舞咲りん・本名、年齢、成績は?ファントムでの圧巻のカルロッタ!退団フラグ…?

スポンサーリンク

雪組の超実力派ベテラン娘役、舞咲りん(まいさきりん)さん。

1999年に初舞台を踏み、宝塚の逸材と言われた元星組トップスター・柚希礼音(ゆずきれおん)さんを排出した85期生のお一人です。

今年、研20。

歌もダンスも芝居も、何でもできる貴重な娘役さんであり、雪組を支えている超ベテランといえるでしょう。

↓↓舞咲りんさん

View this post on Instagram

白い夜さん(@shiroi_wanko)がシェアした投稿

意外にも「すみれ子の宝塚百科事典」で個人プロフィール記事がまだなかったので、遅ればせながら改めて舞咲さんの魅力をじっくりお伝えしていきます!

スポンサーリンク

舞咲りんさんのプロフィール

舞咲りん(まいさきりん)
宝塚音楽学校入学 1997年4月
宝塚歌劇入団 1999年3月
入団期 85期生
入団時席次 9番/40名中
初舞台 雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ』
出身地 宮崎県宮崎市
出身校 宮崎女子高等学校(現・宮崎学園高等学校)
身長 160cm
誕生日 11月26日
芸名の由来 中学生の時に劇で演じた「かぐや姫」から
血液型
愛称 ヒメ
家族
本名 太田宏美

スポンサーリンク

宮崎ご出身の舞咲りんさん。

9番という見事な成績で入団していらっしゃいますので、ダンスも歌も芝居も確かなものを持っていらっしゃいます。

「ヒメ」という愛称でファンには周知されていますが、確か…ノル香の記憶が正しければ、紫苑ゆう(しおんゆう)さんもヒメという幼少期からの愛称があったものの、「姫だなんて図々しい!」ということで「シメ」になったと聞いています(笑)

舞咲さんは「ヒメ」と呼ぶに相応しい可愛らしさがあったのでしょうか(#^^#)

中学生のときに演じた「かぐや姫」がそのまま友人たちにも愛称として定着するほど姫っぽかったのかもしれませんね。

宝塚の娘役さんとしてはピッタリです!

舞咲りんさんの同期生(85期)たち

  • 柚希礼音(ゆずきれおん)さん(元星組トップスター)
  • 桜一花(さくらいちか)さん(元花組娘役)
  • 映美くらら(えみくらら)さん(元月組トップ娘役)
  • 奏乃はると(そうのはると)さん(雪組組長)
  • 山科 愛(やましなあい)さん(元雪組娘役)
  • 真野すがた(まのすがた)さん(元花組男役)
  • 華型ひかる(はながたひかる)さん(専科男役)
  • 青樹 泉(あおきいずみ)さん(元月組男役)
  • 十輝いりす(ときいりす)さん(元星組男役)

↓85期生の卒業式写真。舞咲さんわかりますか?

View this post on Instagram

Haruさん(@reon.seina.love)がシェアした投稿

なかなか豪華な顔ぶれの85期生。

「レジェンド」と呼ばれた柚希礼音さんと、研3にしてトップ娘役を務めた映美くららさんというお2人だけでも充分に豪華。

スポンサーリンク

↓85期生でトップスター、トップ娘役となる柚希礼音さん、映美くららさん

View this post on Instagram

yuzukiloveさん(@yuzukilove)がシェアした投稿

トップとはいかないまでも、組の別格スターとして、また、別箱公演の主演を務めたメンバーもたくさんいらっしゃいます。

現役生は舞咲さんと同じ雪組の奏乃はるとさんと、専科の華形ひかるさんの3名のみ。

2018年で研20となったベテランの学年ですが、まだ3名もいらっしゃるのは同期生としても嬉しいことなのでしょうね。

↓↓2.見事なエトワールの美声を披露!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする