花宮 沙羅『El Japón(エルハポン)』新公ヒロインの本名、年齡、成績から舞台略歴

宙組

花宮沙羅の舞台略歴

2016年3〜4月 星組『こうもり/THE ENTERTAINER!』初舞台公演
宙組へ配属
2016年7月 – 10月 『エリザベート -愛と死の輪舞-』 新人公演:美容師(本役:瀬音リサ)
2017年2月 – 4月 『王妃の館/VIVA!FESTA!』新人公演:マリー・テレーズ(本役:愛白もあ)
2017年8月~11月 『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~/クラシカル ビジュー』 新人公演:ゾーヤ(本役:愛咲まりあ)
2018年1月 『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)シャークスの女
2018年3月-6月 『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』シャラ、新人公演:ナキア(少女時代)(本役:華妃まいあ)
2018年7月 – 8月 『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場)マルガリータ
2018年10月 – 12月 『白鷺の城/異人たちのルネサンス』新人公演:サライ(本役:天彩峰里)
2019年4月 – 7月 『オーシャンズ11』新人公演:ルビー(3ジュエルズ)(本役:瀬戸花まり)*初エトワール
2019年11月 – 2020年2月 『El Japón−イスパニアのサムライ−/アクアヴィーテ!!〜生命の水〜』踊り子パメラ、新人公演:カタリナ(本役:星風まどか)*新人公演初ヒロイン

 

スポンサーリンク

 

花宮沙羅さんが印象に残ったのは、なんといっても『オーシャンズ11』のエトワールが挙げられます。

やはり歌える娘役だからこそエトワールが務められるから。

 

また『天は赤い河のほとり』本公演で水音 志保(みずね しほ)さんと共に演じた、ヒロイン・ユーリ(星風まどか)の女官である双子の姉妹としての活躍も忘れられないものです。

 

天は赤い河のほとり』の女官
ハディ(天彩峰里)の双子の妹のリュイ(水音志保)、シャラ(花宮沙羅)、ティト(愛海ひかる)の姉にもあたる。
これまで新人公演では娘役スター的な大きな役を演じる機会はありませんでしたが、『オーシャンズ11』新人公演のルビー(3ジュエルズ)は歌える娘役だからこそ演じられる役どころ。
そう考えると『El Japón(エルハポン)』ヒロイン抜擢にも大きな期待が持てますね。

 

 

↓↓3. 花宮沙羅の素顔は・・・?
タイトルとURLをコピーしました