なつ颯都・本名、年齢、成績は?『異人たちのルネサンス』新人公演で2番手役に大抜擢!

スポンサーリンク

研2という若さながら、新人公演で2番手役に大抜擢を受け、現在大注目を集める宙組の超若手男役、なつ颯都(なつはやと)さん。

View this post on Instagram

aDuoさん(@makii__duo)がシェアした投稿

なんとまだ研2という、つい最近初舞台を踏んだばかりのなつ颯都さんが、宙組公演『異人たちのルネサンス』新人公演にて芹香斗亜(せりかとあ)さん演じる役に大抜擢。

宙組ファンですら「えっ?!誰それ?!」状態の抜擢中の抜擢でした。

「完全ノーマークだった!」な宙組ファンがいま熱い視線を浴びせているなつ颯都さん。

まだまだベールに包まれている学年ですが、できる限りの情報を駆使してなつ颯都さんの魅力をお伝えしていきたいと思います!

なつ颯都さんのプロフィール

なつ颯都(なつはやと)
宝塚音楽学校入学 2015年4月
宝塚歌劇入団 2017年3月
入団期 103期生
入団時席次 36番/40人中
初舞台 雪組公演『幕末太陽傳/Dramatic “S”!』
出身地 埼玉県川口市
出身校 川口市立青木中学校
身長 175cm
誕生日 1999年11月8日
芸名の由来 たくさんの人からの助言で
血液型
愛称 とく、なっつん
家族
本名 徳村有紗

スポンサーリンク

埼玉県の公立中学校出身のなつ颯都さん。

タカラジェンヌさんにしては珍しく、親しみの持てるご出身ですね。

175cmという見事なスタイルに小さなお顔で、音楽学校には一発合格。

中卒ですぐに受験されたということは、お母様が宝塚ファンでなつ颯都さんもファンだったという可能性が高いですね。

まだ舞台経験が浅いため、その実力のほどをファンが知る機会がないのですが、どうやらお歌の得意な生徒さんのようです。

あまり知られていませんが、実は本科生の時に行われる秋の音楽会ではソロ歌唱を披露。

ファンに周知されている音楽学校のイベントと言えば、すみれ売りと文化祭(卒業公演)くらいでしょうか。

しかし、実は文化祭前に音楽会という発表会が行われます。

第103期生 校内発表会「秋の音楽会」開催 第二部

↑宝塚音楽学校の公式サイトのおしらせページにも、この秋の音楽会でソロを歌っているなつ颯都さんのお写真が掲載されていますね。

これは主に生徒さんのお身内の方々が見にいらっしゃる発表会なので、結構レアな情報だと思います(*^^*)

卒業試験では残念ながら成績を落としてしまったので、文化祭ではソロ場面をもらうことが叶わなかったようですが…

その歌唱力を見込まれての『異人たちのルネサンス』新人公演抜擢だったのかもしれませんね。

↓↓2.『天は赤い河のほとり』新人公演ではあの役を演じていました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする