花組『シャルム!』観劇感想

花組

『シャルム!』の男役群舞の秀逸さ!

本当に『シャルム』の男役群舞が魅せてくれた これぞ!花男の黒燕尾だ!と感動とかいうレベルを通り越したシーンはおそらくずっと心にのこることでしょう。

芸術!

そう言っても過言ではないと思います。

振り付けはANJU(安寿ミラ)さん。

やはり元宝塚の男役さんは「男役を美しく魅せる」ことを熟知されている上に、「ダンスの花組」をあの大浦みずきさんから継承して花組トップスターとなった人。

花男たちを最高に魅力的にできる振り付け家は、ANJUさんなんだ!とも思いました。


大階段から降りてくる男役達の動きはちょっと変わっています。

勢揃いではなく、少し不思議な動き。

しかし、もちろんきちんと計算された動きなので、次第に美しいフォーメーションを形作っています。

(この間、前場ではけた明日海りおさんは燕尾服に早変わり中なんですね)

そして明日海さんが加わってから・・・

手足の角度のみならず指先までがすべて揃い、あとはただただ美しい!と口をぽかんと開けて舞台に目が釘付けになっているような感じでした。

スポンサーリンク

この投稿をInstagramで見る

泣きそう…😭 #花組#明日海りお#柚香光

朝柚さん(@asasaa0328)がシェアした投稿 –

主だったスターさん達との一瞬の別れのご挨拶のようなシーンも用意されていますが、次期トップスター・柚香光さんの背中をそっと押すところ。

花組をまかせたよ!という明日海りおさんからの愛が感じられます。


明日海りおさんは月組生として准トップスターという肩書を持った時代もありました。

でも、今は本当に花組を代表するにふさわしい花男!

『シャルム』の男役群舞を観ていると、大浦みずきさんの時代から受け継がれている「花男」「ダンスの花組」の伝統が明日海りお時代の花組にもしっかりと根づいていることを感じました。

スポンサーリンク

『シャルム』の階段降り

毎回、どの組でも気になる階段降りの順番。

『シャルム』では以下の通りでした。


芽吹幸奈( エトワール )
 ↓
聖乃あすか 飛龍つかさ 帆純まひろ
 ↓
綺城ひか理 優波慧
 ↓
城妃美伶
 ↓
水美舞斗
 ↓
瀬戸かずや
 ↓
柚香光
 ↓
華優希
 ↓
明日海りお

スポンサーリンク

花組『シャルム』の観劇レポまとめ

「あぁ、これで明日海りおさんの宝塚での舞台は見納めだ」

そういう感傷的な気持ちはあったものの、明日海さんの愛のようなモノを心に感じて、暖かな気持ちになるショーでした。

また「これで二番手から一気にトップスターへ就任して大丈夫?」と若干不安もあった柚香光さん。

技術面より、まだ若いがゆえに舞台をまとめる「トップスター」という立場ってどうなんよ?と気がかりな点がありましたが、一皮むけたというか、霧が晴れたかのようんいスッキリと美しい姿と、舞台上での安定感に羽を背負う覚悟の成長が見えた気がします。

若手スターも育っています。

別格スター・瀬戸かずやさんも健在です。

次回公演では階段降りから考えると二番手、三番手は・・・?

水美舞斗さんもいるけど、組替えで雪組から永久輝せあ(とわきせあ)さんが加入だよね?


明日海さんをしっかり送り出したい気持ち。

新たな花組を担うメンバー達のこれから・・・

いろいろなことが気になる観劇でもありました。

でも・・・

もし観劇できる人はこの男役黒燕尾はガン見してください!




↓↓【関連記事】花組『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』の感想はこちらどうぞ!



最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

花組宝塚大劇場公演 三井住友VISAカード シアター Musical『A Fairy Tale -青い薔薇の精ー』/レヴューロマン『シャルム!』【Blu-ray】 [ 明日海りお ]

価格:10,800円
(2019/9/20 14:00時点)
感想(0件)

出演者達のプロフィール記事

タイトルとURLをコピーしました