アンナ・カレーニナのあらすじ、見どころ、概要を解説!

スポンサーリンク

2019年、月組は珠城りょう(たまきりょう)さん&美園さくら(みそのさくら)さんの新トップコンビで幕を開けました。

愛希れいか(まなきれいか)さんという偉大すぎるトップ娘役さんが退団し、後任である美園さくらさんはこれからいろいろな壁を超えていくでしょう。

その成長過程が楽しめるのも宝塚の面白いところですよね。

珠城りょう&美園さくらコンビの初作品『ON THE TOWN』が東京国際フォーラムで公演する一方、月組2番手スターの美弥るりか(みやるりか)さんはバウホールで『アンナ・カレーニナ』を上演します。

↓『アンナ・カレーニナ』ポスター

View this post on Instagram

蒼乃夕妃 Yuki Aonoさん(@yukiaono_official)がシェアした投稿

『アンナ・カレーニナ』といえば、ロシアの文豪・トルストイの名作小説。

『ON THE TOWN』とは対照的な、美しくも哀しい愛の物語です。

スポンサーリンク

View this post on Instagram

Taku Nonomuraさん(@takutis0307)がシェアした投稿

宝塚ではロシアが舞台となる作品がたくさんあります。

それだけ、ロシア人特有の繊細で情熱的な人間模様が宝塚と相性がいいのではないでしょうか。

こちらの記事では、美弥るりかさんの主演作となった『アンナ・カレーニナ』について、更に期待を高めるための予習をしていきたいと思います。

アンナ・カレーニナの作品概要

まずは、アンナ・カレーニナの基本情報から。

著作 レフ・トルストイ
連載開始 1875年
日本語訳初版 1989年
宝塚初演 2001年

トルストイといえば、ドストエフスキーと並ぶ、ロシアを代表する文豪ですね。

『戦争と平和』が有名作品でしょうか。

『アンナ・カレーニナ』はロマノフ王朝が長きにわたって支配した帝政ロシアの時代に書かれた小説。

『アンナ・カレーニナ』の時代背景も同じく帝政ロシアなので、連載当時からすると「現代小説」にあたりますね。

苦しい生活の中で庶民の楽しみは非常に限られていたため、このような連載小説が数少ない楽しみだったのでしょう。

ちなみに、ロシア革命によってロマノフ家が処刑されたのは1918年。ちょうど100年前にあたるんですね。

当時の写真もたくさん残っていて、「遠い歴史の登場人物」ではないことを感じさせます。

スポンサーリンク

↓帝政ロシア最後の王、ニコライ2世と妻と子供たち。

宝塚ファンにとってはもうしっかり頭に叩き込まれているフランス革命もそうですが、革命によって倒された王家の末路は悲惨なもの。

ロマノフ家の最後もかなり残酷だったようです。

一方で、四女のアナスタシアは実は生きていた!なんていう都市伝説も根強く残っていて、このミステリアスな王家は物語の題材に用いられることが非常に多いです。

話がそれましたが(;^ω^)、そういった激動の時代に生きたトルストイによって書かれた『アンナ・カレーニナ』は王家のお話ではなく、とある貴族のお話になります。

お話は創作だと思いますが、「人間が人間を裁くことの意味」「罪とは?」というような『アンナ・カレーニナ』に流れる哲学的なテーマはこの時代ならではのものですね。

↓↓2.なかなかすごいお話です…あらすじを説明!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ふくにゃん より:

    今晩は。いつも更新を楽しみにしております。
    1月20日のバウ公演に行きますので予備知識として大変参考になりました。ありがとうございます。
    ところで劇団の公式ニュース色々積もっていますので毎日今日あるかな?あるかな?と、、
    でも、あるとしても来週くらいでしょうとのんびりしてましたら、ありましたっ、。
    はああ、、色々一気に、あれこれ、驚くことばかり。
    まだ、心の動揺、ざわつきが収まりませんが、取り敢えず花組さん、新娘1就任、華優希さん、おめでとうございます。
    ですが、それにしても。
    ひとまず頭の中を整理致します。

    • すみれ子 より:

      ふくにゃんさん

      更新を楽しみにしてくださっている・・・嬉しいお言葉をありがとうございます。
      なかなかご期待に添えず更新が遅延することもありますが、見守っていただければ嬉しいです。

      本当に花組の情報が一気に出て、あれもこれも驚きでしたね。
      私も頭の中が整理がつかない状態になってしまいました。

      自分の頭の整理も兼ねて、華優希さんの次期トップ娘役就任と鳳月杏さんのことは書いたものの、他も気になることばかりです。

      まぁ、そういう「えっ?」という驚きもファンにとっては楽しみでもあるのですが・・・(^^;)

      2019年の宝塚。どうなるんだろうなぁ?なんて思いながらも、観劇を楽しんでいきたいものです。