宝塚OG大路三千緒さん『おしん』祖母&『ベルばら』出演の今は?

OG

大路三千緒さんの音楽学校時代と初舞台公演は?

1937年に宝塚へ入り、1939年に初舞台を踏んだと思われる27期生の大路三千緒さん。

音楽学校がない時代に初舞台までの2年間は何をされていたのか?

これは定かでありませんが、まったく芸事を身に着けずに舞台に立つことはできませんので、「学校」がなくても当時の舞台に必要な芸事を学んでいたと考えるのが妥当かと思います。

そして大路三千緒さんの入団期、27期生の初舞台を調べていくと

  • 雪組公演『花と兵隊』『聯隊の娘』『日本風俗絵巻』
  • 月組公演『少国民に栄光あれ』『モロッコの豹』『宝塚花物語』
  • 雪組公演『桃花春』
  • 花組公演『太平洋行進曲』『スペインの黒薔薇』
  • 月組公演『ブルウ・トランク』

5つもの公演が見つかりました。

おそらく今のように毎年「初舞台公演」と名売った公演を大々的におこなうことなく、27期生が何人かずつ参加した公演がこれら。

そんな可能性もありますね。

なにせ・・・物事がアバウトだった時代のことですから。

また27期生に90人!

この人数も驚きだわ!と今のヅカファンは思いますね。

この理由もわかりかねますが、ただいえることは約80年前の宝塚歌劇団、宝塚音楽学校は今とはまったく違うシステムだったということです。

来年、2020年に100歳を迎えられる大路三千緒さんは、今はそのすべての歴史を知るOGジェンヌさんでもありますね。

宝塚の入団年齢&音楽学校
現在は中学卒業後の15歳〜高校卒業の18歳までが宝塚音楽学校に入学できる年齡。
昔は数え年13 – 19歳を入学年齡としていたそうです。
その後、1947年に入学年齡は数え年16 – 18歳に。今の年齡制限になったのは1953年。また予科、本科制度も1957年に誕生したそうです。

スポンサーリンク

大路三千緒さんの同期生、27期生達

大路三千緒さんの同期生である27期生には・・・

  • 越路吹雪(こしじふぶき)さん
  • 月丘夢路(つきおかゆめじ)さん
  • 乙羽信子(おとわのぶこ)さん
  • 東郷晴子(とうごうはるこ)さn

らがいらっしゃいます。

えーーーーっ!! と私がびっくりしたのは、越路吹雪さん。

最近、越路吹雪さんの半生がTVドラマ化されたこともあり、また日本のシャンソンを牽引してきた第一人者のコーちゃん(越路)が同期生とは知りませんでした。

また月丘夢路さん、乙羽信子さん、東郷晴子さんといえば、日本映画界が華やかなりし時代に、銀幕スターとして活躍した昭和を代表する女優さんばかりです。

そして乙羽信子さんは『おしん』で主役・おしんの晩年を演じた女優さんですね。

大路三千緒さんは子供時代のおしんの祖母役ですから、おそらく共演シーンはなかったのだろうと想像していますが、同期生の繋がり・・・そんなものを感じます。

スポンサーリンク


大路三千緒の宝塚時代、舞台略歴


さて大路三千緒さんの宝塚時代の舞台歴ですが・・・

残念ながらわかっているのは以下のみです。

星組の『ベルサイユのばらIII』、月組『アンジェリク/仮面舞踏会』も観劇してはいて、大路三千緒さんという大御所の専科生がいらっしゃったことも知ってはいますが、あとは・・・わかりません。


↓↓『ベルサイユのばら』の大路三千緒さん(メルシー伯爵)


スポンサーリンク


1939年初舞台
1951年 – 1952年花組組長
1961年 – 1975年雪組組長
専科へ移動
1975年 – 1976年ポーラテレビ小説『可奈子』出演
1977年ポーラテレビ小説『おゆき』出演
1976年星組『ベルサイユのばらIII』メルシー伯爵
1980年4月30日月組東京宝塚公演『アンジェリク/仮面舞踏会』千秋楽をもって退団

大路三千緒さんの存在を今にたとえると・・・

作品を引き締める要所に登場される芝居達者専科さん。例えていいかどうかわかりませんが、今なら汝鳥伶さんのような生徒さんを想像していただくと、ご存知ないファンの方にも納得していただけるかもしれませんね。

↓↓3. 現役時代からテレビで活躍!そして退団後は・・

タイトルとURLをコピーしました