明日海りお退団記者会見、愛で号泣のトップスター

スポンサーリンク

昨日(3月12日)に退団が明らかになった花組トップスター・明日海りお(あすみりお)さん。

今日は退団記者会見がおこなわれました。

明日海りおさんは真っ白なスーツにブルーのシャツという、明日海さんらしい爽やかないでたち。

退団記者会見に同席した、宝塚歌劇団理事長・小川友次氏にハンカチをさしださるほど、涙を流したとか。

様々な愛を感じさせる、明日海りおさんの記者会見の様子を各メディアの報道からまとめてお届けします。

↓↓【関連記事】

明日海りお退団発表!11月『A Fairy Tale』『シャルム』
「えっ?」と眼を疑うような気持ちと、やはり本当なんだ!と困惑した気持ちが入り乱れる 「明日海りお退団記者会見お知らせ」 ...

速報宝塚ニュース

宝塚の情報をメインに、時々OGさんの話題を交えながら最新情報をお届けしています。

2019年2月のまとめ
2019年3月のまとめ

明日海りお・花組トップスターの退団記者会見

昨日、宝塚の公式サイトで明日海りおさんの退団が明らかになり、まさに衝撃の1日でした。

東京宝塚劇場公演『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』『シャルム!』の千秋楽(2019年11月24日)で、宝塚100周年から105周年という節目で光り輝いた、明日海りおというスターが宝塚を卒業することは、事実なんだ!

これを受け止め、宝塚ファンとしては明日海りおさんと、明日海りお率いる「今の花組」を応援していこう!

そう思うようになりました。

スポンサーリンク

View this post on Instagram

かわいいみりおさん #明日海りお さん

ま。さん(@g8snksw)がシェアした投稿 –

以下は、退団記者会見からピックアップした、明日海りおさんの退団にまつわる情報です。

明日海りおが退団を決意したのは?

ズバリ・・・

『ポーの一族』の公演中。

『ポーの一族』は作・演出家の小池修一郎先生が20年にもわたってあたためてきた、宝塚で舞台化したい作品だったことは、上演当時に話題でした。

まさに満を持して、明日海りおという『ポーの一族』の主人公・エドガーに最もふさわしい生徒が在籍したからこそ、ディープな宝塚ファンのみならず、作品のファンをもまきこんでヒットした佳作だったことからも、想像できることです。

↓↓【関連記事】『ポーの一族』について

『ポーの一族』宝塚・感想、エドガー&アランが作る世界観と作品の秀逸さ!
2018年、宝塚大劇場の幕開き公演となった花組公演『ポーの一族』。 宝塚ファンのみならず、原作ファンにとっても期待度が高く、チケット難...

スポンサーリンク

明日海りおが花組組子に退団を伝えたのはいつ?

3月10日の終演後。

つまり『CASANOVA』の千秋楽前日ですね。

明日海りおさんが「もうそろそろとわかっていると思うけど・・・」

そう話しだした途端に組子達は大きな涙を流し、泣き出したのだそうです。

そりゃそうですよ、ファンが「そろそろ・・・」と思っていたのですから、身近で舞台に立っている組子にそれが伝わらないはずはないでしょう。

その時の明日海りおさんは、組子達の涙を見て「嬉しく」思われたそうです。

つまり組子の涙に、ご自身への愛を感じられたということですね。

明日海りおは何故仙名彩世と同時退団ではなかったのか?

これは誰しもが思ったこと。

それにも、みりおさん(明日海)はきちんと答えてくれています。

それは「今までの相手役さんが、明日海りおを立ててくれているのに卒業の主役は同時退団だとトップスターである自分になる」

そんな理由から「ゆきちゃん(仙名)を見送ってからの退団」を考えたそうです。

うーん・・・、なるほど。

明日海りおさんは蘭乃はな(らんのはな)さん、花乃まりあ(かのまりあ)さんというトップ娘役を見送り、その二人のサヨナラショーも盛り上げていました。

だからこそ仙名彩世さんも同じように、娘役として華やかに見送ってあげたい。

そんな明日海りおさんの愛情だったのですね。

うんうん・・・

お人柄を感じます、明日海さんの。

明日海りおが在団中で一番つらかったこと

月組から花組へ組替えになった時

これもファンにはよくわかりますね。

月組っ子として、未来のスターとして若手時代から大切に育てられており、宝塚初の「準トップスター」という肩書を背負って、龍真咲(りゅうまさき)さんと共に月組を支えてきたのに・・・。

また花組という宝塚で最も歴史が深い組への異動にプレッシャーも感じたのかも?

