『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』。

この初日の幕も上がり主人公の父ヴォルフガング・エードラー(珠城りょうさんの父親役ですよね)を好演してされている・・・との風のうわさもちらほら耳にはいってきています。

管理人は個人的に渋いオジサマ役で光るちなつさんにひかれてる・・・

そういう意味で観劇が今から待ち遠しいと楽しみにしているところです。

 

スポンサーリンク

 

鳳月杏の月組でのポジションは三番手? 三番手格?

宝塚ファンはトップスターを頂点としたピラミッド制度の中で、気になる生徒さんがどのポジションにいるのかは、とってもきになるものですよね。

花組時代はその「番手」こそつかないものの、鳳月杏の存在というのは重要という認識でした。

では里帰りした月組ではどうなのよ?ですが・・・

  • トップスター・珠城りょう
  • 二番手スター・月城かなと (前二番手スター・美弥るりかさんの退団に伴う昇格)

これはおそらく間違いないでしょう。

(月城かなとさんは暫定二番手、二番手格と考える方もいますが、二番手羽背負っているそうなので確定だと思う)

そうなると鳳月杏さんは三番手?

いや、月組には若手時代から驀進を続ける暁千星(あかつきちせい)さんもいらっしゃいますよ・・・という人もいるかもしれませんね。

 

少なくとも『I AM FROM AUSTRIA』から判断すると・・・

 

 

スポンサーリンク

 

現在の鳳月杏さんのポジションは三番手、あるいは三番手格と考えるのが一番でしょう。

2020年は花組では(路線とは)別格スターといわれてきた瀬戸かずや(せとかずや)さんが、二番手格(あるいは二番手)として活躍されるのではないか?と予想するファンが多いですが、鳳月杏さんも瀬戸かずやさんと同じようにスターの階段をのぼっていく可能性もあるかもしれません。

まあ、あくまで私個人しては記事中に何度も書いてきましたが

ポジションうんぬんの話は置いておいても、鳳月杏は芝居達者で渋いオジサマから異色の女役まで演じられる、演技力のある貴重な存在。

だからこそとってもひかれる男役さんです。

↓↓2020年のスターポジション予想はコチラを参考にしてください。

 

鳳月杏さんの素顔

本当に役の幅が広い鳳月杏さんって普段はどういう生徒さんなの?

ちょっと気になりますね。

宝塚の専門チャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」のオリジナル番組「とび出せ!ワンにゃんパラダイス!!」には鳳月杏さんは愛犬の「モアナ」と共に登場!

 

ちなつさん(鳳月)は「モアナ」ちゃんいひと目ぼれしたそうですが、愛犬とたわむれる鳳月杏さんの様子からも優しい上級生のイメージがするのですがいかがでしょう?

一緒に登場したのは花組の優波慧(ゆうなみけい)さんとその愛犬「ベイブ」

 

 

スポンサーリンク

 

 

あのコンデュルメル夫人を演じたのは、本当にこの人?

なんて思ってしまいそうですね。

こういうジェンヌさんの意外な一面を観られるのも宝塚専門チャンネルの番組ゆえなのでしょうね。

舞台では渋いオジサマ(こればっかっ書いてますね、でも・・・すきなのです)だったり、ショーシーンではバチバチウィンクを飛ばすいけめんだったり・・・

数え切れない魅力を持つ男役・鳳月杏さんの古巣での活躍からは目が話せませんね。

 

↓↓スカイ・ステージの加入方法はコチラから

 

この記事では古巣月組へ返り咲いた鳳月杏さんのプロフィールや舞台略歴をご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました