水乃ゆり・本名、年齢、成績は?霧深きエルベのほとり新公ヒロイン大抜擢!

宝塚コラム
スポンサーリンク

 

星組の若手娘役、水乃ゆり(みずのゆり)さん。

102期生で2018年現在、研3。

2019年元旦から始まる星組・宝塚大劇場公演『霧深きエルベのほとり』新人公演ヒロインに大抜擢を受け、一気にその名前が広まることとなりました。

 

娘役さんの場合、現在宙組トップ娘役の星風まどか(ほしかぜまどか)さんのように、初舞台当初から注目され、組周り時(100期生は組周り有り)に重要な役を演じる生徒さんもいます。

しかし多くは新人公演ヒロインに抜擢された頃から「どんな娘役さん?」とファンから注目されます。

そして娘役としての知名度があがっていく・・・。

『霧深きエルベのほとり』新人公演ヒロインに抜擢された水乃ゆりさんも、後者。

今「どんな娘役さん?」と注目され、宝塚ファンから期待される娘役の1人となっています。

 

↓↓星組娘役・水乃ゆりさん

 

View this post on Instagram

 

Satsuki Onoeさん(@satsukionoe)がシェアした投稿

 

さて水乃ゆりさんはというと、研3という若い学年ながら、しっとりと落ち着いた、そして宝塚の娘役のトラディショナルな雰囲気が感じられます。

『霧深きエルベのほとり』新人公演ヒロインに抜擢されるまで、はそれほど大きな役を演じていませんでした。

今、『霧深きエルベのほとり』新人公演のヒロインとして注目と期待を集めている水乃ゆりさんの詳細プロフィールをご紹介していきます!

 

 

水乃ゆりさんのプロフィール

 

水乃ゆり(みずのゆり)
宝塚音楽学校入学 2014年4月
宝塚歌劇入団 2016年3月
入団期 102期生
入団時席次 29番/39名中
初舞台 星組公演『こうもり/ THE ENTERTAINER!』
出身地 東京都葛飾区
出身校 私立愛国高等学校
身長 164cm
誕生日 10月7日
芸名の由来 恩師からもらった
血液型
愛称 みずのちゃん
家族
本名 東堂瑠伽

 

水乃ゆりさんは東京都出身。

同じ都内でも世田谷区や目黒区などの一等地出身のタカラジェンヌが多い中、水乃ゆりさんは珍しく下町のご出身ですね。

葛飾区といえば、柴又帝釈天などがある、下町を象徴するエリアです。

高校には進学されていらっしゃるので、1995年~1997年のお生まれということになります。

 

研3で新人公演初ヒロインというのはそれほど早すぎる抜擢ではないのですが、水乃ゆりさんは意外にも入団時の成績は上位ではありません。

入団時の成績はあくまで参考程度。

でも、下から数えたほうが早い生徒さんがトップになったりトップ娘役になったりするのはやはり珍しいことなので、そういう意味では「大抜擢」と言っていいような気がしますね。

 

好きな花に「白百合」を挙げていらっしゃるので、芸名はそこから取ったのかも。

もしくは、元雪組トップコンビの水 夏希(みずなつき)さん&白羽ゆり(しらはねゆり)さんから…?なんて声もあるようです(*^^*)

また、水乃ゆりさんは宝塚OG・55期生の水乃亮(みずのりょう)さんが主宰する受験スクール・Studio OBでレッスンを受け、宝塚を受験されています。

恩師・水乃亮さんのお名前からそのまま水乃とつけられた可能性もありますね。

 

身長は164cmというのは娘役さんらしい身長。

男役さんになるにも少し身長が足りないので、いちばん悩ましい身長ですね。

男役→娘役という転向はありますが、その逆はほぼ聞いたことがないので、このままスラッとした娘役さんとしてご活躍されていくのでしょう。

 

↓↓2.研3ながらに大活躍中の同期生たち!

タイトルとURLをコピーしました