組替えを経験した生徒さんは「知り合いが増えて嬉しい」と語る人もいらっしゃいますが、やはり全く知らない環境にポンと入っていくことは、タカラジェンヌでなくともむずかしいこと。

明日海さんの気持ちはよくわかります。

でもその辛かったことを乗り越え、花組トップ男役スターとして100周年から105周年の宝塚の新世紀をもり立てた明日海さんはすごい・・・とも言えますね。

スポンサーリンク

明日海りおが残した記録、9作品は・・・?

明日海りおさんは花組トップスターとして9作品に主演。

月組・準トップスター時代の主演を含めると12作品主演となるそうです。

これだけでも記録的なことですが、

花組での主演9作品はすべて稼働率100%超え

つまりずっと明日海りおさんの公演は立ち見が出ていた!ということですね。

それだけ人気の高いスターだったと言っていいでしょう。

(はい、すみれ子も毎回花組はチケット探すのに苦労してました・・・^^;)

また平成では元宙組トップスター・和央ようか(わおようか)さん、元星組トップスター・柚希礼音(ゆずきれおん)さんに次ぐ長い人気の明日海りおさん。

トップ就任期間は、5年197日です。

龍真咲への明日海りおからの感謝の言葉

明日海りおさんは、月組時代には月組トップスター・龍真咲さんを準トップとして支えました。

これってW主演をしていたので、大変だったのは明日海さんだけでなく、龍真咲さんも同様ですよね。

『ベルサイユのばら』上演時は、公演ごとにオスカルとアンドレ役替り!なんて、ヅカファンにとっては嬉しいけれど、常識を超えたような公演でした。

この時期のご苦労は、ファン目線でも相当なものだったと思います。

主演と二番手スターの両方の役を演じるって、とんでもなくハードルが高い!

それを一緒に乗り越えてくれた、龍真咲さんに対して「自分がトップになってその大変さがよくわかり、今、本当に有り難いと思っている」と感謝の気持ちを述べていらっしゃいます。

あの時代(準トップ時代)があったことが、今の明日海りおさんにつながっているのでしょう。

明日海りおさんが結婚?

明日海りおさんは3人のお嫁さんをもらったので・・・という冗談をまじえながら、結婚の質問に対しては「未知」と答えられたようです。

こればかりは神のみぞ知る???

スポンサーリンク

明日海りおが退団後にやりたいことは?

教習所に通って「運転免許を得る

タカラジェンヌはご自分が運転してマイカー通勤されている方もいらっしゃいますが、長期のおやすみがとれないために免許なしという方も多いですね。

明日海さんもそのお一人。

トップスターさんが退団後には「地下鉄通勤にはまっている」とネットでつぶやいているのをみかけると、宝塚時代にはできなかった事を謳歌して楽しんでいるように思える時があります。

明日海りおというトップスターの退団は寂しい。

でも一人の人として、本名のご自分での暮らしを退団後は手にしてほしいとも思います。

退団後にやることでは「職探し」ともおっしゃったとか。

もちろんジョーク。

明日海りおさんならば、女優としてミュージカルの舞台での活躍は十分期待できますから。

明日海りおさんより一足先に退団する星組トップスター・紅ゆずる(くれないゆずる)さんも、退団記者会見では涙された場面がありました。

それ以上に号泣だったみりおさん(明日海)。

その涙からは花組への愛、宝塚への愛、ファンへの愛、組子へ、相手役へ・・・

た〜くさんの愛があったからこそ溢れ出した涙。

そんなものが見て取れました

宝塚の情報をメインに、時々OGさんの話題を交えながら最新情報をお届けしています。

2019年2月のまとめ
2019年3月のまとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする