花組『MESSIAH』新人公演、速報レポ!代役の生徒さんはどうだった?!主演コンビは?!

スポンサーリンク

宝塚にまつわる速報ニュースを配信中

宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年6月のまとめ
2018年7月のまとめ

本日、7月31日は花組大劇場公演『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』の新人公演が行われました。

今回の新人公演は、瀬戸かずや(せとかずや)さんの役を務める予定だった亜蓮冬馬(あれんとうま)さんが怪我をしてしまうというアクシデントが発生。

言わずもがな、瀬戸かずやさんは別格スターさんですので出番も台詞もたくさん。

そんな大きな役を新人公演で急に務めることとなったのが100期生の泉まいら(いずみまいら)さんです。

そのほかにも、2名の変更ががありました。

急に巡ってきたピンチをチャンスに変えることができるのか。

今回の新人公演での主演コンビはもちろん、代役の皆さんにもロックオンしてチェックしていきたいと思います!

スポンサーリンク

亜蓮冬馬さんの休演による『MESSIAH』新人公演への影響

「すみれ子の宝塚百科事典」でも速報でお伝えしました、亜蓮冬馬さんの休演による代役ニュース。

花組『MESSIAH(メサイア)亜蓮 冬馬休演、新人公演はどうなるの?代役は誰?【速報】
宝塚にまつわる速報ニュースを配信中 宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新...

本公演ではまだしも、亜蓮冬馬さんは新人公演では大きな役を務める予定になっていたので、かなりの変更と言えそうです。

ただでさえ新人公演のお稽古というのは毎晩夜遅くまで、ときには日付が変わる頃までみっちり行われる大変な公演です。

『MESSIAH』新人公演主要キャストが発表になったのが6月初旬。

その他キャストが発表になったのが7月初旬。

亜蓮冬馬さんの休演が発表になったのは7月19日でした。

新人公演の香盤って、なぜか我々ファンには主要キャストとその他キャストの発表が別日ですが、生徒さん達には一斉に発表になってると思うんですね。

そこから各々自主稽古などを始めたり、本役さんをびっちりマークしたり。

その努力を披露する機会を失ってしまった亜蓮冬馬さんがいちばん悔しくて悲しいはず。

そして、代役の皆さんの焦りと緊張も我々の想像以上のものと思います。

よく、退団したOGさんが、

「舞台に出ていくけど歌詞や台詞がまったく出てこない恐怖の夢を見る」

とおっしゃいます。

トップさんですらそれですから、たった1回だけの新人公演で、お稽古時間もままならない代役の皆さんにはどれだけのプレッシャーがのしかかることか…!

亜蓮冬馬さんの休演発表から本番までたった12日。

12日間、公演後に毎日お稽古しても一体どれだけの時間が割けるのでしょうか。

代役の皆さんはもちろん、彼らを支える同期や一緒にお芝居をするメンバーたちにとってもハードだったことと思います。

きっと劇場中が「ガンバレーーー!!!」という思いで若い新人公演メンバーを見守ることになるでしょう。

スポンサーリンク

『MESSIAH』新人公演、代役を務める生徒さんたち

今回の『MESSIAH』新人公演にて代役を務めることとなった生徒さんは3名。

役名 当初の配役 変更後
渡辺小左衛門 亜蓮冬馬 泉 まいら
多賀主水 泉 まいら 南音あきら
芦塚忠右衛門 南音あきら  理央ひかる

↓左が泉まいらさん

↓左上が南音あきらさん

i-u-yさん(@yu0.6.0.2)がシェアした投稿

↓理央ひかるさん

i-u-yさん(@yu0.6.0.2)がシェアした投稿

スポンサーリンク

今回の変更で最もプレッシャーがかかっているのが、泉まいらさん。

ちょっと経歴をさかのぼってみましょう。

  • 『ポーの一族』新人公演:ルイス・バード(本役:綺城ひか理)
  • 『邪馬台国の風』新人公演:タタラ【狗奴国の兵士】(本役:亜蓮冬馬)
  • 『金色の砂漠』新人公演:賊の男 イード(本役:冴華りおな)

…なるほど。

やはり今回の代役が過去最大に大きな役と言えそうですね。

タカラジェンヌ人生で過去最大の台詞と場面に加えて、短いお稽古期間。

一体どんな気持ちで今日を迎えたのでしょうか。。。

泉まいらさんは、100期生。

100期生と言えばいま大活躍の学年です。

『MESSIAH』新人公演で主演を務める聖乃あすか(せいのあすか)さん、2番手役を務める一之瀬航季(いちのせこうき)さんも100期生。

一之瀬航季の本名、年齢、成績は?新公二番手役、本公演では代役もこなす100期花男!
一之瀬航季(いちのせこうき)さんは、100期生の花組の男役です。 芝居に歌に、容姿に…と注目されていた男役さんです。 そ...

宙組トップ娘役の星風まどか(ほしかぜまどか)さんも100期生ですし、他組でも100期生は大活躍中です。

「え!この子も100期生なの?!」

というほど、実力の高い生徒が多い学年である100期生の泉まいらさん。

きっとこの『MESSIAH』新人公演も乗り切ってくれるはずです!

ガンバレ!!!!!

スポンサーリンク

『MESSIAH』新人公演を観た人の感想まとめ

スポンサーリンク

新人公演らしさもありつつ、亜蓮冬馬さんの休演というアクシデントにも負けず、大感動の素晴らしい公演だったようですね。

特に主演・2番手役・瀬戸かずやさん役を務めた3名が100期生ということで、100期生の力を実感した方も多かったよう。

本公演でもまた100期生に注目してしまいそうですね。

『MESSIAH』新人公演主演・聖乃あすかさんへの感想

さすがに2度目の新公主演。

前回よりも特に歌唱力のアップが著しかったよう。

可愛らしいお顔立ちゆえにまだ女の子っぽさが残る雰囲気がありましたが、かなり素敵な男役さんに成長しているみたいですね。

最後の挨拶でも感極まるものがあったよう。

きっといろいろと苦しい新人公演だったのでしょう。

こういう経験を乗り越えた先に素晴らしい男役としての未来が待っているのですね!

スポンサーリンク

『MESSIAH』新人公演ヒロイン・舞空 瞳さんへの感想

今回初ヒロインだった舞空 瞳さん。

もう、絶賛!絶賛!の嵐。

これが初ヒロインだなんてことは微塵も感じさせない見事な仕上がりだったようです!

花組には既にたくさんの素敵な実力派若手娘役さんがいるんですが、また新たな路線娘役さんが誕生したといっても良さそうです。

まずはまた東京公演での新人公演に向けてブラッシュアップし、その後の別箱公演のヒロイン抜擢にも期待できますね。

スポンサーリンク

『MESSIAH』新人公演その他キャストたちへの感想

まずは、気になっていた泉まいらさん。

さすが…見事な仕上がりだったようです!

台詞や動きを全うするだけで精いっぱいなはずなのに、きちんと自分の魅力を見せることができることに驚き!です。

本当にタカラジェンヌさんというのは、どんなに無理な条件が提示されても「やっぱりできませ~ん」なんてことは絶対にないのですね…

そういうところからもファンは元気をもらえるんですよね。

他にも、皆さんそれぞれに「この子だれ?!すっごいうまい!!」という生徒さんを見つけた様子。

それが新人公演の醍醐味ですよね~。

104期生という、ついこの前初舞台を踏んだばかりの青騎 司(あおきつかさ)さんなんてもう貫禄を見せているという…!

入団成績は真ん中あたりのようなので、やはり成績と舞台上とはまた別物、ということもよく分かりますね。

スポンサーリンク

『MESSIAH』新人公演 挨拶

今回の最上級生は98期生。

『邪馬台国の風』にて主演を演じた飛龍つかさ(ひりゅうつかさ)さんが長の学年として挨拶をしたようです。

よく考えれば、まだ20代の若者があれだけの人数のお客さんの前で一字一句正確に挨拶をするなんて、すごいことです。

残念ながら出演が叶わなかった亜蓮冬馬さんのお名前もしっかり出して、見事な挨拶だったようです。

スポンサーリンク

聖乃あすかさんの挨拶はまだ少し不慣れな部分もありながら、今回の苦しさがよく伝わる感動的な挨拶だった様子。

上級生が2学年もいる中で自分が芯に立たせてもらう一方、主演として引っ張っていかなくてはならない責任もあるのでしょう。

思わず感極まってしまったようです。

東京公演の新人公演に向けて、また明後日から明日海りおさんの観察が始まりますね。

本番12日前に役の変更があるというアクシデントを乗り越え、皆さん本当によくがんばりました!

おつかれさまでした!!!


宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年6月のまとめ
2018年7月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. シルバー蝶 より:

    新公詳細ありがとうございます。(チケットなかなか取れなくて)
    色んな状況の中、皆さんの頑張りが伝わります。

    次々に魅力あるスターさんが育って目が離せませんね、
    98期すごいと思っていましたが、100期に注目。
    みんな、ガンバレっておもいます。

    • すみれ子 より:

      シルバー蝶さん

      いつもコメントをありがとうございます。
      新人公演は一回きりですから、なかなかチケット取れないものですね。

      私も95期の次に来たー98期と思っていましたが、もはや100期、101期の時代になってしまいましたね。
      時間の経つのは早い・・・と生徒さんの成長を見ながら、自分も歳をとっていることに気づいたり。

      ちょっと自慢・・・?
      もう10年以上前ですが、新人公演の日に本公演を観ることになっていて、なんと「新人公演の当日券がある」
      とわかり本公演の後、そのまま新人公演を観ました。
      下級生さんをあまりわかっていなかったので、「今の新人公演のレベルたかーい!」と思っただけでしたが、
      その時主演されていたのは、後々思い出せば朝夏まなとさんでした。