月組新人公演『I AM FROM AUSTRIA』その他の配役決定!

【速報】宝塚ニュース

月組公演『I AM FROM AUSTRIA』新人公演の配役が出揃いましたね。」

主要な役どころはすでに発表済だった・・・

  • ジョージ・エードラー 英 かおと(本役:珠城 りょう)
  • エマ・カーター 白河 りり(本役:美園 さくら)自分自分
  • リチャード・ラッティンガー 礼華 はる(本役:月城 かなと)

でした。

なかなか新鮮な配役だと思っていましたが、今回発表されたそれ以外の配役も新鮮!

見逃せないポイント的に配役ピックアップをすると・・・

『I AM FROM AUSTRIA』新人公演配役のポイント
  • ヴォルフガング・エードラー 大楠 てら(本役:鳳月 杏)
  • ロミー・エードラー 蘭世 惠翔(本役:海乃 美月)
  • パブロ・ガルシア 蘭 尚樹(本役:暁 千星)
  • エルフィー・シュラット 風間 柚乃(本役:光月 るう)
  • ヘルタ・ヴァルトフォーゲル 天紫 珠李(本役:夏月 都)

だと思いましたが、いかがでしょう?

なかでも管理人は「大楠 てら」さんを存じ上げず「うーーーん、どんな男役さん?」と調べてみたら、宝塚イチ高身長180cmの男役さんだそうです。

では、ちょっと気になる『I AM FROM AUSTRIA』新人公演の配役について主要3人のメンバーをはじめ、今回発表された配役までを右に移動掘り下げてみたいと思います。

スポンサーリンク

『I AM FROM AUSTRIA』新公主演英かおとはラストイヤー

最近の月組の新人公演では100期生の風間柚乃(かざまゆの)さんは主演のみならず、活躍が注目されていましたね。

(・・・って風間柚乃さんはもう本公演でもスターですね)

今回は一学年上で99期生の英かおと(はなぶさかおと)さんが新人公演ラストイヤーで主演を射止めたことが『I AM FROM AUSTRIA』新公の配役で一番の見どころだと思います。

同じく初ヒロインを務める白河りり(しらかわりり)さんは103期生。

英かおとさんが新公長の期としても、主演としても白河りりさんをひっぱって、舞台を作っていかれるんだろう・・・と期待しつつ、「ラストイヤーでも主演できる可能性」を下級生にしめしてほしい・・・なんんて思っています。

↓↓【関連記事】プロフィール、舞台略歴もご覧ください。

スポンサーリンク

『I AM FROM AUSTRIA』新公は

管理人的に『I AM FROM AUSTRIA』新人公演で「その他の配役」で鍵となる役とジェンヌさんを考えると・・・

  • 鳳月杏の役を演じる大楠 てら(おおくすてら)さん
  • 娘役転向後初の新人公演の蘭世惠翔(らんぜけいと)さん
  • 前作『夢元無双』主演&ヒロインコンビ風間柚乃(かざまゆの)さん&天紫珠李(あましじゅり)さん

以上の月組生がどんな役を務めるか?でした。

鳳月杏の役を演じるる、大楠てらとは?

まず『I AM FROM AUSTRIA』より古巣に戻り再び花組生となった鳳月杏(ほうづきあん)さんの役を演じるのはだれなのか?ときになっていました。

それが大楠てらさんだったわけです。

今のところどんなジェンヌさんか調べてみても、宝塚イチ高身長という以外にはあまり情報もありません。

102期生で今年研4。

『I AM FROM AUSTRIA』新人公演が、大楠てらさんにとっての初の大きな役になるのでしょう。

蘭世惠翔、娘役転向後初の新公は海乃美月さんの役

さて『I AM FROM AUSTRIA』から102期生の蘭世惠翔(らんぜけいと)さんが男役から娘役に転向したことで、ひょっとして新人公演でヒロインを演じるのは蘭世恵翔さん?

そんな予想をたてたファンも少なくはないと思います。

ヒロインこそ白河りりさんが務めることとなりましたが、月組には欠かせない娘役・海乃美月(うみのみつき)さんの役に蘭世恵翔さんを起用!

『エリザベート』新人公演では女役でマダム:ヴォルフを演じた経験もあり、これからどういう娘役さんに成長するのか楽しみでもあります。

 

スポンサーリンク

風間柚乃&天紫珠李は新人公演でどうなるのか?

前作『無現無双』新人公演の主演コンビ、風間柚乃さんと天紫珠李さん。

風間柚乃さんは新人公演での主演経験は2回ですが、本公演や『チェ・ゲバラ』での活躍を考えると、すでに主演は卒業してもいい・・・

そういう判断での配役のように思います。

未来の大物スター(といっていいですよね)の風間柚乃さんが脇の芝居を学べるのは、今だけしかない。

そうすると光月るう(こうづきるう)さんの役で学ぶのも納得です。

一方、天紫珠李さんは新人公演ヒロインは『無現無双』の一作品のみ。

でも宝塚バウヒロインも飛ばして、一気に『チェ・ゲバラ』で専科の轟悠(とどろきゆう)さんの相手役を務めたのですから、経歴としては十分?

101期生で今年研5という学年から考えと、なにかのタイミングでトップ娘役の道があるのか?

あるいは脇も学びつつ、海乃美月さんのように組を支えるスター娘役となるのか?

少し気になるところです。


月組は男役から娘役に転向するスターが多い?
前トップ娘役愛希れいかさんが男役から娘役に転向してトップ娘役に!という例がありましたが、蘭世惠翔さんだけでなく、天紫珠李さんも男役から娘役に転向してぐんぐん成長。月組にそういうパターンが多いように思います。



『I AM FROM AUSTRIA』新人公演配役のまとめ

この記事でな『I AM FROM AUSTRIA』新人公演の配役で注目したい役や生徒さんをピックアップしてご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうござました。

タイトルとURLをコピーしました