宝塚ファンはお金持ち?ファンのお財布事情を徹底解剖!

スポンサーリンク

宝塚ファンと聞くと、一般的には「お金持ちのマダム」みたいなイメージを持っている人がとても多いようです。

確かに、実際に…

「観劇期間に滞在する別荘として宝塚に高級マンションを持っている」

「札束が立つほどの大金をお花代として会に寄付している」

「贔屓が出演している公演は貸切公演以外全部観る」

「贔屓の退団公演のご祝儀に〇十万円渡した」

みたいな方もいらっしゃるようです…

たまに劇場内でSS席(特に最前列どセンター)で、いかにも高級そうなお洋服を着たマダムのところにいろいろな人が入れ替わりに挨拶をしにきていらっしゃる姿などを目撃することが多々あります。

そんなお話を聞くと「や、やっぱり…」なんてドン引きされる方も多いでしょう。

しかし、そのような方は本当にごく一部なんですけどね(;^ω^)

他にも、「宝塚ってチケット代が高そう」なんていうイメージもあるみたいですね。

では実際のところ、大多数のファンのお財布事情やファン活動費ってどんなものなのでしょうか。

こちらの記事では、ちょっとノル香の経験も含めてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

宝塚ファンをするのにかかる年間観劇費用

まずは、そこまでマニアックに応援せずとも、数か月に一度、もしくは1か月に一度くらいの観劇をするくらいのファン度の場合。

チケット代は…

  • SS席:12,000円
  • S席:8,300円(東京宝塚劇場は8800円)
  • A席:5,500円
  • B席:3,500円

の4種類(ほか、当日券あり)ですので、最も席数の多いS席で毎月観劇すれば年間約10万円という計算になりますね。

趣味代としては妥当なところではないでしょうか。

ちなみにノル香は若い頃にもうさんざん前方席で観てきたので、今はA席とかB席を好んで買います。数を観たいので(;^ω^)

B席ならチケットも割と余っていますし、月1観劇で年間42,000円

充分にヅカファンできる範囲かなと思います。

スポンサーリンク

では、贔屓を1組に絞って、その組を重点的に観劇する場合。関東地方在住と設定します。

本公演と呼ばれる、東京宝塚劇場で1組が公演するのは、基本的に年2回。

そしてその間に、別箱公演と呼ばれる外部の劇場での公演(S席で8,500円~8,800円ほど)が年2回入ります。

本公演のS席を1作品につき3回観劇→26,400円×年2回=52,800円

別箱公演のS席を1作品につき3回観劇→26,400円×年2回=52,800円

合計105,600円(年間)

1作品を3回観劇する、というだけで一般的にはなかなかのマニアック度ですよね。

それでも年間10万円なので、そんなに「宝塚はお金がかかる趣味!」というわけでもないように思うのですが…

いかんせんノル香はもうヅカファンとしての人生のほうが長いのでもはや客観的には見ることができない…(;^ω^)

↓↓2.チケット代以外のヅカ費を全部挙げてみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする