綺城ひか理、本名、年齢、成績とお茶会の魅力!若手注目男役のこれからって?

スポンサーリンク

綺城ひか理(あやき ひかり)さんは宝塚花組に所属する男役です。

恵まれたスタイルと確かな歌唱力で「ME AND MY GIRL」、「金色の砂漠」の新人公演では2度に渡り主演。

花組若手男役のホープとして今後の活躍に期待されている綺城ひか理さん。

そんな注目の花組男役・綺城ひか理さんの魅力をご紹介します。

↓↓綺城ひか理さん




綺城ひか理のプロフィール

宝塚音楽学校入学  2009年4月
宝塚歌劇入団  2011年3月
入団期  97期生
入団時席次  14番/31人中
出身地  千葉県千葉市
出身校  市立朝日ヶ丘中学校
身長  176㎝
誕生日  7月14日
血液型  B型
芸名の由来  元星組男役・綺華れい(あやか れい)さんから一文字頂く
愛称  あかさん、あかちゃん
家族
本名  福田あかり

綺城ひか理さんは小学6年生の頃からヒップホップ・タップダンス・ジャズダンスを習い始め、宝塚受験スクールにも通われていたそうです。

また、その他にも小学4年生からエレクトーンを習い、けん玉教室にも通われていた趣味多彩で常に音楽が傍にある幼少期を過ごされていました。

「将来の夢はタカラジェンヌ」と、物心がついたころから目標を掲げられていた綺城ひか理さん。

ミュージカルのオーディションを受けた経験もあるそうです。

2005年、湖月わたる(こづき わたる)さんトップ時代の星組全国ツアー公演「ベルサイユのばら」「ソウル・オブ・シバ!!」を観劇。

宝塚への愛が一気に高まりました。

この時、綺城ひか理さんは13歳。

その後、母親の勧めから宝塚音楽学校への受験を決意しました。

中学卒業と同時に宝塚音楽学校に合格されているので、一度の受験での合格なのでしょう。

また、綺城ひか理さんの年齢は、高校への進学はされていないので1994年生まれではないかと推測できます。

なかなか優秀ですね。




そして2011年3月、97期生として宝塚歌劇団に入団。

星組公演「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会は再び」で初舞台を踏まれました。

宝塚音楽学校の入学試験内容が、この期から実力より将来性を重視する選考方針へと変わったそうです。

同期生には

  • 雪組男役・永久輝せあ(とわきせあ)さん
  • 月組男役・蓮 つかさ(れん つかさ)さん
  • 宙組男役・留依時世(るいまきせ)さん
  • 花組娘役・城妃美伶(しろき みれい)さん
  • 月組娘役・海乃美月うみの みつき)さん

など、各組それぞれに実力派のスターがいらっしゃいます。

初舞台後は花組に配属。

2016年「ME AND MY GIRL」の新人公演にて、花組男役・優波慧(ゆうなみ けい)さんとダブル主演という形で、新人公演初主演を果たされました。

さらに同年「金色の砂漠」では、単独で初となる新人公演主演を射止めました。

今年(2018年)、研8となり新人公演は卒業。

これから花組の若手路線男役の一人として注目されています。

↓↓ 2. 綺城ひか理の舞台略歴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする